KICKER パワードウーファー HS8の取り付け スバル レヴォーグ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.05.20 Saturday
重低音を補うために座席下に、迫力の重低音が出るKICKER HS8
のパワードウーファーを付けます。
レヴォーグは座席下に凹があります。その凹ギリギリにKICKER
のHS8は付きます。ちなみにロックフォードのパワードウーファー
PS-8はシートレールに干渉します。

↑   ↑
KICKERのパワードウーファー HS8

↑   ↑
この凹にKICKERのHS8を収めます。
シートレールにギリギリに収まります。

↑   ↑
バッ直電源はバッテリーから引き回します。エンジンルーム内は
コルゲートチューブを巻いて保護しています。

↑   ↑
凹ギリギリにKICKERのHS8が収まっています。


↑   ↑
コントローラーは手元に付けています。


↑   ↑
タイムアライメントとX-OVERを設定しています。

↑   ↑
簡易アライメントで車内を測定して、イコライザーを調整しています。








StP GOLD AEROでデッドニング施工 スバル レヴォーグ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.05.16 Tuesday
いい音はデッドニングで決まる!
ドアのデッドニング施工をしています。
デッドニングは話題のロシア製StPを使ってアウターとインナーを
施工します。StPの考えは250Hz以下の中・低周波と250Hz
以上の中・高周波を1種類の素材や同じアイテムで抑制・吸収するのは
不可能と考え、中・低周波をブチル+アルミ系の素材で、中・高周波を
ポリウレタンフォーム系の素材で対応という考えです。

↑   ↑
StP GOLD AERO

↑   ↑
StP NG04 PREMIUM

↑   ↑
StP CRYSTAL PREMIUM

↑   ↑
アウター部分はGOLD AEROでほぼ全面貼りです。

↑   ↑
GOLD AEROの上に規定の面積量を貼ります。

↑   ↑
スピーカーの背面部分にはCRYSTAL PREMIUM
を貼っています。

↑   ↑
樹脂製のインナーバッフルに制振材を巻いています。

↑   ↑
インナー部分のサービスホールは埋めましたが、90%以上の
ほぼ全面貼りをします。


↑   ↑
スピーカーの端子もダイレクト・ロジウム端子に入れ替えしています。


↑   ↑
スピーカーの周りには音漏れ防止用スポンジを貼っています。


↑   ↑
インナーパネル側もほぼ全面貼りです。












制振スプレーでフェンダーハウス内のデッドニング施工 スバル レヴォーグ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.05.14 Sunday
タイヤフェンダー周りのデッドニングにはスプレー式の制振材と
StPの制振材を使って施工していきます。フェンダーインナーカバー
を外し中性洗剤でフェンダーハウス内とインナーカバーを洗い乾燥
させていきます。レヴォーグのタイヤフェンダー内側と
フェンダーインナーカバー周りのデッドニングをしています。
フェンダーハウス内を新聞紙でマスキングして、ビートソニックの
スプレー式制振材 ノイズレデューサーをタイヤハウス内側と
インナーカバーに何回にも分けて吹いています。

↑   ↑
スプレー式制振材 ノイズレデューサーを使います。


↑   ↑
フェンダーインナーカバーを外した状態

↑   ↑
新聞紙でマスキングしています。

↑   ↑
インナーカバーに吹いて乾かします。
これを何回も繰り返します。


↑   ↑
タイヤハウス内に吹いて乾かします。
これを何回も繰り返します。


↑   ↑
インナーカバーにStPのGOLD AERO
を貼っています。


↑   ↑
StPのGOLD AEROの上にNG PREMIUM
を貼っています。


↑   ↑
車両側にもStPのGOLD AERO
を貼っています。


↑   ↑
カバーを元に戻します。





サーキットデザイン エンジンスターターの取り付け スバル レヴォーグ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.05.13 Saturday
レヴォーグにサーキットデザインのエンジンスターターを付けています。
このエンジンスターターはスペアキーを車内に隠すことなく取り付け
できます。


↑   ↑
サーキットデザインのエンジンスターター NEXT LIGHT



↑   ↑
配線の接続はエレクトロタップを使わずに半田付け処理をしています。

↑   ↑
スターターのアンテナは隠しています。






JL AUDIO パワーアンプの取り付け スバル レヴォーグ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.04.27 Thursday
オーディオシステムの変更をします。このオーナーさんは
JL AUDIOがお気に入りの方です。
昨年JLのシグナルプロセッサーを取り付けしました。今回は
パワーアンプの増設とフロント周りのスピーカーのネットワークを
外し、マルチシステムに変更するため、スピーカーケーブルを入れ替え
します。このケーブルは6,300円/mと高額です。
そしてリアスピーカーはネットワークを使いますが、バイワイアリング
接続に変更もして行きます。

↑    ↑
JL AUDIO XD400/4v2のパワーアンプを
ブリッジ接続で組みます。

↑    ↑
オーディオテクニカ レグザット AT-RX17P

↑    ↑
オーディオテクニカ レグザット AT-RX28


↑    ↑
ダイレクトロジウム端子とパワーアンプのヒューズを
ロジウムコーティングのヒューズを使います。

↑    ↑
ツィーターとの結線はM&M DESIGNのケーブルダイレクトジョイント
を使います。

↑    ↑
ミッドウーファーにはM&M DESIGNのスピーカー端子ダイレクトジョイント
を使います。

↑    ↑
このパワーアンプの下にもう一台入れます。

↑    ↑
フロントのネットワークを外して、スピーカーケーブルを引き直します。
通常、スピーカーケーブルは途中で継ぎ足しは良くないですし、左右の
ケーブルの長さは同じにします。


↑    ↑
ツィーターとミッドウーファーの端子をM&M DESIGNの
ダイレクトジョイントに入れ替えをします。

↑    ↑
スピーカーのケーブルをドアに引き込んでいます。

↑    ↑
リアのネットワークはバイワイアリングで配線をしています。

↑    ↑
ダイレクトロジウムの4G用棒端子を使っています。

↑    ↑
新たに増設するパワーアンプのヒューズはロジウムコーティング処理の
ヒューズを使っています。

↑    ↑
XD400/4v2のパワーアンプを2段目のラックに収めています。

↑    ↑
この画面でシステムを構築し、タイムアライメントの設定します。

↑    ↑
X-OVERの設定をしています。

↑    ↑
簡易アライメントで室内を測定して、イコライザーを調整しています。










DIATONE SOUND.NAVI MZ200PREMIの取り付け スバル レヴォーグ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.04.20 Thursday
レヴォーグのナビを発売されたばかりの最新のSOUND.NAVI 
NR-MZ200 PREMIに入れ替えをします。
オプションのヘッドアップディスプレイと動画を再生するために
HDMIケーブルも付けます。
そして電源周りの接続にはM&M DESINEのケーブルダイレクト
ジョイントを使います。この良さは線材同士を重ねてイモネジで圧着
することにより音楽信号の劣化を防止します。
サウンドナビの初期設定画面でシステムの構築をしますが
このクルマのシステムはプロセッサーを付けていますので、
サウンドナビのタイムアライメントとX-OVERは使わないで、
後付けプロセッサーで調整します。

↑    ↑
SOUND.NAVI NR-MZ200 PREMI

↑    ↑
ヘッドアップディスプレイとUSBキット

↑    ↑
ケーブルダイレクトジョイント SDJ-01

↑    ↑
電源周りをケーブルダイレクトジョイントを使って接続し
伸縮チューブで絶縁しています。



↑    ↑
SMD DD-1を使って、MZ200 PREMIの
ボリュームレベルの歪むポイントを調べています。

↑    ↑
ヘッドアップディスプレイの動作確認です。

↑    ↑
サウンドナビの初期設定画面でシステムの構築をしています。


↑    ↑
サウンドナビのタイムアライメントとX-OVERは使わないで
パソコンを使って、JLのプロセッサーで調整しています。






オーディオテクニカ レグザット USBケーブルの取り付け スバル インプレッサSP 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.04.09 Sunday
インプレッサSPはハイレゾ音楽を聴くためオーディオテクニカ
デジタルトランスポート AT-HRD5を付けています。
オーディオテクニカ レグザット トリプルハイブリッド
USBケーブルをデジタルトランスポートに付けています。
USBケーブルを高級なレグザットケーブルに換えると
レンジが広くなり低域の締まり感が良くなり、解像度が
アップします。

↑   ↑
オーディオテクニカ レグザットのトリプルハイブリッド
USBケーブルAT-RX97/1.3







クラリオン フルデジタルスピーカーの取り付け スバル インプレッサSP 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.04.08 Saturday
以前にフルデジタルシステムを組んだのですが、今回はリアスピーカー
をフルデジタルスピーカーにシステムアップします。
リアドアの鉄板とインナーバッフルの隙間に、シリコンシーラントを
埋め、フルデジタルスピーカーも付け終わり
iPodを使い専用ソフトでスピーカーのシステム設定をして
タイムアライメントやX-OVERを設定して行きます。

↑   ↑
クラリオン フルデジタルスピーカー Z7

↑   ↑
隙間を埋めたシリコンシーラントも乾きました。

↑   ↑
ギボシ端子はダイレクトロジウム端子を使っています。

↑   ↑
クラリオン フルデジタルスピーカー Z7


↑   ↑
iPodを使い専用ソフトでスピーカーのシステム設定をしています。

↑   ↑
簡易アナライザーで車内を測定して、イコライザーを調整します。







樺桜合板でインナーバッフルの制作 スバル インプレッサSP 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.04.04 Tuesday
インプレッサSPのインナーバッフルは市販品を使っていますが
リアドアスピーカーを増設するに当たり、樺桜合板を使って
インナーバッフルを作っています。
リアドアの鉄板とインナーバッフルの隙間に、シリコンシーラント
を使って埋めています。特にインプレッサのリアドアはスピーカー
取り付け場所は平らではなく凹があるためシリコンシーラントを
使って塞いでいます。

↑   ↑
樺桜合板

↑   ↑
インナーバッフルに塗ります。




↑   ↑
インナーバッフルを固定しています。

↑   ↑
リアドアのインナーバッフル周りの隙間です。
シリコンシーラントを使って塞いだ方が安上がりです。


↑   ↑
シリコンシーラントを乾かします。





DIATONE DS-G500 ツィーターの取り付け変更 スバル WRX STi 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.03.27 Monday
WRX STiのスピーカーはDIATONEのDS-G500を
使っていますが、高域のヌケを良くしたいとの相談がありましたので、
ダイレクターを一体化したツィータースタンドを使って取り付けの
仕方を変更しています。

↑    ↑
ダイレクターを一体化したツィータースタンド


↑    ↑
ワンオフでツィーターボードを作って埋めていました。



↑    ↑
ツィーターの向きは運転席に向けています。


↑    ↑
タイムアライメントとX-OVERを再設定しています。

↑    ↑
簡易アナライザーを使って、イコライザーを調整しています。







| 1/14PAGES | >>