スバル レヴォーグ ハブリングスペーサーの取り付け 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ 

2017.09.20 Wednesday
レヴォーグのアルミホイールを8.5J-19 114.3/5 +45
と225/40R19のセットに変えたのですが前後にスペーサーを
入れてもう少し出したいと言うのでスペーサーを入れることにしましたが
入れられてもフロントは5mmくらい、リアは5〜10mmが限界のように
感じられます。バランスの悪いスペーサーは付けたくないので、
高速域でもぶれないようにハブ径の合ったスペーサーを取り寄せて、
フロントへはめて確認します。左側は収まりますが、右側が不安
ですので確かめます。このスペーサーは量販店で販売している汎用
タイプの価格の数倍しますので今日はリアに装着してフロントにも
装着出来るようでしたら後日にします。

↑    ↑
スバル専用ハブリングスペーサー 5mm
ハブリング一体形状により、高速時のブレを防止します。

↑    ↑
ボルクレーシング TE37ウルトラ F1 8.5J-19 
114.3/5 +45とブリヂストン ポテンザ S001
225/40R19のセットです。



↑    ↑
車両側ホイール側が合うか確認してから装着します。

↑    ↑
フロント右側は5mmのスペーサーでぎりぎり収まっています。

↑    ↑
リアは収まっています。



9/21(木)〜9/22(金)は出張のため、お休みします! 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ 

2017.09.20 Wednesday
9/21(木)〜9/22(金)は出張のため、お休みします。
本日は店舗を営業しています。

宜しくお願いいたします。

ダイハツ ミライース WAKO’S ハードコート復元キットでヘッドライトカバーの黄ばみ取り 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.09.19 Tuesday
ミライースのヘッドライトカバーが少し黄ばんできたので
WAKO’Sのハードコート復元キットを使ってヘッドライト
カバーの黄ばみを取り除きます。
経年劣化したヘッドライトカバー表面の黄ばみやくすみを取り除く
ベース処理剤と対候性・耐久性・密着性に優れたコート剤を使用し
ガラス状の硬質皮膜が長期に渡りヘッドライトカバーを保護します。


↑   ↑  
WAKO’S ハードコート復元キット
ベース処理剤でヘッドライトの黄ばみを取り除き、
保護と光沢復元のコート剤を掛けます。

↑   ↑ 
ひどくなる前に施工をします。

↑   ↑
ベース処理剤で表面の黄ばみやくすみを取り除きます。

↑   ↑
コート剤を使ってヘッドライトカバーを保護します。




オーディオテクニカ アクワイエ ドアチューニング AT7505R 施工料込みで52,800円! 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.09.18 Monday
いい音はデッドニングで決まる!

当店がオススメするドアチューニングです!

施工前と施工後の音の違いを体感してください!!

音が劇的に変化します!!
ドアパネルの穴を塞ぐと中域特性がよくなりボーカルがしっかり
聴こえるようになります。
吸音材と制振材を貼ることで、500〜2000HZの帯域が
改善されますので、 すっきりしたサウンドになります。

高比重制振材や高排水性吸音材などアクワイエシリーズの
高品位素材を集めたドアチューニングハイグレードキット。



AT7505R
・制振効果の高い高比重2.7のヴァージンブチルゴムを採用。
・粘着性と凹凸に対する追従性が高く、ヒートガンなどの専門工具が不要。
・不要な音の反射を抑え、ボーカル帯域をすっきりさせる効果のある
 EPDM系高性能吸音材を採用。
・インナーパネルと内張りの隙間をなくす3種類の防音材を同梱。
・内張り外しにも制振材施工にも使用可能な2Way仕様の専用へら付き。

通常 取付け施工料込みで¥75,600を

取付け施工料込みで¥52,800

施工には「サウンドCD」を使って共振箇所を調べます!

ドアチューニング(デッドニング)後の音の違いを体感してください!!




お買い得! アクワイエ ドアチューニングキット(デッドニング) 施工料込みで32,800円! 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.09.17 Sunday
いい音はデッドニングで決まる!

皆さんに好評なデッドニングシステム

オーディオテクニカから、新たに発売されました。

アクワイエ ドアチューニングキット
AT7405 を
施工料込みのお買得価格で

音が劇的に変化します!!

ドアパネルの穴を塞ぐと中域特性がよくなりボーカルが
しっかり聴こえるようになります。
吸音材と制振材を貼ることで、定在波を防ぎ500〜2000HZが
改善されますので、 すっきりしたサウンドになります。

ドアチューニングに必要な素材をそろえた制振材+吸音材キット


ドアチューニングキット
AT7405

・制振材×5:新素材ヴァージンブチルゴム採用
・アウターパネル採用×10:インパクトビーム制振材
・アウターパネル採用×8:アウターパネルに最適な丸形制振材
・吸音材×2:13mm厚プロファイル加工済みアブソーブウェーブ
・ドアパネル用ビリ付き防止スポンジテープ×2
・スピーカー用音漏れ防止スポンジテープ×2
・クリップダンパー×18
・施工用へら

通常 取付け施工料込みで¥59,400を
取り付け込みで¥32,800

そして当店イチオシのドアチューニングキット
高比重制振材や高排水性吸音材などアクワイエシリーズの
高品位素材を集めた パーフェクトキット です。


ドアチューニング パーフェクトキット
AT7505
通常 取付け施工料込みで¥75,600を
取付け施工料込みで¥52,800

取り付けは「サウンドCD」を使って調べます!

ドアチューニング(デッドニング)後の音の違いを体感してください!!





ロシア製 StP NOISEBLOCK Premiumの施工 デモカー ダイハツ ミラ イース 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.09.16 Saturday
デモカーのミラ イースに新たに発売されましたロシア製 StPの
NOISEBLOCK Premiumを使ってみました。この製品は
純正フロアカーペットとフロアボディーの間に入れます。従来のフロア
の施工にはBOMB AEROやGOLD AEROを使い大がかりな
施工作業で料金も掛かりましたが、NOISEBLOCK Premium
でしたら施工時間も短縮でき安くフロアの対策ができます。
NOISEBLOCK Premiumの特徴は、アルミ層と合成ゴム層
と発泡ポリエチレン層から成り、耐熱温度は一般的な環境下である
−30度〜+80度になります。発泡ポリエチレン層のブロックは
ノイズが車内に侵入することや結露を防ぐことができます。吸音性能、
遮音性能ともに優れているので、フロアに最適です。


↑    ↑
StP NOISEBLOCK Premium
アルミ層と合成ゴム層と発泡ポリエチレン層の3層から出来ています。

↑    ↑
フロアの形取りをします。



↑    ↑
純正フロアカーペットとフロアボディーの間に入れます。


舗装路にもよりますが、ロードノイズ面ではBOMB AEROや
GOLD AEROの方が施工面積が大きく出来ますので、
それと比べると劣りますが、NOISEBLOCK Premium
でしたら価格以上の効果があるのではないでしょうか。
夏場等のエアコン使用時のフロアの断熱効果もあるのではないでしょうか。





デジタルプロセッサー内蔵のパワーアンプの取り付け マツダ CX-3 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.09.15 Friday
いい音はアンプで決まる!

マツダ コネクトのためオーディオがいじれないと
あきらめている方に必見です!

このCX-3は昨年にスピーカーをDIATONEのDS-G20に
変更し、パワードウーファーをロックフォードのPS-8を付けましたが
マツダ コネクトのため、オーディオ本体部分は交換も出来なく
音質調整機能はバス・トレぐらいしか付いていないので、ドイツ製の
今一番の高性能なデジタルプロセッサー HELIXの廉価モデル
MATCH PP-86 DSP DSP内蔵のパワーアンプを
取り付けしています。
MATCHシリーズの場合、国産と輸入車の一部に適合した
変換アダプターが発売されています。それを使うと配線の加工なしで
取り付けができますが、このCX-3の場合はマイナーチェンジ後なので
カプラーの形状と前後のスピーカーラインの配列が違っていましたので
純正オーディオシステムの回路図を見ながら前後のスピーカーライン
を加工しています。

↑    ↑
MATCH PP-86 DSP デジタルプロセッサー内蔵のパワーアンプ

↑    ↑
DIRECTOR コントローラーです。

↑    ↑
ネットワークをいじるためにドアの内張りを外しておきます。


↑    ↑
純正オーディオシステムの回路図


↑    ↑
マツダ コネクトのアンプ・チューナー部分です。


↑    ↑
8Gの電源ケーブルを車内に引き込むため、バッテリーを外して
引き込み、エンジンルーム内はコルゲートチューブを使い保護しています。

↑    ↑
プロセッサー内蔵のパワーアンプのボードを塗装しています。


↑    ↑
フロント・リアの4ch分のハイレベル入力をDSP内蔵のパワーアンプ
と結んでいます。

↑    ↑
半田付けで結線しています。絶縁には伸縮チューブを使っています。

↑    ↑
助手席の下にMATCH PP-86 DSPを付けるので
8Gの電源やRCAケーブルを引いています。

↑    ↑
助手席の下にMATCH PP-86 DSPを付けています。

↑    ↑
プロセッサーのコントローラーはシフトレバーの前に
付けています。

↑    ↑
電圧とMATCH PP-86 DSPの本体の温度が表示されます。

↑    ↑
デジタルプロセッサーのシステム構築画面で6ch分の
設定をしています。

↑    ↑
クロスオーバーの設定画面で特にネットワークを外している
フロント4ch分のハイパスとローパスのフィルター設定を
してから音を出せます。


↑    ↑
タイムアライメントとクロスオーバーの設定をしています。

↑    ↑
簡易アナライザーを使って、車内を測定しています。







ホンダ ライフ クラリオン フルデジタルサウンドシステムのサウンド調整 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.09.15 Friday
デモカーのライフは今月末に長野市内のクルマ屋さんに出します。
今後ライフはクルマ屋さんのデモカーとして使われるため
外す部品は外し、タイムアライメントやクロスオーバーの再調整をして
簡易アナライザーを使って車内を測定し、イコライザーを調整します。
オーディオシステムはクラリオンのフルデジタルサウンドシステムで
フルデジタルスピーカーを組み、アナログタイプのパワード
サブウーファーを組んでいます。


↑    ↑
サウンドプロセッサーからコアキシャルケーブルを外しています。


↑    ↑
アウターバッフルでフルデジタルスピーカーを付けています。

↑    ↑
パワードサブウーファーはミューディメンションを使っています。

↑    ↑
ヘッドユニットはALPINEを使い、コントローラーは下に付けています。
以上のシステムでクルマ屋さんのデモカーとして使われます。

↑    ↑
プロセッサーの調整はiPadを使います。








DIATONE SOUND.NAVIとパワードウーファーの取り付け スバル WRX S4 新車 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.09.14 Thursday
新車のWRX S4に以前まで使っていたDIATONE SOUND.
NAVIのNR-MZ100PREMIとパワードウーファーの取り付け
をします。そしてA CLASSを長時間動かして、A級動作のアンプ
特有の熱の発生でパワーアンプが止まらないか?確認をしながら 
DIATONE SOUND.NAVIのタイムアライメントや
クロスオーバーの調整をしています。

↑   ↑
M&M DESIGNのサウンドナビ専用のRCA出力ハーネス
MR-2200

↑   ↑
KICKER パワードウーファー HS-8

↑   ↑
サウンドナビの電源周りはM&M DESIGNの
ケーブルダイレクトジョイントを使っています。


↑   ↑
パワーアンプのゲインを調整するために、ヘッドユニットの
ボリュームの歪みポイントを専用テスター DD-1で調べています。

↑   ↑
A CLASSのパワーアンプのゲインを専用テスター 
DD-1で調べています。


↑   ↑
パワードウーファーは運転席下の凹の部分に収めています。

↑   ↑
バックカメラの調整をしています。


↑   ↑
タイムアライメントとクロスオーバーの設定をしています。

↑   ↑
簡易アナライザーを使って、車内を測定して、イコライザー
を調整しています。

↑   ↑
外注でボディーコーティングをしています。



DIATONE スピーカー DS-G500の取り付け ホンダ シャトル ハイブリッド 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.09.12 Tuesday
シャトル ハイブリッドのフロントスピーカーを今まで使っていた
アルパインのDDL-R170Sを外して、デモカーでも使っている
DIATONEスピーカー DS-G500を取り付けしています。
ホンダ車の場合、高性能スピーカーの大きなマグネットがドアの
鉄板に干渉するので鉄板を切っています。
ネットワークはツィーターとミッドウーファーそれぞれに1つづつ
接続して行きます。

↑   ↑
DIATONE DS-G500

↑   ↑
インナーバッフル内側の下方鉄板2箇所がマグネットに
干渉するので削ります。

↑   ↑
切断面を塗装して乾燥させています。


↑   ↑
接続端子はダイレクト・ロジウム端子を使っています。


↑   ↑
ネットワークはモスコニのパワーアンプのそばに置いています。
今後のシステムアップを考えて


↑   ↑
ツィーターの向きはセンターに合わせています。


↑   ↑
サウンド調整をする前にシステムの構築画面を開いて設定します。


↑   ↑
タイムアライメントとX-OVERを設定しています。

↑   ↑
簡易アナライザーで測定をして、イコライザーを調整しています。







| 1/316PAGES | >>