カロッツェリア Newモデル TS-C1720A兇亮茲衂佞韻肇妊奪疋縫鵐飴楾 ミツビシ デリカ D5 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2015.08.30 Sunday
いい音はデッドニングで決まる!

飯山市からお越しのデリカD5に発売されたばかりのカロッツェリア
TS-C1720A兇亮茲衂佞韻肇妊奪疋縫鵐飴楾をしました。
TS-C1720A兇虜蚤腓諒儿慌媾蠅魯優奪肇錙璽を
バイアンプ・バイワイヤリング接続が出来ることです。
ツィーターとウーファーを各1chずつ駆動して合計4chの内蔵アンプ
を使うことが出来ます。この価格でネットワークがこの様な仕様は
とてもお買い得です。

↑    ↑
カロッツェリア TS-C1720A

↑    ↑
入力が2系統のバイアンプ・バイワイヤリング接続可能なネットワーク

↑    ↑
制振材はアクワイエを使います。


↑    ↑
スピーカーの背面には吸音材を貼っています。

↑    ↑
純正スピーカーとはマグネットの大きさが違います。


↑    ↑
純正のツィーターと交換してあります。


↑    ↑
サウンドCDを使って共振箇所を探し、制振材を貼っています。

↑    ↑
スピーカーの周りには、音漏れ防止用スポンジを貼っています。


↑    ↑
タイムアライメントとX-OVERを設定しています。

↑    ↑
簡易アナライザーを使って、イコライザーを調整しています。


オーナーさんが試聴して
「音が全然違います。」
「迫力のある低域ときれいな高域です。」
「デッドニングは大事ですね。」
「次はサブウーファーを入れたいです。」

と喜んで頂きました。









カロッツェリア TS-C1720A スピーカーの取り付けとデッドニング施工 ミツビシ ランサーエボリューション勝/啓屐…耕邯 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2015.07.21 Tuesday
いい音はデッドニングで決まる!

最終型のランサーエボリューション召凌啓屬任后
カロッツェリアのTS-1720Aの取り付けとスピーカーの能力を
引き出すために、デッドニング施工をしてあります。
スピーカー周りの端子はダイレクト・ロジウム端子に入れ替えています。

↑    ↑
カロッツェリア TS-C1720A

↑    ↑
アクワイエ AT7505


↑    ↑
スピーカーの背面には、高排水性吸音材を貼っています。

↑    ↑
位相テスターでプラスとマイナスを調べます。

↑    ↑
純正のスピーカーのマグネットの大きさです。

↑    ↑
リアドアには今まで使っていたTS-C1610Aを
デッドニングなしで組み付けしています。

↑    ↑
フロントはTS-C1720A


↑    ↑
黒いマークの箇所が共振している場所です。

↑    ↑
ツィーターは純正の位置に付けています。


↑    ↑
スピーカーの周りには、音漏れ防止用スポンジを
貼っています。



↑    ↑
タイムアライメントとX-OVERの設定をしています。

↑    ↑
簡易アナライザーを使って、イコライザーを調整しています。


オーナーさんが試聴して

「想像以上の音です。」
「サブウーファーが少し物足りませんが、低域も出ていて
 ボーカールがきれいに聴こえます。」
「お願いして良かったです。」
「次はパワーアンプを検討します。」














カロッツェリア パワードウーファーと高純度7Nケーブルの取り付け ミツビシ ランサーエボリューション勝/啓屐…耕邯 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2015.07.13 Monday
最終型のランサーエボリューション召凌啓屬任后A行距離が13km
納車されて、その足で持って来られました。
パワードウーファーの取り付けをします。
DIATONE SOUNDのスタンダードモデルが
付いていますので、MZ90PREMIに標準の高純度7Nケーブル
を使います。端子はダイレクト・ロジウム端子に入れ替え、
スピーカーの能力を引き出すためにデッドニング施工をします。

↑    ↑
走行距離13kmです。

↑    ↑
カロッツェリア パワードウーファー TS-WH1000A

↑    ↑
ダイレクト・ロジウム端子とロジウムコーティングヒューズ


↑    ↑
高純度7Nケーブルを使います。


↑    ↑
ダイレクト・ロジウム端子とロジウムコーティングヒューズに
入れ替えてあります。

↑    ↑
高純度7Nケーブルを使っています。
以前のMZ60・80にも付きます。お勧めです。

↑    ↑
パワードウーファーはバッテリーからバッ直電源を引いています。
ランエボはバッテリーがトランクに収まっています。









オプティマ イエロートップ バッテリーの取り付け!  ミツビシ パジェロジュニア 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2015.01.09 Friday
パジェロジュニアのバッテリーをカオスからオプティマ 
イエロートップバッテリーに交換しました。
オプティマドライバッテリーは14.2Vを出力しヘッドライトや
エアコンがONでも電圧降下しません。
オーディオの音もクルマの性能も低電圧で劣化することはありません。
強力なバッテリーで元の電源を強化したのでオーディオで使う
太い4ゲージ線でアーシングをします。
これはオプティマを買われた方に無料で取り付けています。

↑    ↑
オプティマ イエロートップバッテリー YT-B24R1


↑    ↑
カオスは使用期間が一年未満ですが、エンジンを掛けた
状態で13.03V

↑    ↑
オプティマはエンジンを掛け、ヘッドライトやエアコンを
付けて、14.46Vです。この1Vの差が大きいです!


↑    ↑
オーディオで使う太い4ゲージ線を使って
アーシングを取っています。










CDチューナーとスピーカーの取り付け! ミツビシ ジープ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2014.06.28 Saturday
昭和54年車のジープです。エンジンの始動はチョークが付いています。
今のクルマのようなエンジンを掛けるとき、キーを指してセルを
回すだけの簡単な掛け方ではありません。
ラジオしかないので、格安なCDチューナーでブルートゥースが
付いている機種が欲しいということで、ケンウッドのデッキに
しました。そしてスピーカーはカロッツェリアの置き型スピーカー
を付けます。

↑     ↑
昭和の懐かしさがあります。

↑     ↑
ケンウッド U494BTと取り付けケース

↑     ↑
懐かしい置型スピーカー
カロッツェリア TS-180

↑     ↑
お客さんの要望でグローブボックスに入れます。

↑     ↑
こんな感じで付きますが、ネジを締められるかです?

↑     ↑
配線の結線は半田付けで処理しています。

↑     ↑
グローブボックスのフタは外して、この様な感じになりました。

↑     ↑
スピーカーの取り付け位置はスペアタイヤがあるので
この位置に左右付けています。


オーナーさんは喜んで頂きましたが、特に奥様が
大喜びでした!
















音質改善 アクワイエ 内張りのデッドニング施工! ミツビシ デリカD5 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2014.06.23 Monday
いい音はデッドニングで決まる!
「Sさん」のデリカD5にオーディオテクニカ アクワイエで
内張りのデッドニング施工をしました。

ドアのデッドニングをしっかりしても、特にインナーバッフルで
スピーカーを付けてドアのサービスホールを塞いでも内張り内に
音が回り込み、音溜まりの箇所が出来て内張りが共振して
音を濁します!
もっとも共鳴しやすいパーツが内張りです。
軽量であるためスピーカーの振動の影響を直接受けやすく、
ビリつくだけでなく、特に120Hz〜160Hzの
周波数帯域では位相ずれを引き起こすことにより
低音のエネルギーが失われやすくなります。
そこで専用の内張り制振材の施工が効果的です。

↑    ↑
アクワイエ アブソーブウェーブ AT7471


↑    ↑
スピーカーはカロッツェリアのハイエンドオーディオ
XブランドのTS-Z172PRSを使っています。
「Sさん」お気に入りのスピーカーです。

↑    ↑
制振材を貼った上に、アブソーブウェーブを貼っていきます。



↑    ↑
装着後、簡易アナライザーで測定しましたが100Hz〜160Hz
までの数値が上がりました。












JL AUDIO C5-650 スピーカーの取り付け! ミツビシ アウトランダー 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2014.05.15 Thursday
アウトランダーにJL AUDIOのスピーカーを取り付けしました。
当初の予定では市販のインナーバッフルを使う予定でバッフルの
内径を広げていましたが、スピーカーがバッフルに収まらず
急きょ、ワンオフでバッフルを作ることになりました。
そして、ウーファーを収めるために鉄板を切っています。
DIATONE SOUND.NAVINR-MZ80PREMIが
付いていますのでサウンド調整をしてあります。

↑    ↑
JL AUDIO C5-650

↑    ↑
純正ロックフォード仕様です。


↑    ↑
マグネットが干渉するため、鉄板を切断して、切り口は
塗装をしてあります。


↑    ↑
今回は、2分割のバッフルです。


↑    ↑
ツィーターは純正の位置に埋め込みします。


↑    ↑
2分割のインナーバッフルです。




↑    ↑
タイムアライメントとクロスオーバーにイコライザーを
調整してあります。










DIATONE SOUND.NAVI NR-MZ80PREMIの取り付け! ミツビシ アウトランダー  長野県 長野市 デッドニング施工 スピーカー カーナビ取付け カーオーディオ取付け カーグッズ ゼロ

2014.03.29 Saturday
「Kさん」のアウトランダーは純正ロックフォードサウンド仕様です。
市販モデルはインピーダンスが4Ωに対して、2Ωです。
DIATONE SOUND.NAVI NR-MZ80PREMIは
前モデルのNR-MZ60PREMIを上回る高性能に変わりました。
32bitのD/Aコンバーターを使い、64bitの演算コアを
使っています。市販モデルでは最強のサウンドナビです!
純正のバックカメラを市販のナビに接続できる変換キットが
出ていないため、市販のバックカメラに交換します。
フイルムアンテナが以前のモデルと違い透明になったことで
アンテナが目立たなくなり、とても良い改善だと思います。

↑     ↑
DIATONE SOUND.NAVI NR-MZ80PREMI
以前のモデルより、また高性能になっています。

↑     ↑
ビートソニックの接続キット

↑     ↑
カロッツェリアのバックカメラ ND-BC7を使います。

↑     ↑
純正パネルと取り付け金具


↑     ↑
バックカメラは純正のステーを加工して付けてます。


↑     ↑
以前のと違い透明のため、アンテナが目立ちません。

↑     ↑
バックカメラのガイドラインの設定です。


↑     ↑
DIATONE SOUND.NAVIPREMIの最初の仕事
専用カードを入れて、システム設定をします。


↑     ↑
タイムアライメントとクロスオーバーの設定をします。
今回はフロント2Wayですが、仮想3Way仕様に設定しています。

↑     ↑
簡易アナライザーと専用CDを使って、減衰している帯域を
イコライザーを使って調整してあります。

↑     ↑
2Wayのシステムですが、仮想ミッドレンジを置きシステム設定して、
聴いてみましたが2Wayでの時と違いい音の広がりとボーカルが
上に上がってきます。


「Kさん」が試聴して
「純正と比べてはいけませんが音の違いがはっきり解ります!」
「スピーカーを換えていないのに、こんなに変わるのですね。」
「CDの音が滑らかになりました!高性能な32bitの
D/Aコンバーターの違いでしょうか!」
「引き締まった低域ときれいな高域がとくに凄いです!」

と喜んでいられました。














カロッツェリア PRS-D700とTS-Z172PRSの取り付け! ミツビシ デリカ D5 長野県 長野市 デッドニング施工 スピーカー ナビ オーディオ取付け  カーグッズ ゼロ

2013.08.08 Thursday
いい音はアンプで決まる!

ついに、内蔵アンプから卒業の「Sさん」のオーディオシステムの取付けです。
内蔵アンプでは表現されなかった音がこれからは聴こえます。
パワーアンプはカロッツェリア PRS-D700を2台
フロントスピーカーはカロッツェリアブランドのハイエンド・オーディオの
TS-Z172PRSを付けます。リアスライドドアはデッドニングをして
今までフロントで鳴らしていたスピーカーを付けます。
楽しみな組み合わせです!

↑     ↑
カロッツェリア PRS-D700を2台付けます。

↑     ↑
カロッツェリア TS-Z172PRSをフロントドアに付けます。
このネットワークのクロスオーバー周波数は1,900Hzと
他より低めの設定です。ウーファーの再生周波数帯域も25Hz
からと低い帯域から再生可能です。

↑     ↑
スピーカーコードは引き直します。

↑     ↑
スライドドアのインナーバッフルは、ワンオフで作っています。


↑     ↑
スライドドアと内張りを制振材でデッドニングしています。

↑     ↑
TS-Z172PRSを付けるために鉄板を削っています。

↑     ↑
助手席の下にパワーアンプを収めてあります。

↑     ↑
超音波振動カッターで、少しづつ穴を広げてツィーターを
付けてあります。

↑     ↑
付けた感じはこのようにぴったりです。


↑     ↑
タイムアライメントとクロスオーバーの設定。



試聴した「Sさん」は、「凄い!今まで出ていない音域がハッキリ聴こえる!」
「TS-Z172PRSは低域も凄い出ています!特にツィーターの音がきれいです!」
「初めてパワーアンプを付けましたが内蔵アンプには、もう戻れません!」
・・・とお喜びの感想でした。









KICKER HS8 パワードサブウーファーの取り付け ミツビシ デリカ D5 長野県 長野市 デッドニング施工 スピーカー ナビ オーディオ取付け  カーグッズ ゼロ

2013.06.30 Sunday
サブウーファーが有ると無いとでは、大違い!

「Sさん」のデリカ D5に
KICKERのパワードサブウーファー 
HS8を取り付けしました。


サブウーファーは、メインの16〜17cmの口径では
再生できない下の音域を担当する低音専用のスピーカーです。
システムのメインであるフロントスピーカーでは再生しきれない
低音をサブウーファーで補います。
こうすることで、低域の帯域をカバーできて音楽をより豊かに
迫力ある再生をしてくれます。

このHS8パワードサブウーファーは、コンパクトボディながら
コーンにアルミ、ダストキャップにスチールを採用して、
総重量5.2kgと剛性を高めています。
今までのコンパクトパワードサブウーファーの
概念を覆す重低音の再生、鳴りっぷりは凄いです!

↑     ↑
KICKER HS8とスピーカーレベル変換ケーブル

↑     ↑
ウーファーのRCAを接続する為に、ナビを外すと・・・
「何?」この配線の処理の仕方!
見えない所も綺麗に処理をするから、
お客さんから工賃をもらえると思うのですが!


↑     ↑
電源ラインはバッテリーから直で、ウーファーは運転席の下に

↑     ↑
GAIN調整はウーファー本体で、手元でウーファーの
レベルをコントロールできます。


↑     ↑
タイムアライメントとX-OVERを調整しています。


引き取りに来たオーナーさん!
サブウーファーが加わった事で、音の質が変わった事に感激していました!
次の計画があるらしいです・・・アンプ!










| 1/2PAGES | >>