カロッツェリア AVIC-CZ910-DC サイバーナビの取り付け ダイハツ コペン 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2020.07.07 Tuesday
コペンのサイバーナビの取り付けをします。
ナビ裏のエレクトロタップの取り外しと助手席周りの
配線も余分な配線は外し、長い配線は短くしてあります。
ETCの配線は今まではナビと連動していましたが単独で
動くようにしてあります。配線を元に戻すのだけでもほぼ
一日かかりました。ガルウィング仕様のドアのため、運転席
と助手席側などのケーブルの引き回しがドアが邪魔して
作業の体勢が大変で時間が普通のドアよりも掛かっています。

↑    ↑
カロッツェリア サイバーナビ AVIC-CZ910-DC


↑    ↑
配線の修復は一つ一つ確認をしながら直しています。

↑    ↑
ここまできれいになりました。

↑    ↑
スピーカーのネットワークの配線はエーモンの赤黒の
Wコードを使っています。これはスピーカーケーブル
ではありません。

↑    ↑
二又ケーブルを作っています。ACC電源を必要とする
パーツが多いので。

↑    ↑
GPSアンテナは埋め込んであります。

↑    ↑
仮止めで動作チェックをしています。


↑    ↑
レーザー距離計を使ってスピーカーまでの距離を測っています。

↑    ↑
カットオフ(クロスオーバー)の項目でスピーカーの
設定をしています。

↑    ↑
簡易アナライザーで車内を測定して、イコライザーを
調整しています。






トヨタ ハリアー ハイブリッド Dr ARTEX Sky Palliumでフルデッドニング施工 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2020.07.07 Tuesday
いい音はデッドニングで決まる!

ハリアーのメーカーオプションのJBLサウンドシステム仕様は
フロントドアには17cmのウーファーが付きダッシュボードには
8cmのツイターとミッドが付いている車です。デッドニング前は
ウーファーの音がぼやけていましたが施工後は音の輪郭がはっきり
として改善され聴きやすくなりました。
ドアのインナーとアウター部分のフルデッドニング施工をしています。
アウター部分とインナー部分はほぼ全面貼りで施工をして復元も終わり
これから簡易アナライザーを使って車内を測定します。

↑    ↑
フロントドアはJBLの17cmウーファーです。


↑    ↑
インナーパネルも制振材のSky Palliumを
ほぼ全面貼りで貼っています。

↑    ↑
純正装着のナビの音質の調整はイコライザーでは無く
3分割の調整だけです。



カロッツェリア TS-WX130DA パワードウーファーの取り付け ダイハツ コペン 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2020.07.06 Monday
上田市からかられた「Sさん」です。このコペンのオーナーさんは
コペンのクラブに入っていてとても有名な方です。
パワードウーファーの取り付け位置はオーナーさんのこだわりで
トランクルームに縦付けを指定されました。コペンはルーフが
トランクルームに収まるため、干渉しないように付けなければ
いけません。そのため、オーナーさんを始め4人で取り付けを
していました。集中して作業をしていたので工程の写真を
余り撮っていません。

↑    ↑
ガルウィング仕様です。

↑    ↑
カロッツェリア TS-WX130DA

↑    ↑
5mmのアルミ板をフレームに固定をして、パワードウーファーを
固定しています。


↑    ↑
ルーフを収納しながら、干渉するか確認をしています。

↑    ↑
この余分な配線を短くして行きます。

↑    ↑
異常な量の配線を止めていたタイラップです。

↑    ↑
この量の配線がコンソールの下に収まっていました。

↑    ↑
常時電源はバッテリーから直接取っています。

↑    ↑
パワードウーファーの横のスペースは将来パワーアンプを
付けるそうです。

↑    ↑
コントローラーはシフトの手前に固定しています。






トヨタ ハリアー ハイブリッド Dr ARTEX Sky Palliumでフルデッドニング施工 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2020.07.06 Monday
いい音はデッドニングで決まる!

ハリアーのメーカーオプションのJBLサウンドシステム仕様車です。
そのJBLサウンドを最大限に生かすためにドアのインナーとアウター
部分のフルデッドニング施工をしています。
アウター部分はほぼ全面貼りで施工をしています。


↑    ↑
アウターパネルは制振材のSky Palliumを
ほぼ全面貼りで貼っています。

↑    ↑
制振材のSky Palliumの上に断熱遮音シートの
Baffle Plusを貼っています。



サウンドアップおすすめプラン
内張り デッドニング メニュー

内張りへの制振材と吸音材を施工して、車外からの
ノイズなどを吸音・、軽減させ車内を静かにする
効果があります。





コムテック ドライブレコーダー ZDR-015の取り付け スバル BRZ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2020.07.05 Sunday
BRZに前後2カメラのコムテック ドライブレコーダー 
ZDR-015の取り付けをしています。ドライブレコーダー
でよく売れているタイプは前後録画できるタイプだそうです。
その中でもコムテックの製品が売れているそうです。
ZDR-015は前後2カメラ広角レンズ採用していて、
フルHD200万画素2つのカメラにより走行時、駐車監視中
も前方/後方を録画しています。(オプションのケーブルが必要です。)
前方/後方の録画映像は本体の液晶画面またはパソコンで確認が可能です。

↑    ↑
コムテック ドライブレコーダー ZDR-015
前後2カメラタイプ

↑    ↑
駐車監視用直接配線コード HDR OP-09

↑    ↑
常時電源とアクセサリー電源を半田付けで取ります。


↑    ↑
フロントカメラとモニターはルームミラーの
奥に付けて、視界には邪魔になりません。

↑    ↑
リアカメラは小さく後方視界にも邪魔になりません。




トヨタ ハリアー ハイブリッド Dr ARTEX Sky Palliumでフルデッドニング施工 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2020.07.05 Sunday
いい音はデッドニングで決まる!

上田市から来られた「Oさん」のハリアー ハイブリッドは
メーカーオプションのJBLサウンドシステム車です。
そのJBLサウンドを最大限に生かすためにドアのインナー
とアウター部分のフルデッドニング施工をします。
今回の施工する部材はロシアのSTPと同じ工場で作っている
Dr ARTEXを使ってフロントドアのインナーとアウター
のフルデッドニング施工をします。


↑    ↑
Dr ARTEX Sky Pallium

↑    ↑
Dr ARTEX Baffle Plus

↑    ↑
オーディオテクニカ アクワイエ AT−AQ471P10

↑    ↑
メーカーオプションのJBLスピーカーです。






ホンダ フィット WAKO’S カーエアコン用オイル添加剤! パワー エアコン PLUS 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2020.07.04 Saturday
フィットにWAKO’S カーエアコン用オイル添加剤 
パワー エアコン PLUSとエンジンオイル性能向上剤 
スパーフォアビークル、そして洗浄系燃料添加剤
フューエルワンを注入しています。


↑    ↑
パワーエアコン プラスの特徴
1.コンプレッサーの潤滑性を向上させ、エアコンのフリクションを軽減し、
  エアコン使用時の燃費悪化とパワーロスを低減します。
2.耐摩耗性・シール制・防食性を向上し、コンプレッサー・
  エキスパンションバルブ・Oリング・ゴムホースなど、エアコンシステム
  の耐久性を向上させます。
3.システム内部の汚れを取り除き分散させることで、熱交換率を高め、
  エアコンの冷房効率を向上させるとともに、システム内の目詰まりを
  予防します。
4.安定した強い油膜を形成し、コンプレッサーの作動音・振動などを
  低減します。

↑    ↑
S-FV スーパーフォアビークル
リキッド・セラミックス・テクノロジー採用エンジン性能向上剤
・強力な洗浄分散性能でエンジン内部をクリーンに保ちます。
・耐熱性・潤滑性に優れ、部品の磨耗や異音を減少させます。
・エンジンオイルの寿命を延長します。

↑    ↑
F-1 フューエルワン
洗浄系燃料添加剤
・ 燃焼室・吸排気系バルブ・インジェクター等の汚れを除去します。
・燃料の酸化劣化を抑制します。
・燃料タンク内の錆・腐食を抑制します。
・ガソリン・ディーゼル兼用







ホンダ シャトル パワーアンプのアースケーブルの引き直し 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2020.07.03 Friday
シャトルのハイブリット車のモーターの作動音と回生ブレーキ動作時
に音が出るのでパワーアンプのアースポイントをボディーに落として
いましたが、バッテリーのマイナス端子に直接入れて、オーナーさん
と一緒に走行して確認をしました。モーターの作動音と回生ブレーキ
動作時の音は改善されましたので、パワーアンプのゲインを少しづつ
上げていく作業を試乗しながら変えてゆく作業をこれからします。

↑    ↑
オーディオテクニカ 4Gケーブルとケーブルターミナル

↑    ↑
パワーアンプからのアースと別にバッテリーのマイナス端子とボディー
を結びます。

↑    ↑
今まではパワーアンプのアースポイントはボディーでした。



サウンドアップおすすめプラン
フロントドア デッドニング メニュー

制振材でサービスホールを塞ぎ、ドアの共振する
箇所へ制振材を施工します。


ホンダ シャトル パワーアンプのアースケーブルの引き直し 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2020.07.02 Thursday
この間、シャトルにGROUND ZEROのパワーアンプを
付けたのですが、ハイブリット車のモーターの作動音と回生
ブレーキ動作時に音が出るのでパワーアンプのアースポイント
をボディーに落としていましたが、バッテリーのマイナスに
直接入れるようにしています。


↑    ↑
オーディオテクニカ 4Gケーブル

↑    ↑
オーディオテクニカ ケーブルエンドターミナル

↑    ↑
F2 Music RT-R1CG M8/4G


Newモデル KICKER HS-10 パワードサブウーファーの取り付け スバル BRZ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2020.06.29 Monday
東京から来られた「Yさん」のBRZです。「Yさん」は長野に
お友達が多く、よく長野に来られています。
今回はパワードウーファーのKICKER HS-8を付けて
いましたが、壊れたので今年の1月に発売されたばかりの
HS-8の後継モデルのHS-10に入れ替えています。
サブウーファーは音楽にとって基礎となる重低音をしっかり
再生することで、よりいっそう楽しめる音楽空間になります。
このHS-10は以前のHS-8よりもサブウーファーの口径が
多くくなり、より低音が出るようになり音の質が良くなっています。



↑    ↑
Newモデル
KICKER HS-10
定格180Wパワーアンプ内蔵 25cmパワードサブウーファー

↑    ↑
HS-8を外してHS-10に入れ替えています。

↑    ↑
パワードウーファーの設置場合は助手席の足元に
置いています。

↑    ↑
コントローラーは以前のモデルよりも操作が
し易くなっています。


↑    ↑
タイムアライメントを再設定しています。

↑    ↑
X-OVERも再設定しています。

↑    ↑
簡易アナライザーで車内を測定して、イコライザーを
調整しています。





| 1/391PAGES | >>