カロッツェリア FH-9200DVDとTS-V172Aの取り付け スバル ステラ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.07.27 Thursday
ステラのヘッドユニットはDVDも再生できる2DINユニットの
FH-9200DVDです。バックカメラの画像を映すことができます。
パワーアンプを付けるのでDD-1でボリュームの歪みポイントも
測っています。デッドニングもするのですが、ロシア製のStP
GOLD AEROが欠品しているのでスピーカーを先に付けておきます。
フロントドアから車内にスピーカーケーブルを引き入れパワーアンプを
収めるトランクまで引き回しています。スピーカーケーブルは左右同じ
長さにしています。店によっては左右で長さが違うところがあります。

↑   ↑
カロッツェリア FH-9200DVD

↑   ↑
カロッツェリア TS-V172A


↑   ↑
エレクトロタップを取り除き、半田付け処理をしています。

↑   ↑
バックカメラを付けています。

↑   ↑
ギボシ端子をダイレクト・ロジウム端子に入れ替えています。


↑   ↑
DD-1を使って、ヘッドユニットのボリュームの歪みポイント
を調べています。

↑   ↑
バックカメラの動作確認

↑   ↑
スピーカーケーブルを新たに引いています。

↑   ↑
スピーカー端子をダイレクト・ロジウム端子に変えています。







DIATONE SOUND.NAVI NR-MZ200 PREMIの取り付け スバル エクシーガ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.07.24 Monday
エクシーガのデッドニング施工はロシア製StPを使ってアウターと
インナーをほぼ全面貼りで施工しています。スピーカーはDIATONE
DS-G20を付けています。DIATONE SOUND.NAVI 
NR-MZ200 PREMIの内蔵アンプでツィーターとミッドウーファー
をそれぞれ1chづつ割り当てて行くバイアンプ方式で接続してゆきます。
仮組で動作確認をしたのですが、バックカメラが作動しませんので配線回路
をチェックしたらディーラーでナビを付けていたので信用してバックの配線の色
紫/白にしたのですが途中で緑色の配線に変わっていました。
通常、緑色はパーキングブレーキ・車速はピンク色・バック信号は紫/白色に
決まっているのですが。

↑   ↑
DIATONE SOUND.NAVI NR-MZ200 PREMI
音の良さでは、SOUND.NAVIに勝るヘッドユニットはありません。

↑   ↑
タイラップやエレクトロタップを沢山使っていました。
取り除くのに一苦労しました。


↑   ↑
SOUND.NAVI NR-MZ200 PREMIの
バッ直電源ヒューズをロジウムヒューズに交換しています。


↑   ↑
SOUND.NAVI NR-MZ200 PREMIの
電源回路とスピーカー回路の端子をダイレクト・ロジウム端子
に交換しています。

↑   ↑
ディーラーの配線を信じてバック信号を取ったのですが...
コネクターを介して配線の色が変わっています。


↑   ↑
バックカメラの設定をしています。



↑   ↑
アライメントとクロスオーバーの設定をしています。

↑   ↑
簡易アナライザーを使って車内を測定して、イコライザーを
調整しています。






パワーアンプ MBクオートの取り付け スバル ステラ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.07.14 Friday
いい音はアンプで決まる!

パワーアンプを使うため電源ケーブルをバッテリーから直に取ります。
フロントドアから車内にスピーカーケーブルを引き入れパワーアンプを
収めるトランクまで引き回しています。スピーカーケーブルは左右同じ
長さにしています。店によっては左右で長さが違うところがあります。
小さな事かも知れませんが拘りも大切です。

↑   ↑
GSユアサのロングライフバッテリー

↑   ↑
バッ直4Gケーブルにコルゲートチューブを巻いています。

↑   ↑
金メッキのケーブルエンドターミナルを使っています。


↑   ↑
この様な感じにリアトランクにパワーアンプと電源周りを収めます。

↑   ↑
ケーブル類を後ろまで引き回します。


↑   ↑
パワーアンプを見せるためにボードを作っています。


↑   ↑
DD-1を使って、パワーアンプのゲインを調整しています。


↑   ↑
アライメントとクロスオーバーの設定をしています。

↑   ↑
簡易アナライザーを使って車内を測定して、イコライザーを調整しています。







StP GOLD AEROでデッドニング施工 スバル エクシーガ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.07.13 Thursday
いい音はデッドニングで決まる!

納車されたばかりのエクシーガです。
今回のメニューはナビをDIATONE SOUND.NAVI
NR-MZ200PREMIに入れ替え、スピーカーはDIATONE
のDS-G20を内蔵アンプでバイアンプ仕様にします。そして
スピーカーの能力を引き出すためにデッドニングをします。
配線をタイラップでいたるところを固定していますので外すに
手間取りました。フロントドアのデッドニング施工から始めます。
デッドニング部材は話題のロシア製StPを使ってアウターと
インナーをほぼ全面貼りで施工します。StPの考えは
250Hz以下の中・低周波と250Hz以上の中・高周波を
1種類の素材や同じアイテムで抑制・吸収するのは不可能と考え、
中・低周波をブチル+アルミ系の素材で、中・高周波を
ポリウレタンフォーム系の素材で対応という考えです。

↑   ↑
DIATONE DS-G20
ツィーターとミッドウーファーそれぞれにネットワークが付いています。

↑   ↑
StP GOLD AERO

↑   ↑
StP NG04 Premium

↑   ↑
StP CRYSTAL PREMIUM

↑   ↑
アウターパネルにGOLD AEROを貼っています。

↑   ↑
GOLD AEROの上にNG04 Premiumを貼っています。

↑   ↑
スピーカーの背面にはアコースティックレンズの
CRYSTAL PREMIUMを貼っています。

↑   ↑
インナーパネルにGOLD AEROをほぼ全面貼りしています。

↑   ↑
マグネットの大きさの純正との比較です。
国産のスピーカーの中でもDS-G20は大きいです。


↑   ↑
スピーカーの接続端子はダイレクト・ロジウム端子に変えてあります。











CUSCO パワーブレースの取り付け スバル レヴォーグ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.07.11 Tuesday
レヴォーグに以前、ビルシュタインのB14車高調整サスペンションキット
を組み、走行性能も上がったのですがより走行性能を上げるために
CUSCOのパワーブレースを整備工場で組んでいます。
モータースポーツのノウハウを注入してボディ剛性を強化。
ボディからメンバー間の捻れや歪みを抑えて、サスペンション本来の
正確な動きをとりもどす効果も抜群です。この高強度ボディ補強によって
応力を分散しボディの経年劣化も抑制します。

↑   ↑
フロントメンバー

↑   ↑
フロントサイド

↑   ↑
リヤラテラル・スタビとリヤメンバーサイド

↑   ↑
リヤメンバー

↑   ↑
リヤエンド





KICKER パワードウーファー HS8の取り付け スバル レヴォーグ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.06.08 Thursday
レヴォーグにパワードウーファーを付けています。ドアの17cm
スピーカーでは低音不足なので迫力の重低音が出るKICKER 
HS8を取り付けしています。
レヴォーグは座席下に凹があります。その凹ギリギリにKICKER
のHS8は付きます。ちなみにロックフォードのパワードウーファー
PS-8はシートレールに干渉します。

↑   ↑
KICKERのパワードウーファー HS8

↑   ↑
この凹にKICKERのHS8を収めます。
シートレールにギリギリに収まります。


↑   ↑
パワードウーファー HS8を凹に収めています。

↑   ↑
パワードウーファーのコントローラーです。

↑   ↑
タイムアライメントを設定しています。

↑   ↑
各スピーカーのX-OVERを設定しています。

↑   ↑
簡易アナライザーを使って車内を測定して、イコライザーを調整しています。








ロシア製 StP GOLD AEROでデッドニング施工 スバル レヴォーグ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.06.06 Tuesday
いい音はデッドニングで決まる!

前後ドアのデッドニング施工をしています。
デッドニングは話題のロシア製StPを使ってアウターとインナーを
施工します。StPの考えは250Hz以下の中・低周波と250Hz
以上の中・高周波を1種類の素材や同じアイテムで抑制・吸収するのは
不可能と考え、中・低周波をブチル+アルミ系の素材で、中・高周波を
ポリウレタンフォーム系の素材で対応という考えです。

↑   ↑
StP GOLD AERO

↑   ↑
StP NG04 PREMIUM

↑   ↑
StP CRYSTAL PREMIUM

↑   ↑
アウター部分はGOLD AEROでほぼ全面貼りです。

↑   ↑
GOLD AEROの上に規定の面積量を貼ります。

↑   ↑
スピーカーの背面部分にはCRYSTAL PREMIUM
を貼っています。

↑   ↑
樹脂製のインナーバッフルに制振材を巻いています。


↑   ↑
インナー部分のサービスホールは埋めましたが、90%以上の
ほぼ全面貼りをします。

↑   ↑
スピーカーの端子はダイレクト・ロジウム端子に入れ替えをしています。


↑   ↑
スピーカーの廻りに専用の音漏れ防止用スポンジを巻いています。














スプレー式制振材でフェンダーハウス内のデッドニング施工 スバル レヴォーグ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.06.02 Friday
タイヤフェンダー周りのデッドニングにはスプレー式の制振材と
StPの制振材を使って施工していきます。
ェンダーインナーカバーを外し中性洗剤でフェンダーハウス内と
インナーカバーを洗い乾燥させていきます。
フェンダーハウス内を新聞紙でマスキングして、ビートソニックの
スプレー式制振材 ノイズレデューサーをタイヤハウス内側と
インナーカバーに何回にも分けて吹いています。

↑   ↑
スプレー式制振材 ノイズレデューサーを使います。


↑   ↑
フェンダーインナーカバーを外した状態

↑   ↑
新聞紙でマスキングしています。

↑   ↑
インナーカバーに吹いて乾かします。
これを何回も繰り返します。


↑   ↑
タイヤハウス内に吹いて乾かします。
これを何回も繰り返します。


↑   ↑
インナーカバーにStPのGOLD AERO
を貼っています。


↑   ↑
StPのGOLD AEROの上にNG PREMIUM
を貼っています。


↑   ↑
車両側にもStPのGOLD AERO
を貼っています。


↑   ↑
インナーカバーを戻して完成です。






サーキットデザイン エンジンスターターの取り付け スバル レヴォーグ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.06.01 Thursday
レヴォーグにサーキットデザインのエンジンスターターを
取り付けしています。
このエンジンスターターはスペアキーを車内に隠すことなく
取り付けできますので安心です。結線はエレクトロタップを
使わずに、半田付けで結線しています。

↑   ↑
サーキットデザインのエンジンスターター NEXT LIGHT


↑   ↑
結線はエレクトロタップを使わず、半田付けでしています。

↑   ↑
エンジンスターターのアンテナは隠しています。







KICKER パワードウーファー HS8の取り付け スバル レヴォーグ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.05.20 Saturday
重低音を補うために座席下に、迫力の重低音が出るKICKER HS8
のパワードウーファーを付けます。
レヴォーグは座席下に凹があります。その凹ギリギリにKICKER
のHS8は付きます。ちなみにロックフォードのパワードウーファー
PS-8はシートレールに干渉します。

↑   ↑
KICKERのパワードウーファー HS8

↑   ↑
この凹にKICKERのHS8を収めます。
シートレールにギリギリに収まります。

↑   ↑
バッ直電源はバッテリーから引き回します。エンジンルーム内は
コルゲートチューブを巻いて保護しています。

↑   ↑
凹ギリギリにKICKERのHS8が収まっています。


↑   ↑
コントローラーは手元に付けています。


↑   ↑
タイムアライメントとX-OVERを設定しています。

↑   ↑
簡易アライメントで車内を測定して、イコライザーを調整しています。








| 1/15PAGES | >>