DIATONE SOUND.NAVIとパワードウーファーの取り付け スバル WRX S4 新車 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.09.14 Thursday
新車のWRX S4に以前まで使っていたDIATONE SOUND.
NAVIのNR-MZ100PREMIとパワードウーファーの取り付け
をします。そしてA CLASSを長時間動かして、A級動作のアンプ
特有の熱の発生でパワーアンプが止まらないか?確認をしながら 
DIATONE SOUND.NAVIのタイムアライメントや
クロスオーバーの調整をしています。

↑   ↑
M&M DESIGNのサウンドナビ専用のRCA出力ハーネス
MR-2200

↑   ↑
KICKER パワードウーファー HS-8

↑   ↑
サウンドナビの電源周りはM&M DESIGNの
ケーブルダイレクトジョイントを使っています。


↑   ↑
パワーアンプのゲインを調整するために、ヘッドユニットの
ボリュームの歪みポイントを専用テスター DD-1で調べています。

↑   ↑
A CLASSのパワーアンプのゲインを専用テスター 
DD-1で調べています。


↑   ↑
パワードウーファーは運転席下の凹の部分に収めています。

↑   ↑
バックカメラの調整をしています。


↑   ↑
タイムアライメントとクロスオーバーの設定をしています。

↑   ↑
簡易アナライザーを使って、車内を測定して、イコライザー
を調整しています。

↑   ↑
外注でボディーコーティングをしています。



MOSCONI A CLASS パワーアンプの取り付け スバル WRX S4 新車 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.09.09 Saturday
いい音はアンプで決まる!

新車のWRX S4にオーディオシステムを組みました。
ヘッドユニットは以前使っていたDIATONE SOUND.NAVI
のNR-MZ100PREMIを使い、フロントはMOSCONIの
パワーアンプ A級動作のA CLASSをGLADEN ZERO
AEROSPACE 165.2を動かし、リアは内蔵アンプで
DIATONE DS-G500を鳴らしています。スピーカーの能力を
引き出すためにStP GOLD AEROを使ってデッドニング施工
をしています。必需品のサブウーファーはKICKERのパワードウーファー
を使っています。

↑   ↑
モスコニ A CLASSは繊細できれいな音を出します。

↑   ↑
アンプラックを作るため、MDFを切り出しています。

↑   ↑
アンプラックはスペアータイヤのボルトを使って固定します。

↑   ↑
ヒューズホルダーはMIDIタイプを使っています。

↑   ↑
バッ直ケーブルは4Gを使い、エンジンルーム内は
コルゲートチューブで保護しています。

↑   ↑
フロア下のケーブルはアルミグラステープで止めています。


↑   ↑
ラックの下段は電源関係とネットワークを収めて、中段は後日
アンプを付けるために空けています。上段はA CLASSの
パワーアンプです。


↑   ↑
パワーアンプのゲインを調整するために、ヘッドユニットの
ボリュームの歪みポイントを専用テスター DD-1で調べています。

↑   ↑
A CLASSのパワーアンプのゲインを専用テスター 
DD-1で調べています。

↑   ↑
A CLASSのパワーアンプが見えるようにしています。





JL AUDIO シグナルプロセッサーの取り付け スバル ステラ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.08.29 Tuesday
JL AUDIOのシグナルプロセッサーを組み込んでいます。
ヘッドユニットにはタイムアライメント機能とX-OVER機能が
付いているカロッツェリアのFH-9200DVDですが、
より細かく調整できる後付けシグナルプロセッサーを組みます。
ヘッドユニットとパワーアンプの間に入れるため、ヘッドユニット
からのRCAケーブルをシグナルプロセッサーに入れ、プロセッサー
からRCAケーブルをパワーアンプとパワードウーファーに入れています。

↑   ↑
JL AUDIOのシグナルプロセッサー TwK88


↑   ↑
ヘッドユニットをネットワークモードで使っていたので
初期化をして、タイムアライメント機能とX-OVER機能を
使わないようにします。

↑   ↑
パワードウーファーを一旦外してRCAケーブルの引き回しをします。

↑   ↑
シグナルプロセッサーのコントローラーは操作性の良い所に
穴を開けて固定しています。


↑   ↑
動作確認後、固定してゆきます。

↑   ↑
システムの構築画面です。

↑   ↑
アライメントとクロスオーバーを設定します。

↑   ↑
簡易アナライザーで車内を測定して、イコライザーを調整します。





ドイツ製 GLADEN スピーカーの取り付け スバル WRX S4 新車 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.08.20 Sunday
新車のWRX S4にスピーカーを付けています。フロントドアには
GLADENのスピーカー、リアドアにはDIATONEのスピーカー
を付けています。GOLD AEROがまた欠品のため、リアドアの
デッドニングは入荷しだい施工をする予定です。

↑   ↑
GLADEN ZERO AEROSPACE 165.2

↑   ↑
DIATONE DS-G500

↑   ↑
スピーカーケーブルを車内からドアに通しています。


↑   ↑
接続端子はダイレクト・ロジウム端子を使っています。


↑   ↑
ツィーターは純正の位置です。


↑   ↑
リアのデッドニングは後日施工します。




StP GOLD AEROでデッドニング施工 スバル WRX S4 新車 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.08.19 Saturday
いい音はデッドニングで決まる!
東京にお住まいの「Yさん」。新車のWRX S4にオーディオシステム
をしばらくお預かりをして付けています。スピーカーを付けますが、
その能力を発揮してもらうために、ロシア製のStP GOLD AEROで
デッドニング施工をしています。

なぜデッドニングをするのか?
ホームオーディオのスピーカーは箱(エンクロージャー)にスピーカー
ユニットが装着された状態で完成品になっています。
それに対してカーオーディオでは「スピーカーユニット」だけ販売
されています。その状態ではスピーカーとしては半完成品です。
クルマのドアはオーディオ機器としての工夫がほとんどされていません。
クルマの中で良い音を聴きたいと思ったら、ドア内部の音響的な
コンディションを改善させる必要があります。
スピーカーは振動板を前後に動かすことで空気を震わせ、音を伝えて
います。スピーカーの裏側でも同じように音を発しています。その音が
ドア内部で様々な悪さをしています。スピーカーの裏側から発せられる
音は、耳で聴く分には表側の音と同じですが波形としては真逆です。
その音が表側の音と混ざり合うと爛ャンセリング”という打ち消し合い
が起こってしまいます。そのため、裏側の音を封じ込める必要があります。

↑   ↑
StP GOLD AERO

↑   ↑
StP NG04 Premium

↑   ↑
レアルシルト・ディフュージョン

↑   ↑
インナーパネルはほぼ全面貼りでGOLD AERO
を貼っています。

↑   ↑
GOLD AEROの上にNG04 Premium
を貼っています。

↑   ↑
スピーカーの背面にはレアルシルト・ディフュージョン
を貼っています。


↑   ↑
インナーバッフルは油性のニスで仕上げます。


↑   ↑
リアは市販のバッフルを使っていますが、隙間が出るのでシーラントで
塞いでいます。

↑   ↑
インナーパネルもほぼ全面貼りです。






StP GOLD AEROでデッドニング施工 スバル ステラ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.08.18 Friday
いい音はデッドニングで決まる!

ステラのフロントドアのデッドニング施工をしています。
スピーカーはカロッツェリアのTS-V172Aをパワーアンプを
使い、バイアンプ接続しています。
デッドニング部材は話題のロシア製StPを使ってアウターと
インナーをほぼ全面貼りで施工します。StPの考えは
250Hz以下の中・低周波と250Hz以上の中・高周波を
1種類の素材や同じアイテムで抑制・吸収するのは不可能と考え、
中・低周波をブチル+アルミ系の素材で、中・高周波を
ポリウレタンフォーム系の素材で対応という考えです。

↑   ↑
StP GOLD AERO

↑   ↑
StP NG04 Premium

↑   ↑
レアルシルト・ディフュージョン


↑   ↑
アウターパネルはGOLD AEROでほぼ全面貼りしています。

↑   ↑
スピーカーの背面には、今回レアルシルト・ディフュージョンを使っています。

↑   ↑
StP GOLD AEROの上にNG04 Premiumを貼っています。

↑   ↑
インナーパネルもGOLD AEROでほぼ全面貼りしています。


↑   ↑
音漏れ防止用スポンジをスピーカーの周りに貼っています。








RS Audio パワーアンプの取り付け スバル レヴォーグ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.08.11 Friday
いい音はアンプで決まる!

レヴォーグのオーディオシステムを組み直します。
今まではオーナーさんがお気に入りのJL AUDIOでシステムを
組んでいましたが、「もう飽きた!」という贅沢なオーナーさんです。
今回は以前にリアドアに組んでいたドイツのRS Audioを使い
新たに組み直します。今回はアンプラックも作り直し、サブウーファー
はJL AUDIOを使い、他はRS Audioで統一します。



↑    ↑
RS Audio レギュレターとパワーアンプは4chと2chの
2台を使います。

↑    ↑
JL AUDIOのパワーアンプを外して、アンプラックを
作り直します。

↑    ↑
ラックを作るために寸法を出した図面です。


↑    ↑
ラックを組みたて、塗装をしています。

↑    ↑
ラックの2段目にはJL AUDIOのパワーアンプと
HELIXのシグナルプロセッサーを収めます。

↑    ↑
RS Audioのレギュレターとパワーアンプの
3台を収めます。赤い本体を見せるようにします。
電源とRCAケーブルは高額な物を使っているので仮組みして
位置を出しています。



↑    ↑
2段目はJL AUDIOのサブウーファー用パワーアンプと
HELIXのDSPを収め、3段目にはRS Audioの
レギュレターとパワーアンプを収めます。

↑    ↑
4Gのケーブルにはルテニウムのケーブルエンドターミナル
を使っています。

↑    ↑
4Gのケーブルをレギュレター経由でパワーアンプに接続しています。

↑    ↑
メイン電源のヒューズホルダーの材質をルテニウムメッキに
変更しています。

↑    ↑
DD-1を使って、パワーアンプのゲインを調整しています。

↑    ↑
リアゲートを開けると、こんな感じでRS Audioの
パワーアンプが見えます。



HELIX DSP-PRO MK2 シグナルプロセッサーの取り付け スバル レヴォーグ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.08.10 Thursday
レヴォーグのオーディオシステムに最新のHELIX DSP-PRO 
MK2のプロセッサーを取り付けしました。このプロセッサーは
ハイレゾ96KHz/32bitのサンプリングレートにて内部の
演算処理を行う高性能DSPを採用した10chデジタルプロセッサーです。

ヘッドユニットはDIATONE SOUND.NAVIのPREMIなので
高性能なプロセッサーが付いていますが、それを使わずにより高性能な
DSP-PRO MK2 プロセッサーを使います。よく年間数件他店舗で
SOUND.NAVI等のプロセッサー内蔵ヘッドユニットとプロセッサー
ユニットの組み合わせで音の調整に来られる方がいますが、ほとんどが
ヘッドユニットのプロセッサーもいじり、後付けプロセッサーの両方で
設定をしています。これではいい音どころか?異常な音になります。
ヘッドユニットの調整機能をすべてオフにすることです。
HELIX DSP-PRO MK2は今までいろいろなプロセッサー
を取り付けをして調整してきましたが、調整機能が沢山あります。
特にX-OVERのスロープで肩特性が通常2種類くらいですが
4種類はあります。調整し甲斐があります。
初めにシステムの構築をしてから調整を始めます。

↑    ↑
HELIXのDSP-PRO MK2とコントローラー

↑    ↑
2段目にDSP-PRO MK2を入れています。

↑    ↑
DSP-PRO MK2のコントローラー DIRECTORです。

↑    ↑
ヘッドユニットのDIATONE SOUND.NAVI PREMIの
初期設定を変えています。

↑    ↑
初めに、この画面でシステムの入出力chを構築しないと
音が出ません。

↑    ↑
タイムアライメントの入力画面です。

↑    ↑
X-OVERの入力画面です。

↑    ↑
簡易アナライザーで、車内を測定しています。







RS Audio スピーカーの取り付け スバル レヴォーグ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.08.07 Monday
レヴォーグのオーディオシステムを組み直しています。
今まではオーナーさんがお気に入りのJL AUDIOでシステムを
組んでいましたが、「もう飽きた!」という贅沢なオーナーさんです。
今回は以前にリアドアに組んでいたドイツのRS Audioを使い
新たに組み直します。サブウーファーはJL AUDIOを使い、
他はRS Audioで統一します。今までのインナーバッフルでは
スピーカーが収まらないためインナーバッフルを作ります。
通常MDFを使いますが硬く切断しづらい樺桜合板を使います。


↑    ↑
RS Audio HACシリーズとRevelation 165を
使います。

↑    ↑
M&M DESIGNのスピーカー端子ダイレクトジョイント

↑    ↑
樺桜合板

↑    ↑
「ヒビキタ」という塗料です。


↑    ↑
2度塗りをして乾燥させます。

↑    ↑
人工大理石のチャンバー仕様のツィーターです。

↑    ↑
リアドアのRS Audioのツィーターです。

↑    ↑
フロントドアは隙間がでません。

↑    ↑
リアドアは隙間がありますので埋めます。

↑    ↑
リアドアの隙間にシリコンを入れます。

↑    ↑
ミッドウーファーの接続にはスピーカー端子ダイレクトジョイント
を使っています。


↑    ↑
隙間ふさぎのシリコンが乾いたので、ミッドウーファーを
付けています。





ロックフォード PUNCH チューンナップサブウーファー PS-8の取り付け スバル ステラ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.07.29 Saturday
ステラにアンプ内蔵のサブウーファーの中で一番鳴りっぷりのいい
ロックフォード PUNCHのチューンナップサブウーファーを
付けています。ドアの17cmミッドウーファーでは重低音が
出ません。サブウーファーを追加するだけでシステムがワンランク
アップします。音の表現が豊かになります。

↑    ↑
ロックフォード PUNCH チューンナップサブウーファー PS-8

↑    ↑
運転席の下に収めます。



| 1/16PAGES | >>