オーディオテクニカ アクワイエ デッドニング施工 レクサス IS 300h Fスポーツ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.04.23 Sunday
いい音はデッドニングで決まる!

レクサス AVE30系のIS 300hのデッドニングをしました。
トヨタの高級車ブランドだけあって、内張りの作りが違います。
内張りの固定の仕方も違います。やはり高いだけの事はあります。
そしてオーディオシステムも専用ですので、デッドニング施工を
してより良い音にします。ドアに付いているスピーカーの口径は
18センチと大きいですがフレームは樹脂製なので制振材で少しでも
重くして補強します。

↑    ↑
オーディオテクニカ アクワイエ AT7505RとAT7550R

↑    ↑
専用の音造りをしていますが、樹脂製の軽いスピーカーです。


↑    ↑
スピーカーの背面には専用の吸音材を貼っています。
アウター側は制振材を増やしています。

↑    ↑
寒いのでヒートガンを使って制振材を温めて貼っています。

↑    ↑
樹脂製のフレームに制振材を貼って重くしています。


↑    ↑
赤いマークの箇所が共振している場所です。

↑    ↑
共振箇所に制振材を貼っています。

↑    ↑
内張りクリップダンパーを使っています。


↑    ↑
簡易アナライザーで車内を測定しています。






スバル ステラ デッドニング施工とプロセッサーの取り付け 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.04.23 Sunday
今月初めにステラのオーディオシステムを組みましたが、ロシア製の
StPのデッドニング部材が欠品していましたが、入荷してきましたので
StPのGOLD AEROでドアをデッドニングをして、
JL AUDIOのシグナルプロセッサーを組みます。ヘッドユニットには
タイムアライメント機能とX-OVER機能が付いているカロッツェリアの
FH-9200DVDですが、より細かく調整できる後付けシグナル
プロセッサーを組みます。今日は内装やシートなどを外していきます。



↑   ↑
ヘッドユニットをネットワークモードで使っていたので
初期化をして、タイムアライメント機能とX-OVER機能を
使わないようにします。


↑   ↑
JL AUDIOのシグナルプロセッサーはパワーアンプのそばに置きます。




オーディオシステムの取り外し ダイハツ コペン 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.04.21 Friday
東京から来られた「Yさん」のコペン オーディオシステムを
外しています。わざわざ来られ長野の友人と遊んでいる間に
作業をしています。作業をしていますが、CDデッキと
スピーカーを長野の中古品を扱う店舗で買って来られ取り付けを
して完了しましたが、夜ヘッドライトを付けるとメーターのイルミ
とテールランプが点灯しません。車両のヒューズが切れています。
原因を探すと驚いたことに中古で買ったCDデッキです。基盤内で
ショートしています。CDデッキを外してお客さんに渡します。
中古品も怖い物です。


↑    ↑
ケーブル関係も外して再利用できるものは使います。

↑    ↑
リアトランクにパワーアンプが付いているので、ケーブル関係も
外します。

↑    ↑
デッドニングは再利用できませんので、
このクルマを買われた方は得です。

↑    ↑
このCDデッキが原因の元です。
安い中古品は怖いです。








ダイハツ ミライース JL AUDIO サブウーファーとパワーアンプの取り付け 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.04.21 Friday
デモカーのミライースです。今回はKICKERのパワードウーファー
が付いていますが、JL AUDIOのサブウーファーとパワーアンプ
に入れ替えをします。KICKERのパワードウーファーも低音が
十分出るのですが、それ以上の重低音を出すためにパワーアンプと
サブウーファーを組み合わせます。スペース的な点で16.5cmの
口径のサブウーファーを使います。


↑    ↑
パワーアンプはJL AUDIOのXD400/4v2

↑    ↑
サブウーファーはJL AUDIOのCP106LG-W3v3
16.5cmボックス付き

↑    ↑
RCAケーブルはオーディオテクニカ レグザットのAT-RX23
今年発売された 手の届きやすい価格帯のRCAケーブルです。

↑    ↑
ルテニウム加工のMIDIヒューズホルダー

↑    ↑
メインの電源ラインにルテニウム加工のMIDIヒューズホルダー
を使っています。MIDIヒューズとケーブルエンドターミナルも
ルテニウム加工した物を使っています。

↑    ↑
モスコニのアンプでDIATONEのDS-G500をマルチ仕様で
鳴らしています。






DIATONE SOUND.NAVI MZ200PREMIの取り付け スバル レヴォーグ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.04.20 Thursday
レヴォーグのナビを発売されたばかりの最新のSOUND.NAVI 
NR-MZ200 PREMIに入れ替えをします。
オプションのヘッドアップディスプレイと動画を再生するために
HDMIケーブルも付けます。
そして電源周りの接続にはM&M DESINEのケーブルダイレクト
ジョイントを使います。この良さは線材同士を重ねてイモネジで圧着
することにより音楽信号の劣化を防止します。
サウンドナビの初期設定画面でシステムの構築をしますが
このクルマのシステムはプロセッサーを付けていますので、
サウンドナビのタイムアライメントとX-OVERは使わないで、
後付けプロセッサーで調整します。

↑    ↑
SOUND.NAVI NR-MZ200 PREMI

↑    ↑
ヘッドアップディスプレイとUSBキット

↑    ↑
ケーブルダイレクトジョイント SDJ-01

↑    ↑
電源周りをケーブルダイレクトジョイントを使って接続し
伸縮チューブで絶縁しています。



↑    ↑
SMD DD-1を使って、MZ200 PREMIの
ボリュームレベルの歪むポイントを調べています。

↑    ↑
ヘッドアップディスプレイの動作確認です。

↑    ↑
サウンドナビの初期設定画面でシステムの構築をしています。


↑    ↑
サウンドナビのタイムアライメントとX-OVERは使わないで
パソコンを使って、JLのプロセッサーで調整しています。






スバル レヴォーグ HELIX DSP-PRO MK2 プロセッサーの調整 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.04.20 Thursday
一昨日、レヴォーグのオーナーさんが来られ、音を聴かれ喜んで
いました。想像以上のサウンドになったと言われました。
今日もHELIXのDSP-PRO MK2のプロセッサーの
調整をします。

↑    ↑
システムの構築画面です。
出力は8ch使っていますが、あと2ch余っています。

↑    ↑
タイムアライメントの入力画面です。

↑    ↑
X-OVERの入力画面です。

↑    ↑
簡易アナライザーで、車内を測定しています。

StP GOLD AERO フルデッドニング施工 施工料込みで70,000円から! 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.04.18 Tuesday
いい音はデッドニングで決まる!

デッドニングは話題のロシア製StPを使ってアウターとインナーを
施工します。StPの考えは250Hz以下の中・低周波と250Hz
以上の中・高周波を1種類の素材や同じアイテムで抑制・吸収するのは
不可能と考え、中・低周波をブチル+アルミ系の素材で、中・高周波を
ポリウレタンフォーム系の素材で対応という考えです。


STP GOLD AERO
高制振性素材で強力デッドニング効果
特徴:250Hz以下を制振
施工:ドアインナー&アウタードアの共振を排除しスピーカーボックスに
   高品位ブチル&アルミ層で高い制振効果を発揮。

STP CRYSTAL
スピーカーに不要な音波を拡散
特徴:表面のアコースティックレンズが不要な音波を拡散
   ポリウレタン層と粘着層がポイント制振。

STP NG04 Premium
ドア内部のサウンドチューニング
特徴:音に悪影響な定在波をコントロール
*STP制振材と重ね貼りで効果が倍増

当店の施工は「サウンドCD」を使い共振箇所を特定し施工をします。

材料費&施工料込み(フロントドア2枚)
¥70,000から(税込)









スバル レヴォーグ HELIX DSP-PRO MK2 プロセッサーの調整 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.04.18 Tuesday
昨日、リアドアのインナーバッフルの隙間にシリコンを埋め、乾いたので
RS Audioのスピーカーを前後に取り付けも終わりました。
これでレヴォーグのオーディオシステムも出来上がり、今日から
HELIXのDSP-PRO MK2のプロセッサーの調整をして行きます。
ヘッドユニットはDIATONE SOUND.NAVIのPREMIなので
高性能なプロセッサーが付いていますが、それを使わずにより高性能な
DSP-PRO MK2 プロセッサーを使います。よく年間数件他店舗で
SOUND.NAVI等のプロセッサー内蔵ヘッドユニットとプロセッサー
ユニットの組み合わせで音の調整に来られる方がいますが、ほとんどが
ヘッドユニットのプロセッサーもいじり、後付けプロセッサーの両方で
設定をしています。これではいい音どころか?異常な音になります。
ヘッドユニットの調整機能をすべてオフにすることです。
HELIX DSP-PRO MK2は今までいろいろなプロセッサー
を取り付けをして調整してきましたが、調整機能が沢山あります。
特にX-OVERのスロープで肩特性が通常2種類くらいですが
4種類はあります。調整し甲斐があります。
初めにシステムの構築をしてから調整を始めます。


↑    ↑
隙間ふさぎのシリコンが乾いたので、ミッドウーファーを
付けています。

↑    ↑
DD-1を使って、パワーアンプのゲインを調整しています。

↑    ↑
リアゲートを開けると、こんな感じでRS Audioの
パワーアンプが見えます。

↑    ↑
DSP-PRO MK2のコントローラー DIRECTORです。

↑    ↑
初めに、この画面でシステムの入出力chを構築しないと
音が出ません。




StP BOMB AERO フルデッドニング施工 施工料込みで100,000円から! 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.04.17 Monday
いい音はデッドニングで決まる!

デッドニングは話題のロシア製StPを使ってアウターとインナーを
施工します。StPの考えは250Hz以下の中・低周波と250Hz
以上の中・高周波を1種類の素材や同じアイテムで抑制・吸収するのは
不可能と考え、中・低周波をブチル+アルミ系の素材で、中・高周波を
ポリウレタンフォーム系の素材で対応という考えです。


STP BOMB AERO
非常に高い制振性で共振を抑える
特徴:250Hz以下を制振
施工:ドアインナー&アウタードアの共振を排除しスピーカーボックスに
   高品位ブチル&樹皮層&アルミ層で非常に高い制振効果を発揮。

STP CRYSTAL
スピーカーに不要な音波を拡散
特徴:表面のアコースティックレンズが不要な音波を拡散
   ポリウレタン層と粘着層がポイント制振。

STP NG04 Premium
ドア内部のサウンドチューニング
特徴:音に悪影響な定在波をコントロール
*STP制振材と重ね貼りで効果が倍増

当店の施工は「サウンドCD」を使い共振箇所を特定し施工をします。

材料費&施工料込み(フロントドア2枚)
¥100,000から(税込)




スバル レヴォーグ RS Audio スピーカーの取り付け 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.04.17 Monday
レヴォーグのオーディオシステムを組み直しをしています。
樺桜合板インナーバッフルが出来上がったのでドアに取り付けを
して、リアドアには隙間ができるのでシリコンで隙間を埋め
RS Audioのスピーカーを前後に取り付けをします。

↑    ↑
RS Revelation MB165

↑    ↑
RS Revelation 165

↑    ↑
フロントドアは隙間がでません。

↑    ↑
リアドアは隙間がありますので埋めます。

↑    ↑
リアドアの隙間にシリコンを入れます。



| 1/359PAGES | >>