スバル レヴォーグ WRXタイプ リアバンパー用 リアフォグランプキットの取り付け 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.05.28 Sunday
今日はレヴォーグのリアバンパーを車外品のWRXタイプ リアバンパーに
以前交換したのですが、当初オーナーさんはリアフォグランプは
いらないと言っていたのですが、今回付けるようになりました。
リアフォグユニットが収まらないので、ユニット下側のバルブ
差し込み口を削っています。強引に収めようとするとFRP製の
リアバンパーなので割れる可能性もありますので注意して収めます。
それとアルミホイルのナットを軽量な赤いナットにも入れ替えます。
先週、駐車場でリアバンパーを傷つけられたので明日から外注先の板金工場
で修理をしますが、工場長にオーナーさんがかわいそうなので安くして
頂きたいと言ったら私がリアバンパーを外したり手伝う事を条件で
安くしてくれるそうですので、明日は板金工場で仕事をしています。


↑    ↑
リアフォグランプキット

↑    ↑
軽量ナットとロックナット





マツダ CX-3 デジタルプロセッサー内蔵のパワーアンプのサウンド調整 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.05.27 Saturday
いい音はアンプで決まる!

今日はオーナーさんに引き渡しのため、MATCH PP-86 DSP 
の使い方とパソコンを使ってどのように調整したかを説明していました。
ご夫婦で来られ出来上がった音を聴かれ、大変喜んで頂けました。
大変だった取り付けもお客さんの喜ぶ姿を見ると大変だった事も
忘れ嬉しくなります。
この設定で1カ月ほど聴いて頂き、再設定をさせて頂きます。

↑    ↑
助手席の下にMATCH PP-86 DSPを付けています。


↑    ↑
電圧とMATCH PP-86 DSPの本体の温度が表示されます。

↑    ↑
簡易アナライザーを使って、車内を測定しています。



↑    ↑
パソコンの画面を見て頂いて、システム構築とタイムアライメントや
クロスオーバーの画面を説明させて頂きました。



マツダ CX-3 デジタルプロセッサー内蔵のパワーアンプのサウンド調整 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.05.24 Wednesday
いい音はアンプで決まる!

今日は本来定休日ですがデジタルプロセッサーのサウンド調整を
するため、今週は定休日を変更します。
CX-3にドイツ製のMATCH PP-86 DSP 
デジタルプロセッサー内蔵のパワーアンプの取り付けも終わり、
パソコンを使ってデジタルプロセッサーのシステム構築を作り
フロントスピーカーはマルチシステムなのでツィーターと
ミッドウーファーのクロスオーバーの設定を間違えないように
入力をします。今日はしばらくの間、音出しをして異常が
無ければ復元をしてタイムアライメントやクロスオーバーの
設定をして行きます。

↑    ↑
バッテリーの端子にはMATCH PP-86 DSPの8Gケーブルと
パワードウーファーのロックフォード PS-8の電源ケーブルの2本を
取っています。


↑    ↑
運転席の下にMATCH PP-86 DSPを付けています。

↑    ↑
プロセッサーのコントローラーはシフトレバーの前に
付けています。

↑    ↑
デジタルプロセッサーのシステム構築画面で6ch分の
設定をしています。

↑    ↑
クロスオーバーの設定画面で特にネットワークを外している
フロント4ch分のハイパスとローパスのフィルター設定を
してから音を出せます。







マツダ CX-3 デジタルプロセッサー内蔵のパワーアンプの取り付け 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.05.23 Tuesday
いい音はアンプで決まる!

CX-3にドイツ製のMATCH PP-86 DSP DSP内蔵の
パワーアンプを取り付けしています。
運転席のキックボード上にオーディオユニットがあります。そこから
フロント・リアの4ch分のハイレベル入力をDSP内蔵のパワーアンプ
と結びます。フロントのスピーカー DIATONE DS-G20の
ネットワークを外し、マルチ仕様でアンプ4ch分使い、リアスピーカー
で2ch分を使い計6ch分使うようにします。今までパワードウーファーは
ハイレベルで接続していましたが、MATCH PP-86 DSPには
RCAのライン出力があるのでそれを使って、ロックフォードのPS-8を
接続することで、MATCH PP-86 DSPでタイムアライメントや
クロスオーバーを設定できます。


↑    ↑
フロント・リアの4ch分のハイレベル入力をDSP内蔵のパワーアンプ
と結んでいます。

↑    ↑
半田付けで結線しています。絶縁には伸縮チューブを使っています。

↑    ↑
助手席の下にMATCH PP-86 DSPを付けるので
8Gの電源やRCAケーブルを引いています。


↑    ↑
ネットワークを外して、マルチ接続に変更しています。








マツダ CX-3 デジタルプロセッサー内蔵のパワーアンプの取り付け 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.05.22 Monday
いい音はアンプで決まる!

CX-3にドイツ製のMATCH PP-86 DSP DSP内蔵の
パワーアンプを取り付けしています。昨日は日曜日なので作業は
あまり進んでいません。今日から集中して作業をして行きます。
電源は車種別のコネクターが使えないので、新たに8Gのケーブルを
使ってバッテリーから取っています。今日は純正オーディオシステムの
回路図を見ながら前後のスピーカーラインを探します。


↑    ↑
8Gの電源ケーブルを車内に引き込むため、バッテリーを外して
引き込み、エンジンルーム内はコルゲートチューブを使い保護しています。

↑    ↑
プロセッサー内蔵のパワーアンプのボードを塗装しています。




マツダ CX-3 デジタルプロセッサー内蔵のパワーアンプの取り付け 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.05.21 Sunday
いい音はアンプで決まる!

このCX-3は昨年にスピーカーをDIATONEのDS-G20に
変更し、パワードウーファーをロックフォードのPS-8を付けましたが
マツダ コネクトのため、オーディオ本体部分は交換も出来なく
音質調整機能はバス・トレぐらいしか付いていないので、ドイツ製の
今一番の高性能なデジタルプロセッサー HELIXの廉価モデル
MATCH PP-86 DSP DSP内蔵のパワーアンプを
取り付けします。
MATCHシリーズの場合、国産と輸入車の一部に適合した
変換アダプターが発売されています。それを使うと配線の加工なしで
取り付けができますが、このCX-3の場合はマイナーチェンジ後なので
カプラーの形状と前後のスピーカーラインの配列が違っていましたので
純正オーディオシステムの回路図を見ながら前後のスピーカーライン
を加工していきます。


↑    ↑
MATCH PP-86 DSP デジタルプロセッサー内蔵のパワーアンプ

↑    ↑
DIRECTOR コントローラーです。

↑    ↑
ネットワークをいじるためにドアの内張りを外しておきます。


↑    ↑
純正オーディオシステムの回路図







スバル WRX S4 新車 DIATONE SOUND.NAVIの調整 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.05.19 Friday
新車のWRX S4にオーディオシステムも組み終わり、外注での
ボディーコーティングも終わり、今日はMOSCONIのパワーアンプ
A CLASSを長時間動かして、A級動作のアンプ特有の
熱の発生でパワーアンプが止まらないか?確認をしてから 
DIATONE SOUND.NAVIのNR-MZ100PREMIの
タイムアライメントやクロスオーバーの調整をします。

↑   ↑
ボディーコーティングからあがって来ました。
新車でも出す前と後では輝きが違います。


↑   ↑
DD-1を使ってアンプのゲインを調整しています。






スバル WRX S4 新車 MOSCONI A CLASS パワーアンプの取り付け 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.05.16 Tuesday
いい音はアンプで決まる!

新車のWRX S4にオーディオシステムを組んでいます。
以前使っていたDIATONE SOUND.NAVIの
NR-MZ100PREMIとパワードウーファー KICKER
HS-8も付け終わり、MOSCONIのパワーアンプ A級動作の
A CLASSを付けて行きます。明日と明後日はボディーコティング
を外注に出すため、今日中には音出しをしたいと思います。

↑   ↑
モスコニ A CLASSは繊細できれいな音を奏でます。

↑   ↑
M&M DESIGNのRCA出力ハーネス MR−2200

↑   ↑
バッ直・ACC・リモート電源にはM&M DESIGNの
ケーブルダイレクトジョイントを使っています。


↑   ↑
DD-1を使って、サウンドナビのボリュームの歪みポイントを
調べています。

↑   ↑
バックカメラの調整をしています。

↑   ↑
パワードウーファーは運転席の凹に収めています。

↑   ↑
4Gのバッ直ケーブルはエンジンルーム内の部分にはコルゲートチューブ
で保護しています。





スバル WRX S4 新車 GLADEN スピーカーの取り付け 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.05.15 Monday
新車のWRX S4にロシア製のStP GOLD AEROで
フロントドアのデッドニング施工は終わりましたが、春に続き
GOLD AEROがまた欠品のため、リアドアのデッドニングは
入荷しだい施工をする予定です。
フロントドアにはGLADENのスピーカー、リアドアには
DIATONEのスピーカーを付けています。ヘッドユニットの
SOUND.NAVIまで今日中に仕上げます。

↑   ↑
GLADEN ZERO AEROSPACE 165.2

↑   ↑
DIATONE DS-G500


↑   ↑
ツィーターは純正の位置です。

↑   ↑
インナーパネルもほぼ全面貼りです。







スバル WRX S4 新車 StP GOLD AEROでデッドニング施工 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.05.14 Sunday
いい音はデッドニングで決まる!

新車のWRX S4にスピーカーを付けますが、その能力を発揮
してもらうために、ロシア製のStP GOLD AEROで
デッドニング施工をしています。
インナーパネルとアウターパネルにほぼ全面貼りでGOLD AERO
を貼っています。

↑   ↑
インナーパネルはほぼ全面貼りでGOLD AERO
を貼っています。

↑   ↑
GOLD AEROの上にNG04 Premium
を貼っています。

↑   ↑
スピーカーの背面にはレアルシルト・ディフュージョン
を貼っています。




| 1/101PAGES | >>