BMW E92 320クーペ 楽ナビのサウンド調整 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2019.07.20 Saturday
320クーペの注文を頂いたカロッツェリア 楽ナビの取り付けと
ドライブレコーダーとデジタルトランスポートの取り付けも
終わり、タイムアライメント機能などのサウンド調整をしています。


↑   ↑
レーザー距離計を使って、スピーカーまでの距離を計測しています。


↑   ↑
ハイパスフィルターとサブウーファーの設定をしています。





BMW E92 320クーペ オーディオテクニカ デジタルトランスポート AT-HRD500の取り付け 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2019.07.19 Friday
320クーペに新発売のカロッツェリア 楽ナビの取り付け
も終わり、新発売のドライブレコーダーの取り付けをしています。
ナビのUSB回路で聴くよりも良い音で聴けるスマートフォンの
音源やハイレゾ音源を良い音で聴くためのオーディオテクニカの
デジタルトランスポートを付けます。

↑   ↑
オーディオテクニカ デジタルトランスポート AT-HRD500

↑   ↑
オーディオテクニカ レグザット AT-RX97/1.3

↑   ↑
オーディオテクニカ AT-CA61H 
楽ナビの外部入力端子がミニプラグを使っているため

↑   ↑
ドライブレコーダー本体は視界になるべく入らないように
付けています。

↑   ↑
カーペットの上に無造作に置くのも良くないので
箱を作ります。




BMW E92 320クーペ カロッツェリア 楽ナビの取り付け 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2019.07.18 Thursday
320クーペに新発売のカロッツェリア 楽ナビの取り付け
をしています。
今回のモデルは液晶画面が高画質なHDパネルを使っていて
画像がとても綺麗です。動作の確認も終わり、復元をして
ゆきます。後は新発売のドライブレコーダーとハイレゾ音源
を聴くためのオーディオテクニカのデジタルトランスポート
を付けます。

↑   ↑
光ケーブルを折らないようにトランクまで引き回しています。

↑   ↑
純正のオーディオは熱がだいぶ出ますので説明書に書いてあるように
カーペットの下に入れられません。


↑   ↑
バッ直電源を延長して取っています。

BMW E92 320クーペ カロッツェリア 楽ナビの取り付け 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2019.07.16 Tuesday
昨日は祭日だったので作業はあまり捗りませんでした。
320クーペに先月発売されたばかりのカロッツェリアの
楽ナビの取り付けをしています。
純正のオーディオシステムをトランクに移設をするため
配線コネクターケーブルと光ケーブルをトランクまで
引いています。

↑   ↑
ドライブレコーダーはカロッツェリア VREC-DZ200

↑   ↑
エアコンのコントールユニットパネルを外しています。

↑   ↑
純正のオーディオをトランクに移設します。



BMW E92 320クーペ カロッツェリア 楽ナビの取り付け 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2019.07.15 Monday
今日からしばらくお預かりをして320クーペに先月発売
されたばかりのカロッツェリア楽ナビの取り付けをします。
今回は楽ナビの上級機種が高画質で発売されました。
320クーペに取り付けるに専用の取り付けキットを使い
純正のオーディオシステムをトランクに移設をして、
CAN-Busインターフェイスを使って電源や車速信号
などを取って行きます。専用の取り付けキットの説明書
はツーリングワゴンの場合で掲載されているので外し方が
違うので恐る恐る部品を外しています。


↑   ↑
カロッツェリア 楽ナビ AVIC-RZ910

↑   ↑
取り付けキット カナック GE-BM204G

↑   ↑
CAN-Busインターフェイス カナック GE-XA02

↑   ↑
ステアリングリモコン カナック GE-X008

↑   ↑
純正では1DINサイズのオーディオが付いていますが
専用パネルで2DINサイズのナビなどが付きます。







ホンダ シャトル ハイブリッド DIATONE SOUND.NAVIの調整 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2019.07.13 Saturday
シャトル ハイブリッドのオーディオシステムの電源強化
と言う事でSOUND.NAVIにはマイクロキャパシタと
ボディアースを強化して、パワーアンプに安定した電源を
供給出来るようにレギュレターを組み付けしてアンプボックス
が完成しました。あとはMZ200PREMI-2の調整を
して完了です。

↑    ↑
クロスを貼っています。


↑    ↑
アンプの顔を出しています。

↑    ↑
初期設定画面でシステムの構築をしています。


↑    ↑
距離計を使ってスピーカーまでの距離を測っています。

↑    ↑
EMMAのCDを使ってタイムアライメントを微調整しています。





ホンダ シャトル ハイブリッド アンプ ボックスの取り付け 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2019.07.12 Friday
シャトル ハイブリッドのオーディオシステムのパワーアンプ
とレギュレターの配線をしてアンプ ボックスを組み付けしています。
ボードの塗装とクロスを貼り、完成させたいと思います。


↑    ↑
仮組みをして異常ないか点検しています。

↑    ↑
レギュレターの電圧を設定しています。


↑    ↑
アンプの顔を出すようにしています。

↑    ↑
塗装中です。




ホンダ シャトル ハイブリッド アンプ ボックスの取り付け 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2019.07.11 Thursday
シャトル ハイブリッドのオーディオシステムの電源強化の
ための部品も付け終わり、パワーアンプ2台とレギュレターを
収めるアンプ ボックスを組み付けして行きます。

↑    ↑
バッ直ケーブルはコルゲートチューブを巻いています。

↑    ↑
バッ直ケーブルなどをグラスウールテープで固定して行きます。

↑    ↑
パワーアンプとレギュレターを固定して、配線をしています。

↑    ↑
ケーブルダイレクトジョイントを使ってパワーアンプと
結びます。




ホンダ シャトル ハイブリッド オーディオシステムの電源強化 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2019.07.09 Tuesday
シャトル ハイブリッドのオーディオの電源強化を行っています。
音の入口であるヘッドユニットのサウンドナビに安定した電源
を供給する専用のマイクロキャパシタを付け、アース対策として
エンジンやハイブリッド車、電気自動車等に多用されるインバータ
などのノイズ発生源の中にさらされています。ボディの表面積を
大きくすることは、高周波に対するインピーダンス(抵抗)値を
低減させ、結果ノイズレベルの低いボディとすることが可能な
アースBOX VE-01を付けています。

↑    ↑
Braim’s ウルトラマイクロキャパシタ HQ-0.3F

↑    ↑
KOJO TECHNOLOGY アースBOX VE-01

↑    ↑
スピーカーケーブルをドアに入れています。


↑    ↑
スピーカーの端子はダイレクト・ロジウム端子を使っています。

↑    ↑
M&M DESIGNのリモートケーブルをナビ裏から引いています。

↑    ↑
マイクロキャパシタとアースBOXの配線をしています。





ホンダ シャトル ハイブリッド オーディオシステムの電源強化 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2019.07.08 Monday
昨日はあまり作業が進みませんでした。
シャトル ハイブリッドのオーディオの電源強化と安定した
電源を供給するためにレギュレターを付けます。
バッテリーからの電源ケーブルは4Gケーブルとスピーカー
ケーブルやリモートケーブルをトランクまで引いて
MIDIタイプのヒューズホルダーを使うためにアルミ板
でステーを作っています。

↑    ↑
スピーカーケーブルはM&M DESIGN SN-MS2500
ミッドウーファーに使います。
 
↑    ↑
スピーカーケーブルはM&M DESIGN SN-MS1800
ツィーターに使います。

↑    ↑
リモートケーブルはM&M DESIGN 3D-MR009BL

↑    ↑
トランクまで引いています。


↑    ↑
MIDIタイプのヒューズホルダーを固定するためにアルミ板で
ステーを作っています。




| 1/146PAGES | >>