スバル レヴォーグ ボルクレーシング TE37 アルミの交換 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2019.09.17 Tuesday
レヴォーグが履いているボルクレーシング TE37の
アルミを縁石に擦りリムが傷ついたのでアルミの交換を
ブリヂストンのタイヤセンターで交換をしてきました。


↑    ↑
ブリヂストンのタイヤセンター

↑    ↑
ボルクレーシング TE37ウルトラF1 8.5J-19

↑    ↑
リムのガリ傷です。






スバル WRX STi オプティマ ドライバッテリーの交換 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2019.09.15 Sunday
電圧降下の少ない驚異のバッテリー!

WRX STiのバッテリーを以前にオプティマのドライバッテリー
に交換したのですが、バッテリーを上げてしまい電圧を測ると
11V台なのでオーナーさんは今後の事も考えて交換をするように
なりました。このWRX STiは週に一度エンジンをかけて乗る
状態です。今後バッテリーを上げないためにマイナス端子を外して
保管するようにお話をしてあります。
オプティマのドライバッテリーは価格が高くてもより電圧が高いため
オーディオもより良い音に、そしてヘッドライトが明るくなります。
リモコンキーも遠くから作動するようになります。


↑   ↑
OPTIMA RTS3.7L

↑   ↑
バッテリーを上げたOPTIMAです。

↑   ↑
今回取り付けをしたOPTIMAです。

↑   ↑
テスターで電圧を測定しています。14.19Vまで
出ています。




トヨタ クラウン DIATONE SOUND.NAVIのサウンド調整  長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2019.09.14 Saturday
クラウンにパワーアンプとサブウーファーの取り付けと
エアーコンプレッサーの配線も終わり、SOUND.
NAVIの音の調整をします。
タイムアライメントも測り直しをしてクロスオーバーを
設定して、簡易アナライザーで車内を測定してイコライザー
を調整します。

↑    ↑
調整機能の優れるMZ100PREMIです。


↑    ↑
レーザー距離計を使ってスピーカーまでの距離を測って
タイムアライメント画面に入力します。


↑    ↑
EMMAの調整用CDを使ってスピーカーまでの距離を
微調整しています。

↑    ↑
クロスオーバーを再設定しています。

↑    ↑
簡易アナライザーを使って車内を測定してイコライザー
を調整しています。







トヨタ クラウン ドイツ製 GROUND ZERO パワーアンプとウーファーの取り付け  長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2019.09.13 Friday
クラウンにパワーアンプとサブウーファーの取り付けをしています。
サブウーファーのパワーアンプのゲインをDD-1を使って調整して
います。SMDディストーション・ディレクターDD-1は
パワーアンプのゲインとヘッドユニットの出力レベルを最適に調整
することができる機器です。
エアーコンプレッサーを置くボードと配線をして、コンプレッサーの
動作確認をします。


↑    ↑
DD-1を使って、ヘッドユニットのボリュームの歪みポイントと
パワーアンプのゲイン調整をしています。

↑    ↑
パワーアンプとサブウーファーの取り付けは完了です。

↑    ↑
サブウーファーはトランクに置いています。

↑    ↑
サブウーファーのパワーアンプのコントローラーは
コンソールボックスの中に収めています。

↑    ↑
パワーアンプを隠すトランクのボードを作っています。

↑    ↑
エアーコンプレッサーを置くボードの型合わせをしています。

↑    ↑
ボードにクロスを貼っています。

↑    ↑
エアーコンプレッサーの配線をしています。





トヨタ クラウン ドイツ製 GROUND ZERO パワーアンプとウーファーの取り付け  長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2019.09.12 Thursday
クラウンにパワーアンプとサブウーファーの取り付けをしています。
RCAケーブルを性能の良い物に交換してもサウンドナビのRCA
出力ハーネスを付属品では役不足なのでRCA出力ハーネスを
M&M DESIGNのMR-1700に交換をしてパワーアンプ
とサブウーファーの結線をしています。

↑    ↑
ナビ裏のRCA出力ハーネスはM&M DESIGN MR-1700

↑    ↑
ナビ裏のRCA出力ハーネスを変えています。

↑    ↑
リモートケーブルの分岐にアースブロックを使って
パワーアンプ3代に分けています。

↑    ↑
サブウーファーのパワーアンプの結線をしています。

トヨタ クラウン ドイツ製 GROUND ZERO パワーアンプとウーファーの取り付け  長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2019.09.10 Tuesday
機能の午後からディーラーに勤めていられる「Hさん」は
会社が休みなのでクラウンにパワーアンプとサブウーファー
の取り付けのために手伝ってもらいましたが足回りをエアサス
にするため、トランクにエアサスのコンプレッサーを付けるので
配線を依頼されました。
先にサブウーファーとパワーアンプを付けた後に、エアサスの
コンプレッサーの配線をして行く予定です。


↑    ↑
グラウンド ゼロ GZIA 1.600HPX-

↑    ↑
RCAケーブルはM&M DESIGN SN-MA1700

↑    ↑
リモートケーブルはM&M DESIGN 3D-MR009BL

↑    ↑
サブウーファーのスピーカーケーブルはM&M DESIGN
SN-MS2500

↑    ↑
ウーファーボックスの内側は制振材を貼っています。

↑    ↑
ウーファーボックスの隅には定在波対策のためにディフュージョン
を使っています。

↑    ↑
ウーファーの背面にはフェルトを使っています。


↑    ↑
サブウーファーのパワーアンプはこのパワーアンプの下に収めます。

↑    ↑
エアサスのコンプレッサーです。



ドイツ製 GROUND ZERO ウーファーボックスの補強  長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2019.09.09 Monday
ディーラーに勤めていられる「Hさん」のクラウンにサブウーファー
を追加します。今回はグラウンド ゼロのサブウーファーとボックスの
セット品を使います。サブウーファーを外しボックスの厚さを測ると
15mmの厚さです。周りに2.6mm厚の制振材を貼り、定在波対策
のためにリアルシルトのディフュージョンを使っています。
スピーカーの定在波とはスピーカーBOXの中では、その箱の大きさや
形状に応じた響きが発生しますが、特に問題となるのは、特定周波数
のみが大きく共鳴することです。この場合は、その周波数のみが強調
された定在波現象が発生してると言えます。
あらゆる音楽を再生するスピーカーBOXの場合はこの定在波現象は
音の色づけとなって再生音に大きく影響し、その結果、音の広がり感
が損なわれ、自然な音楽再生にとってはマイナス要因が多く現れてきます。

↑    ↑
ウーファーとボックスのセット
グラウンド ゼロ GZIB 200XBR

↑    ↑
制振材はDrARTEX Sky Pallium

↑    ↑
定在波対策のためにリアルシルト ディフュージョン
を使います。

↑    ↑
吸音材としてフェルトを使います。







ダイハツ ミラ イース オプティマ ドライバッテリーの交換 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2019.09.06 Friday
電圧降下の少ない驚異のバッテリー!

ミラ イースのバッテリーをオプティマ ドライバッテリーに
交換しています。2014年6月にオプティマのドライバッテリー
に変えていますので、5年と3カ月も持っていました。
ミラ イースの場合、通常のバッテリーはアイドルストップ用
なので価格が意外と高いです。オプティマのドライバッテリーは
価格が高くてもより電圧が高いため、オーディオもより良い音に
そしてヘッドライトが明るくなります。リモコンキーも遠くから
作動するようになります。


オプティマバッテリーは、独自のスパイラルテクノロジー搭載。
極板の表面積が通常の約1.5倍!
つまりその差がパワーの差です。


↑   ↑
OPTIMA YT-B24L1

↑   ↑
BOSCH エアコンフィルター

↑   ↑
5年3カ月前のバッテリーです。


↑   ↑
バッテリー装着後、エンジンを始動させてヘッドライト
エアコン・オーディオを起動させて電圧を測定します。






BMW E92 320クーペ ダンロップ ルマン后.織ぅ笋料箸濾佞院…耕邯 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2019.09.03 Tuesday
BMW E92 320クーペの夏タイヤをダンロップの
タイヤセンターで組み付けて来ました。
評判の良いダンロップ ルマン垢離織ぅ笋鬘贈唯彌秬気
アルミに組み付けています。本来は来年の春に交換をする
予定でしたが来月から消費税が2%上がりますので急きょ
交換をしています。
純正のタイヤはランフラットタイヤを履いています。
その良さは空気圧がゼロになっても一定距離を走行できますが
乗り心地はゴツゴツ感があります。今回はランフラットタイヤ
ではなく通常のタイヤに交換しましたが走行してみてゴツゴツ
感がなく乗り心地がとても良くなっています。


↑   ↑
装着タイヤはブリヂストン ポテンザのランフラットタイヤです。

↑   ↑
ダンロップのタイヤセンターで組み付けをしています。

↑   ↑
ダンロップ ルマン后。横横/45R-17





代車 スバル ステラ パワーウィンドーの点検 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2019.09.01 Sunday
代車のステラの助手席のパワーウィンドーの動作が異常なので
点検をしています。運転席のパワーウィンドーのスイッチでは
ガラスが下がるのですが、上げることができません。助手席の
スイッチでは上下します。運転席のスイッチを外していますが
治らない場合は部品を発注します。


↑    ↑
バッテリーを外して、スイッチを外します。





| 1/148PAGES | >>