スバル エクシーガ DIATONE SOUND.NAVI NR-MZ200 PREMIの取り付け 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.03.27 Monday
エクシーガのデッドニング施工はロシア製StPを使ってアウターと
インナーをほぼ全面貼りで施工しています。スピーカーはDIATONE
DS-G20を付け終わり、DIATONE SOUND.NAVI 
NR-MZ200 PREMIを今日から付けて行きます。内蔵アンプで
ツィーターとミッドウーファーをそれぞれ1chづつ割り当てて行く
バイアンプ方式で接続してゆきます。

↑   ↑
DIATONE SOUND.NAVI NR-MZ200 PREMI
音の良さでは、SOUND.NAVIに勝るヘッドユニットはありません。

↑   ↑
DIATONE DS-G20
ツィーターとミッドウーファーそれぞれにネットワークが付いています。


↑   ↑
端子をダイレクト・ロジウムに換えています。






JL AUDIO シグナルプロセッサーの取り付け スバル レヴォーグ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.03.26 Sunday
JL AUDIOから発売されたばかりのシグナルプロセッサーを
レヴォーグに付けています。
このクルマのシステムはパワーアンプとスピーカーとサブウーファー
をJL AUDIOで統一をし、ナビをDIATONEのサウンドナビ
を使っています。JL AUDIOのシグナルプロセッサーを使う
ことにより、より細かいサウンド調整が出来ます。

↑    ↑
JL AUDIO シグナルプロセッサー TwK88

↑    ↑
オーディオテクニカ レグザット 
トリプルハイブリッドUSBケーブル AT-RX97EX/1.3

↑    ↑
RCAケーブルの引き回しをしています。

↑    ↑
シグナルプロセッサーの電源周りの端子はダイレクトロジウム端子
を使っています。

↑    ↑
シグナルプロセッサーとサブウーファーのコントローラーを
ハンドルポスト脇に付けています。



↑    ↑
シグナルプロセッサーはパソコンで調整しますので
パワーアンプの下に収めています。


↑    ↑
システムの構築やタイムアライメントやX-OVERの設定は
パソコンを使って行います。






スバル エクシーガ StP GOLD AEROでデッドニング施工 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.03.26 Sunday
いい音はデッドニングで決まる!

エクシーガのデッドニング施工中です。
デッドニング部材は話題のロシア製StPを使ってアウターと
インナーをほぼ全面貼りで施工しています。StPの考えでは
アウターパネルに制振シートのGOLD AEROをほぼ全面貼り
をして、その何割に断熱・遮音・吸音シートのNG04 
Premiumというポリウレタンフォーム系の素材を貼っています。

↑   ↑
StP GOLD AERO

↑   ↑
StP NG04 Premium

↑   ↑
StP CRYSTAL PREMIUM

↑   ↑
アウターパネルにGOLD AEROを貼っています。

↑   ↑
GOLD AEROの上にNG04 Premiumを貼っています。

↑   ↑
スピーカーの背面にはアコースティックレンズの
CRYSTAL PREMIUMを貼っています。

↑   ↑
サービスホールは埋めたので全面貼りして行きます。





外注! ウィンド フィルム施工 スズキ エスクード 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.03.25 Saturday
外注でエスクードのウィンドフィルム施工をしています。
フィルムには、見た目の効果もありますが、紫外線をカットし
日焼けを防ぐ効果や冷暖房効率をアップする効果等があります。


↑   ↑
施工前


↑   ↑
施工後







スバル エクシーガ StP GOLD AEROでデッドニング施工 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.03.25 Saturday
いい音はデッドニングで決まる!

昨日納車されたエクシーガです。
今回のメニューはナビをDIATONE SOUND.NAVI
NR-MZ200PREMIに入れ替え、スピーカーはDIATONE
のDS-G20を内蔵アンプでバイアンプ仕様にします。そして
スピーカーの能力を引き出すためにデッドニングをします。
ナビはディーラーオプションで付けていたので外すに手間取っています。
配線をタイラップでいたるところを固定していますので外すに
手間取っています。フイルムアンテナを外してから
フロントドアのデッドニング施工をして行きます。
デッドニング部材は話題のロシア製StPを使ってアウターと
インナーをほぼ全面貼りで施工します。StPの考えは
250Hz以下の中・低周波と250Hz以上の中・高周波を
1種類の素材や同じアイテムで抑制・吸収するのは不可能と考え、
中・低周波をブチル+アルミ系の素材で、中・高周波を
ポリウレタンフォーム系の素材で対応という考えです。


↑   ↑
ディーラーオプションの楽ナビです。

↑   ↑
エレクトロタップとタイラップを使っていたので
外すに手間取りました。

↑   ↑
フイルムアンテナのノリをきれいに落としたら
フロントドアのデッドニング施工をして行きます。





BELLOF シリウス フラットLEDの取り付け メルセデス ベンツ Cクラス 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.03.24 Friday
フロントドアのカーテシランプを輸入車専用のBELLOF シリウス 
フラットLEDに交換しています。
輸入車特有のパルス電源に対応したベロフの基盤タイプLEDです。
イグニッションオン時に発生するバルブの点滅回避機能と球切れ
警告灯の誤点灯を回避するキャンセラーユニットをバルブ内に
搭載しています。T10ウエッジバルブには日亜化学工業製の
1ワットLED素子を片側1個の計2個です。

↑    ↑
BELLOF シリウス フラットLED DBA303







ホンダ フィット WAKO’S 添加剤の注入 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.03.24 Friday
フィットにWAKO’Sの添加剤を注入します。
WAKO’Sの添加剤は量販店では扱っていなく
知る人ぞ知っている、とても効果のある添加剤です。


↑    ↑
S-FV スーパーフォアビークル
リキッド・セラミックス・テクノロジー採用エンジン性能向上剤
・強力な洗浄分散性能でエンジン内部をクリーンに保ちます。
・耐熱性・潤滑性に優れ、部品の磨耗や異音を減少させます。
・エンジンオイルの寿命を延長します。

F-1 フューエルワン
洗浄系燃料添加剤
・ 燃焼室・吸排気系バルブ・インジェクター等の汚れを除去します。
・燃料の酸化劣化を抑制します。
・燃料タンク内の錆・腐食を抑制します。




STi フレキシブルサポート サブフレームリアの取り付け スバル レヴォーグ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.03.21 Tuesday
レヴォーグにSTiのフレキシブルサポートや純正クランプステフィナ
とブローオフバルブの取り付けをするため、整備工場にお願いをして
取り付けをしています。

↑    ↑
コトスポーツの純正加工強化ブローオフバルブ

↑    ↑
スバル純正クランプステフィナ(ステアリングギヤボックス周りのパーツ)

↑    ↑
STiのフレキシブルサポート サブフレームリア


ダイハツ ムーヴ 新車 カロッツェリア パワーアンプ PRS-D700の取り付け 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.03.21 Tuesday
いい音はアンプで決まる!

新車のムーヴのパワードウーファー ロックフォードのPS−8の
取り付けも終わり、カロッツェリアのパワーアンプ PRS-D700
の取り付けをしています。今日中には出来上がり、タイムアライメント
などの調整をして、クルマ屋さんに引き渡しをします。


↑   ↑
コントローラーは操作のしやすい所へ付けています。

↑   ↑
カロッツェリア PRS-D700

↑   ↑
アンプボードは将来PRS-D700を追加できるようにしています。

↑   ↑
4Gケーブルはエンジンルーム内はコルゲートチューブ
で保護しています。

↑   ↑
DD-1を使ってパワーアンプのゲイン調整をしています。





コラゾン LEDテールランプの取り付け スバル レヴォーグ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.03.20 Monday
レヴォーグのオーナーさんはオーディオだけではなく、外観にも
こだわりを持っています。WRX STiのフロントフェンダーと
バンパーを移植して、今回はLEDテールランプを交換します。
当初は、ただ付け換えをすればいいというオーナーさんからの話でしたが
取り付けが終わり点灯させてみると、バックフォグを付けると
右側はバックフォグと同時にバックランプも点灯します。
純正の場合は右リアにはバックランプが無くバックフォグになっています。
配線を加工して右のバックランプ回路を左の回路と同じようにしています。

↑    ↑
コラゾン LEDテールランプ


↑    ↑
右側のテールランプにもバックランプの回路があるため、
配線を加工しています。








| 1/355PAGES | >>