トヨタ ハリアー ハイブリッド Dr ARTEX Sky Palliumでフルデッドニング施工 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2020.07.07 Tuesday
いい音はデッドニングで決まる!

ハリアーのメーカーオプションのJBLサウンドシステム仕様は
フロントドアには17cmのウーファーが付きダッシュボードには
8cmのツイターとミッドが付いている車です。デッドニング前は
ウーファーの音がぼやけていましたが施工後は音の輪郭がはっきり
として改善され聴きやすくなりました。
ドアのインナーとアウター部分のフルデッドニング施工をしています。
アウター部分とインナー部分はほぼ全面貼りで施工をして復元も終わり
これから簡易アナライザーを使って車内を測定します。

↑    ↑
フロントドアはJBLの17cmウーファーです。


↑    ↑
インナーパネルも制振材のSky Palliumを
ほぼ全面貼りで貼っています。

↑    ↑
純正装着のナビの音質の調整はイコライザーでは無く
3分割の調整だけです。



トヨタ ハリアー ハイブリッド Dr ARTEX Sky Palliumでフルデッドニング施工 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2020.07.06 Monday
いい音はデッドニングで決まる!

ハリアーのメーカーオプションのJBLサウンドシステム仕様車です。
そのJBLサウンドを最大限に生かすためにドアのインナーとアウター
部分のフルデッドニング施工をしています。
アウター部分はほぼ全面貼りで施工をしています。


↑    ↑
アウターパネルは制振材のSky Palliumを
ほぼ全面貼りで貼っています。

↑    ↑
制振材のSky Palliumの上に断熱遮音シートの
Baffle Plusを貼っています。



サウンドアップおすすめプラン
内張り デッドニング メニュー

内張りへの制振材と吸音材を施工して、車外からの
ノイズなどを吸音・、軽減させ車内を静かにする
効果があります。





トヨタ ハリアー ハイブリッド Dr ARTEX Sky Palliumでフルデッドニング施工 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2020.07.05 Sunday
いい音はデッドニングで決まる!

上田市から来られた「Oさん」のハリアー ハイブリッドは
メーカーオプションのJBLサウンドシステム車です。
そのJBLサウンドを最大限に生かすためにドアのインナー
とアウター部分のフルデッドニング施工をします。
今回の施工する部材はロシアのSTPと同じ工場で作っている
Dr ARTEXを使ってフロントドアのインナーとアウター
のフルデッドニング施工をします。


↑    ↑
Dr ARTEX Sky Pallium

↑    ↑
Dr ARTEX Baffle Plus

↑    ↑
オーディオテクニカ アクワイエ AT−AQ471P10

↑    ↑
メーカーオプションのJBLスピーカーです。






ホンダ フィット WAKO’S カーエアコン用オイル添加剤! パワー エアコン PLUS 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2020.07.04 Saturday
フィットにWAKO’S カーエアコン用オイル添加剤 
パワー エアコン PLUSとエンジンオイル性能向上剤 
スパーフォアビークル、そして洗浄系燃料添加剤
フューエルワンを注入しています。


↑    ↑
パワーエアコン プラスの特徴
1.コンプレッサーの潤滑性を向上させ、エアコンのフリクションを軽減し、
  エアコン使用時の燃費悪化とパワーロスを低減します。
2.耐摩耗性・シール制・防食性を向上し、コンプレッサー・
  エキスパンションバルブ・Oリング・ゴムホースなど、エアコンシステム
  の耐久性を向上させます。
3.システム内部の汚れを取り除き分散させることで、熱交換率を高め、
  エアコンの冷房効率を向上させるとともに、システム内の目詰まりを
  予防します。
4.安定した強い油膜を形成し、コンプレッサーの作動音・振動などを
  低減します。

↑    ↑
S-FV スーパーフォアビークル
リキッド・セラミックス・テクノロジー採用エンジン性能向上剤
・強力な洗浄分散性能でエンジン内部をクリーンに保ちます。
・耐熱性・潤滑性に優れ、部品の磨耗や異音を減少させます。
・エンジンオイルの寿命を延長します。

↑    ↑
F-1 フューエルワン
洗浄系燃料添加剤
・ 燃焼室・吸排気系バルブ・インジェクター等の汚れを除去します。
・燃料の酸化劣化を抑制します。
・燃料タンク内の錆・腐食を抑制します。
・ガソリン・ディーゼル兼用







ホンダ シャトル パワーアンプのアースケーブルの引き直し 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2020.07.03 Friday
シャトルのハイブリット車のモーターの作動音と回生ブレーキ動作時
に音が出るのでパワーアンプのアースポイントをボディーに落として
いましたが、バッテリーのマイナス端子に直接入れて、オーナーさん
と一緒に走行して確認をしました。モーターの作動音と回生ブレーキ
動作時の音は改善されましたので、パワーアンプのゲインを少しづつ
上げていく作業を試乗しながら変えてゆく作業をこれからします。

↑    ↑
オーディオテクニカ 4Gケーブルとケーブルターミナル

↑    ↑
パワーアンプからのアースと別にバッテリーのマイナス端子とボディー
を結びます。

↑    ↑
今まではパワーアンプのアースポイントはボディーでした。



サウンドアップおすすめプラン
フロントドア デッドニング メニュー

制振材でサービスホールを塞ぎ、ドアの共振する
箇所へ制振材を施工します。


ホンダ シャトル パワーアンプのアースケーブルの引き直し 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2020.07.02 Thursday
この間、シャトルにGROUND ZEROのパワーアンプを
付けたのですが、ハイブリット車のモーターの作動音と回生
ブレーキ動作時に音が出るのでパワーアンプのアースポイント
をボディーに落としていましたが、バッテリーのマイナスに
直接入れるようにしています。


↑    ↑
オーディオテクニカ 4Gケーブル

↑    ↑
オーディオテクニカ ケーブルエンドターミナル

↑    ↑
F2 Music RT-R1CG M8/4G


ホンダ シャトル ドイツ製 GROUND ZERO パワーアンプの調整 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2020.06.25 Thursday
良い音はアンプで決まる!

シャトルのGROUND ZEROのパワーアンプの入れ替えも
終わり、火曜日の午後はGROUND ZEROを扱っている
メーカーさんが来られてシャトルのGROUND ZEROの
パワーアンプ GZPA 4SQの特徴であるAB級動作から
A級動作へ調整可能な「バイアスコントロール機能」を搭載した
調整の勉強会を急遽行いました。フロントchはいっぱいに
A級動作へ振り、リアchは少しA級動作へ振っています。
特にフロントのツィーターの音が綺麗になった感じです。
サウンドナビのタイムアライメントやクロスオーバーをもう
少し調整して完成です。

↑    ↑
ボードにクロスを貼っています。


↑    ↑
アンプが見えます。


↑    ↑
レーザー距離計を使ってスピーカーまでの距離を測り、
タイムアライメントを設定しています。


↑    ↑
バイアスセッティングのボリュームつまみで
AB級動作からA級動作へと調整しています。





ホンダ シャトル ドイツ製 GROUND ZERO パワーアンプの取り付け 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2020.06.23 Tuesday
良い音はアンプで決まる!

シャトルのGROUND ZEROのパワーアンプの入れ替えを
しています。昨日の午後はアンプのボードを作り塗装をしようと
しましたが、雨のため今日塗装をしています。パワーアンプ周りの
配線の接続も終わりました。サウンドナビの初期設定を変更して
SMDディストーション・ディレクターDD-1を使って、
パワーアンプのゲインとヘッドユニットの出力レベルを最適な状態
に調整しています。
今日の午後はGROUND ZEROを扱っているメーカーさんが
来ますので、シャトルのGROUND ZEROのアンプを使って
「バイアスコントロール機能」の調整の勉強会を急遽行います。

↑    ↑
4Gの電源とアースのケーブルにはルテニウムの
ケーブルエンドターミナルを使っています。

↑    ↑
スピーカーケーブルの接続端子はダイレクトロジウムの
棒端子を使っています。


↑    ↑
パワーレギュレターを使っています。
出力電圧を14.4Vに設定しています。

↑    ↑
サウンドナビの初期設定画面でシステムの構築をしています。

↑    ↑
接続も終わり音を出しています。


↑    ↑
DD-1を使って、サウンドナビのボリュームの歪ポイント
を調べています。


↑    ↑
DD-1を使って、パワーアンプのゲインを設定しています。




ホンダ シャトル ドイツ製 GROUND ZERO パワーアンプの取り付け 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2020.06.22 Monday
良い音はアンプで決まる!

シャトルのGROUND ZEROのパワーアンプの入れ替えを
しています。リアドアへチェルノフのスピーカーケーブルの引き込み
とチェルノフのRCAケーブルをナビからパワーアンプ2台分の3本
とデジタルトランスポートの1本を取り替えています。
今回はフロントとリアのスピーカーをネットワークを使って鳴らしますが
フロントスピーカーをマルチシステムで鳴らすことのできるように
ネットワークをパワーアンプのそばに設置しています。

↑    ↑
リアドアにスピーカーケーブルの引き込んでいます。


↑    ↑
接続端子はダイレクトロジウム端子を使っています。


↑    ↑
スピーカーケーブルとRCAケーブルをリアまで引いています。

↑    ↑
ネットワークの接続端子もダイレクトロジウム端子を使っています。





ホンダ シャトル ドイツ製 GROUND ZERO パワーアンプの取り付け 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2020.06.21 Sunday
良い音はアンプで決まる!

シャトルにはモスコニのパワーアンプが付いていますが、
今回はGROUND ZEROのパワーアンプに入れ替えを
します。RCAケーブルはロシア製のチェルノフケーブルに
取り替えます。今まではフロントスピーカーをマルチシステムで
鳴らしていましたが、今回はリアスピーカーも一緒に鳴らします。
このパワーアンプはAB級アンプですが、AB級動作からA級動作
の領域へ調整可能な「バイアスコントロール機能」を搭載しています。


↑    ↑
GROUND ZEROのパワーアンプ
GZPA 4SQ

↑    ↑
RCAケーブルはチェルノフケーブル 
SPECIAL を4本使います。

↑    ↑
スピーカーケーブルはチェルノフケーブル
STANDARDを使います。

↑    ↑
接続端子はダイレクトロジウム端子を使います。


↑    ↑
モスコニのパワーアンプを外して、GROUND ZEROの
パワーアンプに入れ替えします。



 

| 1/162PAGES | >>