フランス製 BLAM スピーカーの取り付け スバル レヴォーグ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.05.20 Sunday
レヴォーグにフランス製 BLAM スピーカーを取り付け
しました。昨年の9月にBLAMやオーディソンなどの
輸入メーカーが倒産しましたが、この1月半ばより
「トライム」という輸入オーディオメーカーが出来
BLAMやオーディソンをまた販売できるようになりました。
元フォーカルのカーオーディオ部門にいた方がBLAMブランド
を立ち上げました。


↑    ↑
BLAM 165Multix L Mg

↑    ↑
ダイレクトロジウム端子を使います。


↑    ↑
音漏れ防止用スポンジをスピーカーの周りに貼っています。


↑    ↑
ツィーターにケーブルはM&M DESIGNの
ケーブルダイレクトジョイントで結線をして、
伸縮チューブを使っています。

↑    ↑
ツィーターは埋め込まずに外に出しています。

↑    ↑
SOUND.NAVI NR-MZ300 PREMI


オーナーさんが試聴して
「女性のボーカルが凄くきれいです。」
「程よい低域と高域が艶があってきれいなスピーカーです。」
「次はRCAケーブルを違うのに変えて楽しみたいですね。」

と喜んで頂きました。




カロッツェリア ND-DVR40 ドライブレコーダーの取り付け スバル レヴォーグ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.05.19 Saturday
今、各メーカーのドライブレコーダー欠品したり、品薄がつづいています。
ニュースであおり運転の報道が多く、事故などの証拠として画像で残せます
ので付ける方が多いそうです。
レヴォーグにカロッツェリアのドライブレコーダーの取り付けをしました。
このND-DVR40は台座が無い分だけ本体を上部に取り付ける
事ができ、フロントガラスにカメラのレンズが近くなるため
映り込みも抑えることができます。

↑   ↑
ドライブレコーダー カロッツェリア ND-DVR40
昨年12月に発売されたばかりのモデルです。

↑   ↑
電源はナビ裏から取っています。


↑   ↑
おすすめのドライブレコーダーです。





カロッツェリア スピーカーの取り付けとデッドニング スバル レヴォーグ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.05.18 Friday
いい音はデッドニングで決まる!

松本に勤務されている「Oさん」のレヴォーグです。
以前フロントのスピーカーとデッドニングをして頂きました。
今回はリアドアにカロッツェリアのスピーカーを取り付けして、
スピーカーの能力を引き出すためにデッドニング施工をします。
インナーバッフルとドアの隙間にシリコンを使って埋めて
一昼夜置いて乾かせています。

↑   ↑
カロッツェリア TS-F1730S

↑   ↑
オーディオテクニカ AT-7405

↑   ↑
位相テスターを使ってスピーカーの+と−を調べています。

↑   ↑
純正のスピーカーのマグネットは500円玉くらいの大きさです。


↑   ↑
ドアのインパクトビームには長細い制振材を貼っています。

↑   ↑
インナーバッフルとドアの隙間にシリコンを使っています。

↑   ↑
サービスホールを制振材で埋め、専用CDを使って
共振箇所を探します。

↑   ↑
赤いマークの箇所が共振箇所です。

↑   ↑
音漏れ防止用スポンジをスピーカーの周りに付けます。

↑   ↑
内張り用クリップダンパーを使っています。

↑   ↑
内張りを付けて完成です。


↑   ↑
純正オプションのDIATONE SOUNDナビですが
メーカーの車種別データーは使いません。マニュアルで
距離を測りタイムアライメントの再設定とクロスオーバーの
再設定しています。

↑   ↑
簡易アナライザーで車内を測定して、イコライザーを
調整しています。


オーナーさんが試聴して
「後ろも換えたことで音の広がりが凄いです。」
「再調整してもらい、また音が良くなっています。」
「通勤やドライブが楽しみになりました。」

と喜んで頂きました。



オーディオシステムの取り外し スバル WRX STi 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.05.13 Sunday
WRX STiの「Kさん」は新しく最終型のWRX STiを
購入され今月末から来月初めに納車なので、オーディオシステム
を取り外しました。
前後のDIATONEのスピーカー、パワードウーファーを外し、
新しく購入するWRX STiに付け、7インチのSOUNDナビは
中古で販売します。
下取り金額が凄い高いので購入するそうです。
羨ましい限りです。

↑    ↑
SOUND.NAVI MZ-100 PREMIを外します。
今度のWRX STiは8インチ仕様なので、新しく
8インチのMZ-300 PREMIを付けます。

↑    ↑
TVのフイルムアンテナも外してます。


↑    ↑
DIATONEのスピーカーを外します。
フロントのDS-G500は、今度のWRX STiで使います。


↑    ↑
パワードウーファー本体とバッ直電源も外します。







M&M DESIGN アルミ製 インナーバッフルの取り付け スバル インプレッサ SP 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.05.11 Friday
インプレッサ SPに好評のアルミ製のインナーバッフルベースと
アルミバッフルを取り付けしました。
車種専用設計で確実にサウンドクオリティーアップを実現します。
MDFや合板と違い、高剛性でしっかり固定できます。
アルミバッフルは適合スピーカーが100種類以上、そして
従来はタッピングビスでスピーカーを固定していましたが
M4のボルトを使うために緩むこともありません。
リアはバッフルとドアに隙間が出るので、シリコンで隙間を
埋めています。


↑    ↑
インナーバッフルベース

↑    ↑
アルミバッフル

↑    ↑
樺桜のインナーバッフルを外します。

↑    ↑
インナーバッフルベースを固定します。


↑    ↑
インナーバッフルベースの上にアルミバッフルを
固定します。

↑    ↑
シリコンで隙間を埋めています。


↑    ↑
スピーカーの固定はM4のボルトで止めています。
タッピングビスや木ネジではないので頑丈に固定出来ます。

↑    ↑
スピーカーの周りには音漏れ防止用スポンジを使います。

↑    ↑
iPadを使いプロセッサーを調整します。


↑    ↑
タイムアライメントとクロスオーバーを再設定しています。


オーナーさんが試聴して
「ドアからの低音が以前より引き締まっています。」
「一音一音がはっきりしたように思います。」

と喜んで頂きました。









M&M DESIGN アルミインナーバッフルの取り付け スバル レヴォーグ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.04.12 Thursday
M&M DESIGNのアルミインナーバッフルベースと
アルミバッフルの取り付けをしました。
ジュラルミン系アルミ製のインナーバッフルベースは
車種専用設計で確実にサウンドクオリティーアップを実現します。
MDFや合板と違い、高剛性でしっかり固定できます。
アルミバッフルは適合スピーカーが100種類以上、そして
従来はタッピングビスでスピーカーを固定していましたが
M4のボルトを使うために緩むこともありません。
前後ドアのスピーカーのバッフルを入れ替えています。

↑    ↑
アルミ インナーバッフルベース MX-615

↑    ↑
アルミ バッフル PCD-1

↑    ↑
アルミ インナーバッフルベースを付けます。

↑    ↑
次にアルミ バッフルを付けます。

↑    ↑
スピーカー端子ダイレクトジョイントを使います。

↑    ↑
音漏れ防止用スポンジをスピーカーの周りに貼っています。


オーナーさんが試聴して
「今までの樺桜合板のバッフルの音と違いしっかりした低音で
音がはっきり鮮明な音になった感じです。」

と喜んで頂きました。





DIATONE SOUND.NAVI NR-MZ300PREMIの取り付け スバル レヴォーグ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.04.10 Tuesday
発売されたばかりの8インチのSOUND.NAVI 
NR-MZ300PREMIの取り付けをしました。
このA型のレヴォーグは7インチまでのナビしか付きませんが、
今の現行、D型のレヴォーグは8インチが付きますので
パネルやヒーターコントロールユニットを付け換えして
8インチのSOUND.NAVIを付けます。
レヴォーグのオーナーさんの拘りには感心します!

↑    ↑
SOUND.NAVI NR-MZ300PREMI

↑    ↑
D型のパネルとヒーターコントロールユニット

↑    ↑
このパーツが合わないので、D型用に変えます。

↑    ↑
A型のオーディオパネル

↑    ↑
D型のオーディオパネル、これで8インチが入ります。

↑    ↑
M&M DESIGNのケーブルダイレクトジョイントを使います。


↑    ↑
DD-1を使って、SOUND.NAVIのボリュームの歪みを調べています。

↑    ↑
合うかパネルを組んでみました。

↑    ↑
DD-1を使って、パワーアンプのゲインを調整しています。

↑    ↑
システムの構築画面でオーディオシステムを設定しています。


↑    ↑
タイムアライメントとクロスオーバーの設定はSOUND.NAVI側
では設定をしません。HELIXのデジタルプロセッサーで設定をします。


オーナーさんが試聴して
「今までのMZ200PREMIと本当に音がより良くなっています。」
「本当に変わったのかと半信半疑でした。」

と喜んで頂きました。

カロッツェリア ヘッドユニット FH-9200DVDの取り付け スバル ステラ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.03.27 Tuesday
ステラのヘッドユニットをDVDも観れるカロッツェリア
FH-9200DVDに取り換えをしています。
このヘッドユニットは価格の割にマルチシステムも組むことが
できタイムアライメントやクロスオーバー等の調整機能が
備わっています。

↑    ↑
カロッツェリア FH-9200DVD


↑    ↑
スピーカーのネットワークを外して、マルチシステムで
組んでいます。


↑    ↑
DD-1を使って、FH-9200DVDのボリュームの
歪みポイントを探しています。

↑    ↑
DD-1を使って、パワーアンプのゲイン調整をしています。

↑    ↑
MAXIヒューズを金メッキに変えています。


↑    ↑
タイムアライメントとクロスオーバーを設定しています。

↑    ↑
簡易アライメントで車内を測定して、イコライザー
を調整しています。





オーディオテクニカ デジタルトランスポートD/Aコンバーター AT-HRD500の取り付け スバル インプレッサSP 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.03.09 Friday
インプレッサSPにはクラリオンのフルデジタルサウンドシステム
が付いていて、ヘッドユニットのナビもデジタルケーブルで接続
しています。プロセッサーとデジタルトランスポートもデジタル
ケーブルで接続しているシステムです。
iPhone、iPodなどで聴くデジタルオーディオや
ハイレゾ音源をいい音で聴くためにデジタルトランスポート
D/AコンバーターのAT-HRD5が付いていますが、
新たに改良モデルのAT-HRD500が発売されました。
より情報量の多いDSD64、DSD128にも対応、
そしてDAC出力レベルの切り替えができるようになっていますが
インプレッサSPのシステムではアナログ接続していませんので
DAC出力レベルの切り替えはしなくて良く、デジタル出力端子
サンプリング周波数をプロセッサーの96kHzに合わせています。

↑    ↑
デジタルトランスポートD/Aコンバーター AT-HRD500

↑    ↑
デジタルトランスポートの電源ヒューズをロジウムのヒューズに変えます。


↑    ↑
AT-HRD5のデジタルトランスポートをAT-HRD500に
入れ替えします。


↑    ↑
ハイレゾプレーヤーとiPodをデジタルトランスポートに
接続できます。




カロッツェリア ヘッドユニット DEH-P01の取り付け スバル ステラ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.12.27 Wednesday
これから代車で使うステラのヘッドユニットを入れ替えしました。
ヘッドユニットをカロッツェリア DEH-P01を使い
マルチシステムで取り付けをしています。パワードウーファーは
ロックフォードのPS-8を使い、スピーカーはカロッツェリアの
TS-V172をネットワークを外して鳴らします。
パワーアンプは古いですが、MB QUARTのアナログアンプを
使っています。

↑    ↑
ヘッドユニットはカロッツェリアのDEH-P01

↑    ↑
パワードウーファーはロックフォードのPS-8

↑    ↑
ダイレクト・ロジウム端子を使います。


↑    ↑
ギボシ端子をダイレクト・ロジウム端子に入れ替えをしています。


↑    ↑
カロッツェリアのTS-V172のツィーターは高域が
きつく感じるのでMAXIヒューズを金メッキに変えています。


↑    ↑
専用の機械DD-1を使ってDEH-P01のボリュームの歪みポイント
を調べています。

↑    ↑
DD-1を使ってパワーアンプのゲイン調整をしています。


↑    ↑
タイムアライメントとクロスオーバーを設定しています。

↑    ↑
簡易アナライザーを使って、車内を調べています。





| 1/18PAGES | >>