オーディオテクニカ ノイズコントロール プラグ AT-RXP06の取り付け スバル レヴォーグ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.08.02 Thursday
レヴォーグに発売されたばかりのノイズコントロール プラグを
取り付けしました。
ノイズを抑えS/N比が向上し、音質改善に貢献します。
機器側で生じる微細振動まで制振する真鍮製で、プラグ内部に
高い制振効果を発揮するハネナイトシートを採用しています。
センターピンを取り外せば、機器の出力側にも対応可能です。

↑   ↑
ノイズコントロール プラグ AT-RXP06

↑   ↑
サブウーファーのパワーアンプの出力側にはセンターピンを
外して付けています。

↑   ↑
プロセッサーの入力側にはセンターピンを付けています。

ロシア チェルノフ RCAケーブルの交換 スバル レヴォーグ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.06.30 Saturday
レヴォーグのオーナーさんが高級なRCAケーブルにするとどう違うのか?
と質問されて、イースコーポレーションに頼み、イベントの無い時に
高音質なチェルノフケーブルのRCAケーブルとUSBケーブルを
貸し出しをして頂き試聴をしました。今までのと聴き比べると
ステージが広く、女性のボーカル音は透明感があり、息づかいまで
繊細に聴こえ、アコスティックギターは弦をはじいた響きや余韻まで
再現してくれます。オーナーさんはすっかり気に入ってくれました。
チェルノフはロシアで設立され、現在はドイツのベルリンに本拠を
置いています。


↑   ↑
チェルノフ RCAケーブル クラシック

↑   ↑
チェルノフ USBケーブル リファレンス

↑   ↑
DIATONE SOUND.NAVI MZ300 PREMI


↑   ↑
RCAケーブルが太いので取り回しが大変です。

↑   ↑
ヘリックスのデジタルプロセッサーの出力側です。

↑   ↑
RSAUDIOのパワーアンプ側です。

↑   ↑
USBケーブルを変えています。





KICKER パワードウーファー HS8の取り付け スバル WRX STi 新車 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.06.16 Saturday
WRX STiにKICKERのパワードウーファー HS8
とオーディオテクニカのデジタルトランスポートD/Aコンバーター 
AT-HRD500そして、ETCの取り付けをしています。

↑   ↑
KICKER パワードウーファー HS8

↑    
オーディオテクニカのデジタルトランスポートD/Aコンバーター 
AT-HRD500

↑   ↑
オーディオテクニカ レグザット USBケーブル 
AT-RX97/1.3

↑   ↑
ETCはパナソニック CY-ET925KD

↑   ↑
パワードウーファーは凹に収めています。

↑   ↑
ウサブウーファーのコントローラー

↑   ↑
デジタルトランスポートD/Aコンバーターの電源と
RCAケーブルを助手席の下まで引いています。

↑   ↑
ETCの電源ケーブルを短くしています。




DIATONE スピーカー DS-G500の取り付け スバル WRX STi 新車 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.06.14 Thursday
WRX STiにDIATONEのスピーカーDS-G500を
内蔵アンプでネットワークを外してマルチシステムで組み付けます。
インナーバッフルはM&M DESIGNのインナーバッフルベース
とアルミバッフルを使っています。スピーカーケーブルは新たに
引き直しています。

↑   ↑
DIATONE DS-G500

↑   ↑
M&M DESIGN アルミ インナーバッフルベース

↑   ↑
アルミバッフル

↑   ↑
スピーカーケーブルはオーディオテクニカ AT-RS150を
ドアに通しています。

↑   ↑
アルミ インナーバッフルベースを固定します。

↑   ↑
アルミ インナーバッフルベースの上にアルミバッフル
を固定します。

↑   ↑
ツィーターはスタンドを使っています。




ロシア製 StP Aero でデッドニング施工 スバル WRX STi 新車 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.06.13 Wednesday
いい音はデッドニングで決まる!

WRX STiのデッドニング施工はフロントドアにDIATONE
のスピーカーDS-G500を使いますが、リアはスピーカーを
付けませんがオーナーさんがドアの締まり音を良くしたいとのことなので
リアドアはアウターのみを施工しています。
デッドニングは話題のロシア製StPを使ってアウターとインナーを
施工します。StPの考えは250Hz以下の中・低周波と250Hz
以上の中・高周波を1種類の素材や同じアイテムで抑制・吸収するのは
不可能と考え、中・低周波をブチル+アルミ系の素材で、中・高周波を
ポリウレタンフォーム系の素材で対応という考えです。
今回StPはモデルが変わりました。以前のモデルの時にアルミシート
が途中で廃番になりましたが、今回のモデルで新たに販売されましたので
アルミシートを使って施工して行きます。

↑   ↑
STP Aero 厚さが少し厚くなりました。

↑   ↑
STP Aero Alum
大きなサービスホールの穴を埋めてその上に制振材をはります。

↑   ↑
STP Aero Flex 6
厚さが少し厚くなりました。

↑   ↑
レアルシルト・ディフュージョン


↑   ↑
Aeroをアウターパネルにほぼ全面貼りしています。
リアドアの施工です。

↑   ↑
Aero Flex 6を貼っています。
リアドアの施工です。

↑   ↑
Aeroをアウター側にほぼ全面貼りしています。

↑   ↑
Aeroの上にAero Flex 6を貼っています。

↑   ↑
レアルシルト ディフュージョンをスピーカーの背面に
貼っています。

↑   ↑
Aero Alumシートでサービスホールを塞いでいます。

↑   ↑
Aero Alumシートの上にAeroを貼っています。

↑   ↑
これでデッドニングは完成です。





DIATONE SOUND.NAVI NR-MZ300 PREMIの取り付け スバル WRX STi 新車 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.06.11 Monday
WRX STiの新車です。納車されてすぐに来られました。
走行距離が18kmです。
WRX STiにDIATONE SOUND.NAVI 
NR-MZ300 PREMIを取り付けしています。
NR-MZ300 PREMIは8インチの大画面モニターで
7インチモニターの約40%の大画面です。
SOUND.NAVIはTIバーブラウン製アドバンスド32bit
D/Aコンバーターを搭載して、64bit演算コアアジャスタブル
FIR DSPを使っています。市販のオーディオヘッドユニット
では一番すぐれていると思います。
今回はDIATONEのスピーカーDS-G500を内蔵アンプで
ネットワークを外してマルチシステムで組み付けています。


↑   ↑
走行距離が18kmの新車です。

↑   ↑
DIATONE SOUND.NAVI NR-MZ300 PREMI

↑   ↑
カロッツェリアのバックカメラND-BC8


↑   ↑
電源周りはM&M DESIGNのケーブルダイレクトジョイント
を使っています。

↑   ↑
スピーカー周りはダイレクト・ロジウム端子を使っています。

↑   ↑
初期設定画面でシステムの構築をしています。


↑   ↑
DD-1を使って、ボリュームの歪みポイントを調べています。

↑   ↑
レーザー距離計でタイムアライメントの数値を計測しています。


↑   ↑
タイムアライメントとクロスオーバーを設定しています。

↑   ↑
簡易アナライザーで車内を測定して、イコライザーを調整しています。




オーディオテクニカ デジタルトランスポート D/Aコンバーターの取り付け  スバル フォレスター 長野県 長野市 デッドニング スピーカー カーナビ オーディオ カーグッズ ゼロ

2018.06.04 Monday
フォレスターにデジタルトランスポート D/Aコンバーター
の取り付けをしました。このクルマにはオーディオテクニカの
HDMIトランスポートが付いています。音の比較ができます。
当初はデジタルトランスポートにD/Aコンバーター
が内蔵されているのでRCAケーブルで配線をする予定でしたが
ALPINEのプロセッサーにデジタル入力の回路が1つ空いているので
その回路を使うように変更しました。光のデジタルケーブルを使っています。
ハイレゾプレーヤーやスマートフォンからのハイレゾ音源を高音質で
カーオーディオに出力します。
PCM32〜192KHz/32bit、DSD64、DSD128に対応。
SAVITECH社製BRAVO−HD SA9226の
USB Audio ICと高音質DACのAKM社製AK4452
を採用しています。超低歪みでローノイズのオペアンプTI社製
RC4580を採用。不要な歪みを抑えて透き通った中高域を
再生します。アシンクロナス方式に対応するUSB DACで、
スムーズなデータ交換が可能。接続機器により変更できる
最大出力切替スイッチを搭載しています。

↑    ↑
デジタルトランスポート D/Aコンバーター AT-HRD500

↑    ↑
USBケーブル AT-RX97

↑    ↑
オプティカルデジタルケーブル AT-DV91D


↑    ↑
オーディオ専門店でシステムを組んだそうですが
ACC回路のギボシ端子にスリーブが付いていなく
絶縁もしてなかったです。

↑    ↑
端子は18金メッキ端子を使っています。

↑    ↑
運転席の下に付けています。

↑    ↑
iPoneやiPodはUSBケーブルに接続します。


オーナーさんが試聴して
「AT-DL5HDと聴き比べてもAT-HRD500の方が
 全体的に音が凄くきれいです。」
「低音は締まっていて、ボーカルの音はきれいで透明感のある音です。」
「今回付けて良かったです。」

と喜んで頂きました。






フランス製 BLAM スピーカーの取り付け スバル レヴォーグ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.05.20 Sunday
レヴォーグにフランス製 BLAM スピーカーを取り付け
しました。昨年の9月にBLAMやオーディソンなどの
輸入メーカーが倒産しましたが、この1月半ばより
「トライム」という輸入オーディオメーカーが出来
BLAMやオーディソンをまた販売できるようになりました。
元フォーカルのカーオーディオ部門にいた方がBLAMブランド
を立ち上げました。


↑    ↑
BLAM 165Multix L Mg

↑    ↑
ダイレクトロジウム端子を使います。


↑    ↑
音漏れ防止用スポンジをスピーカーの周りに貼っています。


↑    ↑
ツィーターにケーブルはM&M DESIGNの
ケーブルダイレクトジョイントで結線をして、
伸縮チューブを使っています。

↑    ↑
ツィーターは埋め込まずに外に出しています。

↑    ↑
SOUND.NAVI NR-MZ300 PREMI


オーナーさんが試聴して
「女性のボーカルが凄くきれいです。」
「程よい低域と高域が艶があってきれいなスピーカーです。」
「次はRCAケーブルを違うのに変えて楽しみたいですね。」

と喜んで頂きました。




カロッツェリア ND-DVR40 ドライブレコーダーの取り付け スバル レヴォーグ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.05.19 Saturday
今、各メーカーのドライブレコーダー欠品したり、品薄がつづいています。
ニュースであおり運転の報道が多く、事故などの証拠として画像で残せます
ので付ける方が多いそうです。
レヴォーグにカロッツェリアのドライブレコーダーの取り付けをしました。
このND-DVR40は台座が無い分だけ本体を上部に取り付ける
事ができ、フロントガラスにカメラのレンズが近くなるため
映り込みも抑えることができます。

↑   ↑
ドライブレコーダー カロッツェリア ND-DVR40
昨年12月に発売されたばかりのモデルです。

↑   ↑
電源はナビ裏から取っています。


↑   ↑
おすすめのドライブレコーダーです。





カロッツェリア スピーカーの取り付けとデッドニング スバル レヴォーグ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.05.18 Friday
いい音はデッドニングで決まる!

松本に勤務されている「Oさん」のレヴォーグです。
以前フロントのスピーカーとデッドニングをして頂きました。
今回はリアドアにカロッツェリアのスピーカーを取り付けして、
スピーカーの能力を引き出すためにデッドニング施工をします。
インナーバッフルとドアの隙間にシリコンを使って埋めて
一昼夜置いて乾かせています。

↑   ↑
カロッツェリア TS-F1730S

↑   ↑
オーディオテクニカ AT-7405

↑   ↑
位相テスターを使ってスピーカーの+と−を調べています。

↑   ↑
純正のスピーカーのマグネットは500円玉くらいの大きさです。


↑   ↑
ドアのインパクトビームには長細い制振材を貼っています。

↑   ↑
インナーバッフルとドアの隙間にシリコンを使っています。

↑   ↑
サービスホールを制振材で埋め、専用CDを使って
共振箇所を探します。

↑   ↑
赤いマークの箇所が共振箇所です。

↑   ↑
音漏れ防止用スポンジをスピーカーの周りに付けます。

↑   ↑
内張り用クリップダンパーを使っています。

↑   ↑
内張りを付けて完成です。


↑   ↑
純正オプションのDIATONE SOUNDナビですが
メーカーの車種別データーは使いません。マニュアルで
距離を測りタイムアライメントの再設定とクロスオーバーの
再設定しています。

↑   ↑
簡易アナライザーで車内を測定して、イコライザーを
調整しています。


オーナーさんが試聴して
「後ろも換えたことで音の広がりが凄いです。」
「再調整してもらい、また音が良くなっています。」
「通勤やドライブが楽しみになりました。」

と喜んで頂きました。



| 1/18PAGES | >>