カロッツェリア スピーカーの取り付けとデッドニング施工 ホンダ フリード 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.10.11 Thursday
「Aさん」は以前BMWにプロセッサーやパワーアンプなどを
交換して頂きました。今回は奥様のフリードを良い音にするために
カロッツェリアのスピーカーに交換して、その能力を引き出すために
デッドニング施工をしています。ただフリードの場合、ドアの厚みと
ガラスが少しスピーカー周りまで下がるので、奥行きの少ない
16cmのスピーカーにしています。

↑    ↑
カロッツェリア TS-C1630S

↑    ↑
オーディオテクニカ アクワイエ AT7505RとAT7550R

↑    ↑
ギボシ端子部分をダイレクト・ロジウム端子に入れ替えます。


↑    ↑
デッドニングをする前にインナーバッフルを付けて、
スピーカーを当てて干渉するか確かめています。


↑    ↑
アウターパネルには、専用の丸い制振材と短冊形のインパクトビーム用の
制振材を貼っています。

↑    ↑
位相テスターを使いスピーカーの+と−を調べています。

↑    ↑
接続端子はダイレクト・ロジウム端子に入れ替えています。

↑    ↑
黒い丸の部分が共振している箇所です。

↑    ↑
内張りクリップダンパーを付けています。



↑    ↑
簡易アナライザーを使い、車内を測定してイコライザーを
調整してあります。









DIATONE SOUND.NAVI MZ200 PREMI-2の取り付け ホンダ シャトル ハイブリッド 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.10.02 Tuesday
シャトル ハイブリッドはDIATONE SOUND.NAVI
NR-MZ100スタンダードモデルが付いていますが、今回
NR-MZ200 PREMI-2をマルチシステム仕様で付ける
ためMOSCONI ONE80.4のパワーアンプの配線を
変更しています。マルチシステムでの接続になっているので、
フロントチャンネルにLOWレンジスピーカーを接続
リチャンネルにHIレンジスピーカーを接続しています。
初期画面でシステムの構築をしてから、DD-1を使って
MZ200 PREMI-2のボリュームの歪みポイントを調べ、
パワーアンプのゲイン調整をしてからタイムアライメントや
クロスオーバーの設定をしています。

↑   ↑
SOUND.NAVI NR-MZ200 PREMI-2


↑   ↑
オーディオテクニカ レグザット AT-RX97EXを
SOUND.NAVIに付いているUSBの本体側端子を
加工して直に付けます。

↑   ↑
SOUND.NAVIのヒューズをロジウムヒューズに変えます。

↑   ↑
ダイレクト・ロジウム端子を使います。

↑   ↑
ステップとシートのマスキングテープはオーナーさんの
シートの位置です。

↑   ↑
M&M DESIGN ケーブルダイレクトジョイント
SDJ-01

↑   ↑
MOSCONI ONE80.4をマルチシステムに変更しています。

↑   ↑
SDJ-01を使って、スピーカーケーブルを線材同士を
ダイレクトに結んでいます。

↑   ↑
SDJ-01を伸縮チューブを使い保護しています。

↑   ↑
ここまで外さないとナビが外れません。

↑   ↑
エレクトロタップが気になるので、外して半田付けに変更します。

↑   ↑
常時電源のヒューズをロジウムヒューズに変えています。

↑   ↑
TVアンテナは貼り換えしています。アンテナは消耗品ですので。

↑   ↑
リアカメラのガイド線の調整をしています。

↑   ↑
初期設定画面でシステムの構築をしています。


↑   ↑
ボリュームの歪みポイントを調べています。

↑   ↑
パワーアンプのゲイン調整をしています。


↑   ↑
レーザー距離計を使って、スピーカーまでの距離を測り
タイムアライメントに入力します。

↑   ↑
EMMAのCDを使って、タイムアライメントをもう少し
微調整します。

↑   ↑
クロスオーバーの設定をしています。

↑   ↑
簡易アナライザーを使って車内を測定して
イコライザーを調整しています。






ロシア製 STP Aeroでデッドニング施工 ホンダ N-ONE 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.08.25 Saturday
N-ONEのオーナーさんがドアを締めた時の音を改善したいとの
事でアウターパネルだけに制振材を貼ります。
定評のあるロシア製STPを使います。
STP Aeroは、耐水性に優れた外部環境に強いブチルラバー
を主成分とする層とアルミニウム層という2層構造になっています。
耐熱温度は−45度〜+100度の範囲になります。柔軟性があり
弾力性があるため複雑な表面に張ることが出来、制振性能に優れています。
STP Aero Flexは断熱性能の高い特殊発泡ゴムと接着剤層
で形成された遮音・断熱・吸音シートです。耐熱温度は−200度〜
+150度の範囲になります。柔軟性に優れ様々な曲面へ貼り付けが
可能です。

↑   ↑
STP Aero

↑   ↑
STP AeroFlex

↑   ↑
アウターパネルにほぼ全面貼りで施工します。


↑   ↑
アウターパネルをSTP Aeroを使ってデッドニングをしています。





MOSCONI パワーアンプ AS100.4の取り付け ホンダ N-ONE 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.08.22 Wednesday
いい音はアンプで決まる!

N-ONEはヘッドユニットがDIATONE SOUND.NAVI
のMZ100 PREMIを使いスピーカーはDIATONEの
DS-G20、パワードウーファーはKICKERのHS8を
使っています。MOSCONIのパワーアンプを使って
マルチシステムで鳴らします。
MOSCONIのパワーアンプをトランクに収めるために
アンプラックを作り収めます。
電源ケーブルは4Gを使っていますが、助手席側にはスペースが無く
運転席側にスペースがありました。スピーカーケーブルを後ろまで
引いています。よく店によっては左右の長さが違って、どちらかが
短い長さでケーブル引いていますが、スピーカーケーブルの長さは
左右同じにしなくてはいけません。

↑   ↑
MOSCONI AS100.4

↑   ↑
オーディオテクニカ レグザット AT-RX23

↑   ↑
M&M DESIGN MR-1700

↑   ↑
ヒューズはDCTクライオ ヒューズを使います。

↑   ↑
SOUND.NAVIの常時電源ヒューズをロジウムのヒューズ
にします。

↑   ↑
トランクにラックを作ってパワーアンプを収めます。

↑   ↑
ラックの大きさを図面に起こしています。

↑   ↑
ラックの1段目は電源関係、2段目がパワーアンプです。


↑   ↑
タイヤを外して、電源ケーブルを通しています。

↑   ↑
4Gケーブルにはコルゲートチューブを使って保護しています。

↑   ↑
スピーカーケーブルをドアに引き込んでいます。

↑   ↑
MAXIヒューズはDCTクライオ ヒューズを使っています。

↑   ↑
SOUND.NAVIの常時電源ヒューズをロジウムのヒューズ
にしています。


↑   ↑
スピーカーの端子はダイレクト・ロジウム端子にしています。

↑   ↑
初期設定画面でシステムの構築をしています。


↑   ↑
DD-1を使ってサウンドナビのボリュームの歪みポイントを
調べています。

↑   ↑
DD-1を使ってアンプのゲイン調整をしています。


↑   ↑
タイムアライメントとクロスオーバーを設定しています。

↑   ↑
簡易アナライザーで車内を測定して、イコライザーを調整
しています。


↑   ↑
アンプの顔が見えるようにしています。

↑   ↑
その上に純正のボードを載せられるようにしています。





DIATONE SOUND.NAVIの取り付け ホンダ フィット 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.08.11 Saturday
フィットに付いているALPINEのナビゲーション VIE-X08
を取り外しています。このナビは今から8年前のモデルです。
当時はこのVIE-X08はタイムアライメントやクロスオーバーの
設定ができる画期的な機能を搭載していましたが、今では各メーカー
から同じ機能を搭載しているナビゲーションが沢山出ています。
中古ですが音質に定評のあるDIATONE SOUND.NAVIを
付けています。audisonのパワーアンプが付いているので
DD-1を使ってゲイン調整をしています。

↑   ↑
ALPINE VIE-X08

↑   ↑
DIATONE SOUND.NAVI NR-MZ90 PREMI

↑   ↑
配線はギボシ端子を使わずに、半田付けで処理しています。


↑   ↑
サウンドナビのボリュームの歪みポイントを調べています。

↑   ↑
audison voce AV5.1K
AとBチャンネルはAクラス、CとDチャンネルはABクラス、
SWのチャンネルはDクラスです。

↑   ↑
DD-1を使ってゲイン調整をしています。

↑   ↑
初期設定画面でシステムの構築をしています。

↑   ↑
レーザー距離計を使ってタイムアライメントを測ります。


↑   ↑
タイムアライメントとクロスオーバーを設定しています。

↑   ↑
簡易アナライザーを使って車内を測定して、
イコライザーを調整しています。






カロッツェリア GM-1400供.僖錙璽▲鵐廚亮茲衂佞院.曠鵐澄.侫ット ハイブリッド 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.07.03 Tuesday
いい音はアンプで決まる!

フィット ハイブリッドにカロッツェリアのお買い得なパワーアンプを
取り付けしています。ヘッドユニットは純正ナビで内蔵アンプで鳴らして
いましたが、今回はカロッツェリアのGM-D1400供。隠娃娃廖滷苅磽
のパワーアンプにしています。
カロッツェリアのGM-D1400兇離僖錙璽▲鵐廚魯灰鵐宗璽襪領側に
付けることを考えてケーブルを1.5mの長さですが、熱のこもるような所に
置きたくないのでシート下までケーブルを伸ばしています。

↑    ↑
カロッツェリア GM-D1400

↑    ↑
純正ナビなのでスピーカーラインからのハイレベルで配線をします。

↑    ↑
ケーブルを50cm程延長します。

↑    ↑
半田付けして、伸縮チューブを使っています。


↑    ↑
シートの下に固定しています。

↑    ↑
簡易アナライザーを使って車内を測定して
純正ナビのイコライザーを調整します。





ロシア製 STP AeroFlex 10でフロア対策 ホンダ フィット 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.07.01 Sunday
ロシア製 STP AeroFlex 10で施工をしています。
この製品は純正フロアカーペットとフロアボディーの間に入れます。
従来のフロアの施工にはBOMB AEROやGOLD AEROを
使い大がかりな施工作業で料金も掛かりましたが、
AeroFlex 10でしたら施工時間も短縮でき安くフロアの
対策ができます。AeroFlex 10の特徴は、断熱性能の
高い特殊発泡PPE層と接着剤層で形成され遮音と断熱する効果
があります。
耐熱温度は一般的な環境下である−45度〜+70度になります。

↑    ↑
STP AeroFlex 10


↑    ↑
シートを外して施工をします。

↑    ↑
型紙を作ります。



↑    ↑
フロアカーペットとフロアボディーの間に入れます。




カロッツェリア GM-D1400供.僖錙璽▲鵐廚亮茲衂佞院.曠鵐澄。-ONE 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.06.26 Tuesday
いい音はアンプで決まる!

N-ONEにカロッツェリアのお買い得なパワーアンプを取り付け
しています。ヘッドユニットはDIATONE SOUND.NAVI
のMZ100PREMIで内蔵アンプで鳴らしていましたが、今回は
カロッツェリアのGM-D1400供。隠娃娃廖滷苅磽茲離僖錙璽▲鵐
にしました。

↑    ↑
カロッツェリア GM-D1400


↑    ↑
RCAケーブルとリモート電源を引きます。


↑    ↑
ダイレクト・ロジウム端子を使っています。

↑    ↑
仮組で音を出しています。

↑    ↑
シートの下に収めています。

↑    ↑
初期設定画面で内蔵アンプから外部アンプに変更しています。


↑    ↑
タイムアライメントとクロスオーバーを再設定しています。

↑    ↑
簡易アナライザーで車内を測定しています。





オーディオテクニカ デジタルトランスポート D/Aコンバーターの取り付け  ホンダ シャトル ハイブリッド 長野県 長野市 デッドニング スピーカー カーナビ オーディオ カーグッズ ゼロ

2018.05.27 Sunday
シャトル ハイブリッドにデジタルトランスポート D/Aコンバーター
の取り付けをしました。
ハイレゾプレーヤーやスマートフォンからのハイレゾ音源を高音質で
カーオーディオに出力します。
PCM32〜192KHz/32bit、DSD64、DSD128に対応。
SAVITECH社製BRAVO−HD SA9226の
USB Audio ICと高音質DACのAKM社製AK4452
を採用しています。超低歪みでローノイズのオペアンプTI社製
RC4580を採用。不要な歪みを抑えて透き通った中高域を
再生します。アシンクロナス方式に対応するUSB DACで、
スムーズなデータ交換が可能。接続機器により変更できる
最大出力切替スイッチを搭載しています。

↑    ↑
デジタルトランスポート D/Aコンバーター AT-HRD500

↑    ↑
USBケーブル AT-RX97

↑    ↑
RCAケーブル AT-RS250

↑    ↑
ナビを外すに、ここまで外さないとナビが外れません。

↑    ↑
18金メッキの端子を使っています。

↑    ↑
SOUND.NAVIなので出力レベルを2.0Vmsに設定しています。

↑    ↑
運転席の下に置いています。

↑    ↑
iPoneやiPodはUSBケーブルに接続します。

↑    ↑
去年の12月にサブウーファーを付け換えたので
クロスオーバーを設定します。


↑    ↑
タイムアライメントとクロスオーバーを再設定しています。

↑    ↑
車内を簡易アナライザーで測定して、イコライザーを調整しています。


オーナーさんが試聴して
「全体的に音が凄くきれいです。」
「低音は締まっていて、ボーカルの音はきれいです。」
「付けて良かったです。」

と喜んで頂きました。



オーディオテクニカ デジタルトランスポート D/Aコンバーターの取り付け  ホンダ N-ONE 長野県 長野市 デッドニング スピーカー カーナビ オーディオ カーグッズ ゼロ

2018.05.24 Thursday
N-ONEにデジタルトランスポート D/Aコンバーターの取り付け
をしました。ご夫婦揃って音楽好きな方たちです。このN-ONEは
奥様のクルマです。
ハイレゾプレーヤーやスマートフォンからのハイレゾ音源を高音質で
カーオーディオに出力します。
PCM32〜192KHz/32bit、DSD64、DSD128に対応。
SAVITECH社製BRAVO−HD SA9226の
USB Audio ICと高音質DACのAKM社製AK4452
を採用しています。超低歪みでローノイズのオペアンプTI社製
RC4580を採用。不要な歪みを抑えて透き通った中高域を
再生します。アシンクロナス方式に対応するUSB DACで、
スムーズなデータ交換が可能。接続機器により変更できる
最大出力切替スイッチを搭載しています。

↑    ↑
デジタルトランスポート D/Aコンバーター AT-HRD500

↑    ↑
コアキシャルデジタルケーブル AT-RS95

↑    ↑
USBケーブル AT-RX97

↑    ↑
助手席の下に置いています。

↑    ↑
ナビはDIATONE SOUND.NAVI MZ100PREMI

↑    ↑
FiioのX5はコアキシャルデジタルケーブルに
iPodやiPhoneはUSBケーブルに接続しています。







| 1/12PAGES | >>