フランス製 BLAM スピーカーの取り付け 代車 スバル ステラ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.10.01 Monday
代車のステラにフランス製 BLAMのスピーカーを取り付け
しています。今まで付いていたカロッツェリアのTS-V172
も良いスピーカーですが、外します。BLAMのスピーカーは
豊かな低域と透き通る高域が私自身好きなスピーカーです。
BLAMのスピーカーをネットワークを外しマルチシステム
での取り付けをしています。ヘッドユニットのカロッツェリア
のFH-9200DVDのサウンド調整、タイムアライメントと
クロスオーバーを設定して行きます。
パワーアンプはMB QUARTの4chでツィーターと
ミッドウーファーを鳴らしています。パワードウーファー
はロックフォードのPS-8を使っています。

↑   ↑
BLAM LIVEシリーズ 165.45を
マルチシステムで鳴らします。


↑   ↑
カロッツェリアのTS-V172を外します。

↑   ↑
取付口径が日本のスピーカーより大きいので
インナーバッフルを削ります。

↑   ↑
トリマーを使ってインナーバッフルの内側を削ります。


↑   ↑
ツィーターの接続部分をダイレクト・ロジウム端子を
使っています。


↑   ↑
ミッドウーファーの接続部分をダイレクト・ロジウム端子
を使っています。

↑   ↑
トリマーを使ってインナーバッフルの内側を削り、塗装しています。

↑   ↑
スピーカーの固定は8ヶ所を固定しています。

↑   ↑
ツィーターはダッシュボードです。

↑   ↑
スピーカーの周りには、音漏れ防止用スポンジを使っています。

↑   ↑
内張りのスピーカーの周りのリブを削っています。


↑   ↑
レーザー計測計を使ってスピーカーとの距離を測ります。

↑   ↑
クロスオーバーの設定をしています。

↑   ↑
簡易アライメントで車内を測定して、イコライザーを
調整しています。






DIATONE SOUND.NAVIのサウンド調整とスフィアライト 純正HID交換用バルブの取り付け スバル エクシーガー クロスオーバー7 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.09.20 Thursday
いつもお世話になっている病院の先生の奥様のエクシーガー 
クロスオーバー7の純正HIDバルブが暗いというお話を
頂き、おすすめの製品の安定性を考えスフィアライトの
純正HID交換バルブを付けます。
スフィアライトのバルブはフィリップス社製のUVカット
加工が施されたバルブにより、レンズ及びリフレクターは
守られます。
純正オプションのDIATONE SOUND.NAVIの
タイムアライメントやクロスオーバーの設定と簡易アナライザー
を使って車内を測定して、イコライザーの調整をしています。

↑   ↑
スフィアライト 純正HID交換用バルブ
D2R 6000K

↑   ↑
仮止めで点灯確認をしています。

↑   ↑
純正HIDバルブよりだいぶ明るくなりました。

↑   ↑
純正オプションのDIATONE SOUND.NAVI
おそらくMZ100のモデルです。
純正オプションのSOUND.NAVIは市販の
スタンダードモデルとも違います。


↑   ↑
レーザー距離計を使ってスピーカーまでの距離を測り
タイムアライメントを入力しています。

↑   ↑
クロスオーバーの設定をしています。

↑   ↑
簡易アナライザーを使って車内を測定して、
イコライザーの調整をしています。





DIATONE スピーカー DS-SA1000 NLの取り付け スバル レヴォーグ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.09.11 Tuesday
一か月前にDIATONE スピーカー DS-SA1000 NL
というスピーカーをフロントに取り付けをしました。オーナーさん
がクルマを引き取りに来られ、音を聴いたらとても気に入られリア
も付けることを決められました。このDS-SA1000 NLという
モデルはマルチシステム対応でネットワークがないモデルです。
ツィーターの口径が大きいのでツィーターを収める穴を広げて
取り付けをします。通常穴を開ける時はホルソーという専用の
工具を使いますが、すでに穴が空いているので型紙を作り、
カッターで少しづつ広げています。内張りのデッドニングで
制振材を貼っているのでアルミも切って行くので時間が
掛かっています。そしてウーファーはインナーバッフルが
M&M DESIGNのアルミバッフルをつかっているので
ダイレクターを外して使います。最後にHELIXの10ch
シグナルプロセッサー DSP-PRP MK2の調整をしています。

↑   ↑
DS-SA1000 NL

↑   ↑
メーカーから送られて来ましたDS-SA1000
音質最適化ノウハウ集


↑   ↑
この間、ツィーターを収めるために穴を広げたのですが。

↑   ↑
ツィーターの型紙です。

↑   ↑
型紙を内張りに貼ってカッターで少しづつ切り広げて行きます。

↑   ↑
ツィーターを固定しています。

↑   ↑
接続端子にはダイレクト・ロジウム端子を使います。

↑   ↑
ダイレクターを外して取り付けをします。

↑   ↑
M&M DESIGNのアルミバッフルです。

↑   ↑
DS-SA1000のツィーター

↑   ↑
DS-SA1000のウーファー

↑   ↑
タイムアライメント調整画面で再設定しています。

↑   ↑
メイン調整画面でクロスオーバーの設定をしています。

↑   ↑
簡易アライメントで車内を測定して、
イコライザーを調整しています。





車載用バーチャルアースBOX VE-01 スバル レヴォーグ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.09.07 Friday
レヴォーグにも車載用バーチャルアースBOX VE-01を
付けています。
医療用電源やオーディオ用電源などを製造する株式会社 光城精工
の車載用仮想アースBOX「VE-01」を発売しました。
カーオーディオシステムにおいてノイズ対策は永遠のテーマであり
切っても切り離せないものです。カーオーディオ機材はエンジンや
ハイブリッド車、電気自動車等に多用されるインバータなどの
ノイズ発生源の中にさらされています。一般的にノイズと呼ばれる
ものは、高周波成分の多い物が多く、車も例外ではありません。
高周波成分は導体の表面を流れる特性があります。ボディの表面積を
大きくすることは、高周波に対するインピーダンス(抵抗)値を
低減させ、結果ノイズレベルの低いボディとすることが可能に
なります。

↑   ↑
車載用仮想アースBOX「VE-01」
VE-01は内部抵抗を0オームに近づけるため、プレート状の
異金属を幾重にも積層し、超コンパクトなサイズながら、約畳一畳分
の表面積を持つ導体で構成しています。車のボディサイズに対し、
畳一畳分の表面積が追加されることは驚異的です。

↑   ↑
VE-01と接続するケーブルはスピーカーケーブルやRCAケーブル
などの高周波特性に優れたものを使います。

↑   ↑
M&M DESIGNのSDJ-01

F2 Music ダイレクト・ロジウム端子


↑   ↑
SDJ-01でケーブルを直に接続します。

↑   ↑
SDJ-01を伸縮チューブを使って保護しています。







スバル純正 パワーウィンドウスイッチパネルの取り換え スバル レヴォーグ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.08.31 Friday
スバル純正 パワーウィンドウスイッチパネルとシフト周りのパネル
の取り換えをしています。標準のシルバーからピアノブラックに
取り替えます。パネルは上から貼り付けではなく、パワーウィンドウ
スイッチを外して入れ替えるようになります。


↑   ↑
スバル純正 パワーウィンドウスイッチパネルと
シフト周りのパネルです。上からの貼り付けではなく
スイッチ類を外して入れ替えをします。

↑   ↑
標準はパワーウィンドウスイッチパネルはシルバーです。

↑   ↑
シフト周りのパネルもピアノブラックに変更しました。


↑   ↑
パワーウィンドウスイッチパネルをピアノブラックに変更しました。




DIATONE スピーカー DS-SA1000 NL の取り付け スバル レヴォーグ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.08.28 Tuesday
DIATONE スピーカー DS-SA1000 NLをフロントドア
に付けます。このスピーカーで中古の軽自動車が買えるくらいの価格です。
このDS-SA1000 NLというモデルはマルチシステム対応で
ネットワークがないモデルです。
リアドアにはフランス製のBLAM 165Multix L Mg
を取り付けしています。
オーナーさんから奥さんに解らないようにミッドウーファーはインナー
での取り付け、ツィーターはあまり目立たないようにとのお願い事でした。
デモカーにDIATONEのDS‐G500 ¥160,000を付けて
います。DIATONEのスピーカーはウーファーとツィーターの
コーン紙が同じ材質を使っています。音のつながりが良いスピーカーです。
HELIXの10chシグナルプロセッサー DSP-PRP MK2の
調整をしています。今までのBLAMの165 Multix L Mg
はクロスオーバーの周波数が3.2KHzでしたが、DS-SA1000は
2.2KHzがクロスオーバーの周波数です。
DS-SA1000は只者ではないスピーカーです。音が消える
間際の余韻までしっかり聴こえます。特にツィーターが凄いです。

↑   ↑
DS-SA1000 NL

↑   ↑
スピーカーに同梱の取り付け説明書

↑   ↑
メーカーから送られて来ましたDS-SA1000
音質最適化ノウハウ集

↑   ↑
ホルソーで55mmの穴を開けています。

↑   ↑
裏から固定しています。

↑   ↑
ツィーターは純正の位置に隠さずに出しています。


↑   ↑
M&M DESIGNのアルミインナーバッフルを
使っているので、ダイレクターを外して固定します。

↑   ↑
ミッドウーファーはM4のボルトで6箇所止めです。

↑   ↑
スピーカーの周りには音漏れ防止用スポンジを使っています。

↑   ↑
今までのツィーターを入れ替えます。

↑   ↑
BLAMのツィーターです。

↑   ↑
BLAMのミッドウーファーを8本のM4ボルトで固定しています。

↑   ↑
スピーカーの周りに音漏れ防止用スポンジを使っています。

↑   ↑
レーザー距離計を使ってスピーカーとの距離を調べています。

↑   ↑
入出力chルーティング設定画面

↑   ↑
タイムアライメント調整画面

↑   ↑
メイン画面でクロスオーバーの数値を入力します。
今日は数値を色々変えてみます。







オーディオテクニカ ノイズコントロール プラグ AT-RXP06の取り付け スバル レヴォーグ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.08.02 Thursday
レヴォーグに発売されたばかりのノイズコントロール プラグを
取り付けしました。
ノイズを抑えS/N比が向上し、音質改善に貢献します。
機器側で生じる微細振動まで制振する真鍮製で、プラグ内部に
高い制振効果を発揮するハネナイトシートを採用しています。
センターピンを取り外せば、機器の出力側にも対応可能です。

↑   ↑
ノイズコントロール プラグ AT-RXP06

↑   ↑
サブウーファーのパワーアンプの出力側にはセンターピンを
外して付けています。

↑   ↑
プロセッサーの入力側にはセンターピンを付けています。

ロシア チェルノフ RCAケーブルの交換 スバル レヴォーグ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.06.30 Saturday
レヴォーグのオーナーさんが高級なRCAケーブルにするとどう違うのか?
と質問されて、イースコーポレーションに頼み、イベントの無い時に
高音質なチェルノフケーブルのRCAケーブルとUSBケーブルを
貸し出しをして頂き試聴をしました。今までのと聴き比べると
ステージが広く、女性のボーカル音は透明感があり、息づかいまで
繊細に聴こえ、アコスティックギターは弦をはじいた響きや余韻まで
再現してくれます。オーナーさんはすっかり気に入ってくれました。
チェルノフはロシアで設立され、現在はドイツのベルリンに本拠を
置いています。


↑   ↑
チェルノフ RCAケーブル クラシック

↑   ↑
チェルノフ USBケーブル リファレンス

↑   ↑
DIATONE SOUND.NAVI MZ300 PREMI


↑   ↑
RCAケーブルが太いので取り回しが大変です。

↑   ↑
ヘリックスのデジタルプロセッサーの出力側です。

↑   ↑
RSAUDIOのパワーアンプ側です。

↑   ↑
USBケーブルを変えています。





KICKER パワードウーファー HS8の取り付け スバル WRX STi 新車 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.06.16 Saturday
WRX STiにKICKERのパワードウーファー HS8
とオーディオテクニカのデジタルトランスポートD/Aコンバーター 
AT-HRD500そして、ETCの取り付けをしています。

↑   ↑
KICKER パワードウーファー HS8

↑    
オーディオテクニカのデジタルトランスポートD/Aコンバーター 
AT-HRD500

↑   ↑
オーディオテクニカ レグザット USBケーブル 
AT-RX97/1.3

↑   ↑
ETCはパナソニック CY-ET925KD

↑   ↑
パワードウーファーは凹に収めています。

↑   ↑
ウサブウーファーのコントローラー

↑   ↑
デジタルトランスポートD/Aコンバーターの電源と
RCAケーブルを助手席の下まで引いています。

↑   ↑
ETCの電源ケーブルを短くしています。




DIATONE スピーカー DS-G500の取り付け スバル WRX STi 新車 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.06.14 Thursday
WRX STiにDIATONEのスピーカーDS-G500を
内蔵アンプでネットワークを外してマルチシステムで組み付けます。
インナーバッフルはM&M DESIGNのインナーバッフルベース
とアルミバッフルを使っています。スピーカーケーブルは新たに
引き直しています。

↑   ↑
DIATONE DS-G500

↑   ↑
M&M DESIGN アルミ インナーバッフルベース

↑   ↑
アルミバッフル

↑   ↑
スピーカーケーブルはオーディオテクニカ AT-RS150を
ドアに通しています。

↑   ↑
アルミ インナーバッフルベースを固定します。

↑   ↑
アルミ インナーバッフルベースの上にアルミバッフル
を固定します。

↑   ↑
ツィーターはスタンドを使っています。




| 1/19PAGES | >>