ダイハツ ミライース オーディオテクニカ レグザットでアーシングケーブルの取り付け 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2020.03.26 Thursday
ミライースのアーシング対策でオーディオテクニカのレグザット
ケーブルでアーシングケーブルの取り付けをしています。
通常バッテリーのプラス側は配線ケーブルが太くマイナス側は配線
ケーブルがプラス側よりも半分以下の太さです。
今回は1m15,000円もする4Gケーブルを使ってアーシングを
しています。

↑   ↑
オーディオテクニカ レグザット AT-RX04

↑   ↑
端子はF2Musicのダイレクト・ロジウム RT-R1CGM8/4G

↑   ↑
専用工具を使って端子をケーブルに付けます。

↑   ↑
エンジンブロックとシャーシーにアーシングしています。

メルセデスベンツ Cクラス ウインドウガラスの撥水コーティング施工 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2020.03.19 Thursday
メルセデスベンツ Cクラスのウインドウガラスの撥水コーティング
施工をしています。この撥水コーティングは6ヶ月〜1年の耐久性が
あります。作業は油膜を落とし2種類の溶剤を混ぜてコーティングを
します。市販の撥水剤でのコーティングより長く持続します。
始めにWAKO’Sのウロコレスを使ってウォータースポットや
油膜を落とします。

↑   ↑
市販では販売していない施工業者専用です。

↑   ↑
WAKO’S ウロコレス

↑   ↑
研磨材を使うので、マスキングしてから、ウロコレスを使って
油膜を落とします。




トヨタ アクア オーディオテクニカ アクワイエ 施工店専用モデルでデッドニング施工 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2020.03.17 Tuesday
いい音はデッドニングで決まる!

アクアにアメリカのJL AUDIOのスピーカーの取り付け
とスピーカーの性能を引き出すデッドニング施工をしています。
使用するデッドニング部材はオーディオテクニカのアクワイエ 
施工店専用モデルでブチルゴムも厚く高比重になり性能も向上
しています。
通常のキットモデルではアウターパネルに貼る円形の制振材は
片側4か所ですが6か所に増やして貼っています。

↑    ↑
アウターパネルには円形の制振材を片側6か所と
サイドインパクトビームには短冊形の制振材を貼っています。

↑    ↑
スピーカーの背面には吸音材を貼っています。

↑    ↑
インナーバッフルを固定しています。

↑    ↑
位相テスターを使ってスピーカーの+と−を調べています。

↑    ↑
マグネットの大きさは純正のスピーカーは500円玉くらいですが
JLのスピーカーは大きいです。

↑    ↑
インナーパネルはほぼ全面貼りに近い量の制振材を使っています。



トヨタ アクア オーディオテクニカ アクワイエ 施工店専用モデルでデッドニング施工 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2020.03.16 Monday
いい音はデッドニングで決まる!

小諸市からいらした女性オーナーのアクアです。
明日までお預かりをして、アメリカのJL AUDIO
のスピーカーの取り付けとスピーカーの性能を引き出す
デッドニング施工をしています。使用するデッドニング
部材はオーディオテクニカのアクワイエ 施工店専用
モデルでブチルゴムも厚く高比重になり性能も向上しています。


↑    ↑
JL AUDIO C1-650

↑    ↑
バイブレーションコントローラー(制振材)
AT-AQ451P8

↑    ↑
バイブレーションコントローラー(制振材)
AT-AQ456P80

↑    ↑
アブソーブウェーヴ
AT-AQ471P10

↑    ↑
ダイレクト・ロジウム端子


↑    ↑
事前にインナーバッフルの取り付け口径を
広げてあります。



↑    ↑
トヨタ車の場合、ツィーターのカプラーを外すと
ミッドウーファーが鳴らなくなるので、
ジャンパーコネクターを使っています。

↑    ↑
ビニールカバーを外して、純正のブチルゴムを
剥ぎます。




トヨタ ヴェルファイア ALPINE スピーカーとDr ARTEX Esrth Gold HDでフルデッドニング施工 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2020.03.15 Sunday
いい音はデッドニングで決まる!

ヴェルファイアのスライドドアのデッドニング施工と
アルパインの専用スピーカー X-180SR-AVを
取り付けしています。
スライドドアのデッドニングはフロントドアと違い、
ドアの厚みが余りなく、一部手の届かない所があり
作業をするスペースも余りありません。
アウター側とインナー側をほぼ全面張りで制振材を
貼っています。


↑    ↑
アウター側は制振材をほぼ全面貼りにしています。

↑    ↑
制振材の上に遮音シートを貼っています。

↑    ↑
スピーカーの背面には吸音材を貼っています。


↑    ↑
スライドドアのノブ裏はワイヤーケーブルが制振材に
干渉しないように現物合わせで施工しています。


↑    ↑
18cmのミッドウーファーは純正の16cmと比べると
余りにも大きさが違います。低音がどれだけ出るか?
楽しみです。





トヨタ ヴェルファイア ALPINE スピーカーとDr ARTEX Esrth Gold HDでフルデッドニング施工 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2020.03.14 Saturday
いい音はデッドニングで決まる!

明日までお預かりのヴェルファイアのスライドドアの
デッドニング施工とアルパインの専用スピーカー 
X-180SR-AVを取り付けします。
先月、このオーナーさんからの相談はオーディオの音
などが外に漏れる事を気にかけていました。その場合、
静音対策が有りますがオーディオの音を良くするための
施工と同じデッドニング施工の工程でも遮音材や吸音材
の使う場所を変えてフロントドアを施工しました。
その効果に喜んで頂きました。
スライドドアのデッドニングはフロントドアと違い、
作業をするスペースが余りなく効率は悪く時間がかかります。
今回の施工する部材はロシアのSTPと同じ工場で作っている
Dr ARTEXを使ってドアのインナーとアウターの
フルデッドニング施工をします。


↑    ↑
Dr ARTEX Esrth Gold HD

↑    ↑
Dr ARTEX Baffle Plus

↑    ↑
オーディオテクニカ アクワイエ AT−AQ471P10

↑    ↑
アルパインの専用スピーカー X-180SR-AV

↑    ↑
今日は寒いのでブチルゴムを剥がすに時間がかかります。







ダイハツ コペン カロッツェリア サイバーナビのサウンド調整 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2020.03.13 Friday
コペンは今日の午後引き渡し予定です。
サイバーナビとパワードウーファーの取り付けも終わり、
今日はサイバーナビのサウンド調整をします。

↑    ↑
パワードウーファーの常時電源にはコルゲートチューブを
巻いています。

↑    ↑
パワードウーファーのコントローラーはシフトノブ付近に
付けています。

↑    ↑
パワードウーファーの横のスペースは将来パワーアンプを
付けるそうです。


↑    ↑
ルーフを開けてトランクに収めています。
うまく逃げました。


↑    ↑
レーザー距離計を使ってスピーカーまでの距離を測っています。

↑    ↑
カットオフ(クロスオーバー)の項目でスピーカーの
設定をしています。

↑    ↑
簡易アナライザーで車内を測定して、イコライザーを
調整しています。





ダイハツ コペン カロッツェリア サイバーナビの取り付け 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2020.03.12 Thursday
コペンのサイバーナビの取り付けをしています。
ガルウィング仕様のドアのため、運転席と助手席
側などのケーブルの引き回しがドアが邪魔して
作業の体勢が大変で時間が普通のドアよりも
掛かっています。そのため余り写真を撮っていません。

↑    ↑
スピーカーのネットワークの配線はエーモンの赤黒の
Wコードを使っています。これはスピーカーケーブル
ではありません。

↑    ↑
二又ケーブルを作っています。ACC電源を必要とする
パーツが多いので。

↑    ↑
GPSアンテナは埋め込んであります。

↑    ↑
仮止めで動作チェックをしています。

ダイハツ コペン カロッツェリア サイバーナビの取り付け 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2020.03.10 Tuesday
コペンのパワードウーファーの取り付けは終わりました。
ナビ裏のエレクトロタップの取り外しと助手席周りの
配線も余分な配線は外し、長い配線は短くしてあります。
ETCの配線は今まではナビと連動していましたが単独で
動くようにしてあります。配線を元に戻すのだけでもほぼ
一日かかりました。今日からサイバーナビの取り付けをします。

↑    ↑
カロッツェリア サイバーナビ AVIC-CZ910-DC

↑    ↑
パワードウーファーの常時電源はバッテリーから取っています。


↑    ↑
配線の修復は一つ一つ確認をしながら直しています。

↑    ↑
ここまできれいになりました。



ダイハツ コペン カロッツェリア パワードウーファーの取り付け 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2020.03.09 Monday
このコペンのオーナーさんはコペンのクラブに入っていてとても
有名な方です。
昨日の午後からお預かりをしてパワードウーファーの取り付けを
して仮止めまでは終わりました。取り付け位置はオーナーさんの
こだわりでトランクルームに縦付けを指定されました。コペンは
ルーフがトランクルームに収まるため、干渉しないように付けな
ければいけません。そのため、オーナーさんを始め4人で取り付け
をしていました。昨日は集中して取り付けをしていたので途中の
工程の写真を撮っていません。


↑    ↑
ガルウィング仕様です。

↑    ↑
カロッツェリア TS-WX130DA

↑    ↑
5mmのアルミ板をフレームに固定をして、パワードウーファーを
固定しています。

↑    ↑
この余分な配線を短くして行きます。

↑    ↑
異常な量の配線を止めていたタイラップです。

↑    ↑
この量の配線がコンソールの下に収まっていました。




| 1/157PAGES | >>