ボディーコーティングの施工 ダイハツ コペン 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.12.18 Tuesday
外注でコペンのボディーコーティングの施工をしています。
コーティングの保証期間は3年ですけれど撥水の効果は毎年少しづつ
落ちてゆきます。毎年メンテナンスをすることでボディーの
コーティング状態を保ちます。
ボディーコーティング施工をいつもお願いしている外注先は
これから登録をする新車のベンツやアウディなど外車を中心に
施工しています。コーティング施工後のクルマの輝きは凄いです。
小さな傷も消え、まるで新車のような輝きです。今は新車を購入
された時にボディーコーティング施工をしている方が多いですが、
コーティングの素材よりもコーティングを掛ける前のボディーの
磨きで違うそうです。中にはあまり磨かずにコーティングを
かけている場合があるそうです。それが輝きの差だそうです。


↑   ↑
外注先の施工業者です。

↑   ↑
施工証明書


↑   ↑
黄ばんでいたパールホワイトの塗装が綺麗な白色に変わりました。





DIATONE SOUND.NAVI MZ200 PREMI-2の取り付け ダイハツ コペン 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.12.14 Friday
コペンのヘッドユニットはDIATONEのSOUND.NAVI 
MZ200 PREMI-2を内蔵アンプでスピーカーは同じく
DIATONEのDS‐G300を鳴らしています。スピーカー
の能力を引き出すデッドニング施工はロシア製のSTPで施工を
しています。

↑   ↑
DIATONE SOUND.NAVI MZ200 PREMI-2

↑   ↑
パナソニック CY-ET925KD


↑   ↑
コペンの場合、奥行きに余裕が無いので配線関係をナビから
逃がすように引き回します。

↑   ↑
ギボシ端子はダイレクト・ロジウム端子を使っています。


↑   ↑
ETCの配線を短くしています。

↑   ↑
グローブボックス内にETCを付けています。

↑   ↑
仮止めで動作チェックをしています。


↑   ↑
ナビのGPSアンテナとETCのアンテナは隠しています。

↑   ↑
初期設定画面でシステムの構築をしています。


↑   ↑
レーザー距離計を使って、スピーカーまでの距離を測り
タイムアライメントを設定しています。

↑   ↑
クロスオーバーを設定しています。

↑   ↑
簡易アナライザーを使って車内を測定して、イコライザーを
調整しています。






DIATONE スピーカー DS‐G300の取り付けとSTPデッドニング施工 ダイハツ コペン 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.12.13 Thursday
いい音はデッドニングで決まる!

伊那市からお越しの「Kさん」のコペンにオーディオシステムを
組みます。中古で買われたそうですが、とても程度の良いコペンです。
DIATONEのSOUND.NAVI NR-MZ200 
PREMI-2にスピーカーはDS‐G300を内蔵アンプで鳴らし、
デッドニングはロシア製のSTPを使います。コペンの場合は市販の
インナーバッフルが無いのでワンオフで作っています。
デッドニングのStPの考えは250Hz以下の中・低周波と250Hz
以上の中・高周波を1種類の素材や同じアイテムで抑制・吸収するのは
不可能と考え、中・低周波をブチル+アルミ系の素材で、中・高周波を
ポリウレタンフォーム系の素材で対応という考えです。

↑   ↑
DIATONE DS‐G300 
おすすめのスピーカーです。

↑   ↑
STP Aero

↑   ↑
STP Aero Alum

↑   ↑
STP Aero Flex 6

↑   ↑
レアルシルト・ディフュージョン ESDS-02

↑   ↑
ギボシ端子はダイレクト・ロジウム端子に入れ替えます。


↑   ↑
インナーバッフルの型紙を作っています。

↑   ↑
インナーバッフルの穴を広げたので、サビ止めのために
塗装をします。

↑   ↑
インナーバッフルを塗装しています。

↑   ↑
アウターパネルはほぼ全面貼りでAeroを貼っています。

↑   ↑
Aeroの上にAero Flex 6を貼っています。

↑   ↑
スピーカーの背面にはレアルシルト・ディフュージョンを貼っています。

↑   ↑
アウター側のサービスホールにはAero Alumを貼ります。

↑   ↑
Aero Alumで補強した上に制振材のAeroを貼ります。

↑   ↑
アウター側もほぼ全面貼りです。

↑   ↑
ギボシ端子部分はダイレクト・ロジウム端子に入れ替えています。


↑   ↑
スピーカーが干渉しないように、内張りのスピーカー周りの
リブを削っています。


↑   ↑
DS‐G300の特長はツィーターとミッドウーファーが
同一の振動板を使っています。




JL AUDIO サブウーファーボックスの改造 ダイハツ ミライース 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.10.23 Tuesday
ミライースのサブウーファーですが、以前にJL AUDIOの
サブウーファーとパワーアンプに入れ替えをしましたが、どうも
低域の音がいまいちなのでウーファーボックスをSTPの
Bomb Aeroで補強をして、ボックスの大きさや形状
に応じた響きが発生しますが、問題となるのは、特定周波数のみが
共鳴する事です。その周波数のみが強調された定在波現象が発生して
いると考えられますので、リアルシルトのディフュージョンを使って
対策をしています。

↑    ↑
JL AUDIOのCP106LG-W3v3
16.5cmボックス付き

↑    ↑
STP Bomb Aero

↑    ↑
リアルシルト ディフュージョン

↑    ↑
ボックスに制振材のBomb Aeroを貼っています。


↑    ↑
リアルシルト ディフュージョンを貼っています。

↑    ↑
吸音材を敷いています。


↑    ↑
サブウーファーのクロスオーバーを設定しています。







車載用バーチャルアースBOX VE-01 ダイハツ ミラ イース 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.09.10 Monday
ミラ イースにも車載用バーチャルアースBOX VE-01を
付けます。お客さんに勧めるためにも自分で試してみます。
医療用電源やオーディオ用電源などを製造する株式会社 光城精工
の車載用仮想アースBOX「VE-01」を発売しました。
カーオーディオシステムにおいてノイズ対策は永遠のテーマであり
切っても切り離せないものです。カーオーディオ機材はエンジンや
ハイブリッド車、電気自動車等に多用されるインバータなどの
ノイズ発生源の中にさらされています。一般的にノイズと呼ばれる
ものは、高周波成分の多い物が多く、車も例外ではありません。
高周波成分は導体の表面を流れる特性があります。ボディの表面積を
大きくすることは、高周波に対するインピーダンス(抵抗)値を
低減させ、結果ノイズレベルの低いボディとすることが可能に
なります。

↑   ↑
車載用仮想アースBOX「VE-01」
VE-01は内部抵抗を0オームに近づけるため、プレート状の
異金属を幾重にも積層し、超コンパクトなサイズながら、約畳一畳分
の表面積を持つ導体で構成しています。車のボディサイズに対し、
畳一畳分の表面積が追加されることは驚異的です。

↑   ↑
VE-01と接続するケーブルはスピーカーケーブルやRCAケーブル
などの高周波特性に優れたものを使います。

↑   ↑
M&M DESIGNのSDJ-01

F2 Music ダイレクト・ロジウム端子


↑   ↑
SDJ-01でケーブルを直に接続します。

↑   ↑
SDJ-01を伸縮チューブを使って保護しています。







オーディオテクニカ ノイズコントロール プラグ AT-RXP06の取り付け ダイハツ ミライース 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.07.31 Tuesday
ミライースに発売されたばかりのノイズコントロール プラグを
試しに取り付けをしました。
ノイズを抑えS/N比が向上し、音質改善に貢献します。
機器側で生じる微細振動まで制振する真鍮製で、プラグ内部に
高い制振効果を発揮するハネナイトシートを採用しています。
センターピンを取り外せば、機器の出力側にも対応可能です。

↑   ↑
ノイズコントロール プラグ AT-RXP06


↑   ↑
サブウーファーのパワーアンプの入力側にはセンターピンを付けて
出力側にはセンターピンを外して付けています。


DIATONE SOUND.NAVI MZ-200 PREMI-2の取り付け デモカー ダイハツ ミライース 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.07.17 Tuesday
デモカーのミライースに昨年の12月に発売されたMZ200PREMI-2
に入れ替えをしました。一度、クルマにSOUND.NAVIを付けて
聴いてしまうと他のメーカーのナビやヘッドユニットを考えずに
SOUND.NAVIになると思います。
MZ-200 PREMI-2は昨年までのMZ200PREMIをベースに
回路素子の定数をブラッシュアップした7V型画面搭載モデルです。
外観上、MZ200PREMIとの差別化はされていません。機能面
でもまったく同じですが、音を聴くと明らかに違うということです。

↑   ↑
SOUND.NAVI NR-MZ200PREMI-2

↑   ↑
M&M DESIGNのUSBケーブル ナビ裏の端子を入れ替えて
加工しています。

↑   ↑
電源周りをM&M DESIGNのケーブルダイレクトジョイント
SDJ-01を使います。

↑   ↑
電源周り以外の端子はダイレクト・ロジウム端子を使います。

↑   ↑
ナビの常時電源のヒューズをロジウムヒューズを使います。

↑   ↑
ケーブルダイレクトジョイント SDJ-01を電源周りで使っています。


↑   ↑
DD-1を使って、MZ200PREMI-2のボリュームの歪みポイント
を調べました。以前のMZ200PREMIよりもポイントが上がっています。

↑   ↑
歪みポイントが上がっているので、パワーアンプのゲイン調整をしています。

↑   ↑
GPSアンテナは隠しています。

↑   ↑
初期設定画面でシステムの構築をします。

↑   ↑
BOSCHのレーザー距離計を使って、タイムアライメントの
計測をします。

↑   ↑
EMMAのCDを使って、タイムアライメントの微調整をします。


↑   ↑
タイムアライメントとクロスオーバーの設定をしています。

↑   ↑
簡易アナライザーで車内を計測して、イコライザーを調整しています。







ロシア チェルノフケーブル USBケーブルの交換 ダイハツ ミライース 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.06.08 Friday
オーディオテクニカのデジタルトランスポートD/Aコンバーター
AT-HRD500のUSBケーブルを入れ替えました。
チェルノフはロシアで設立され、現在はドイツのベルリンに本拠を
置いています。
以前に高音質なチェルノフケーブルのRCAケーブルとUSBケーブル
の試聴をしました。
RCAケーブルはオーディオテクニカのレグザットを使っているので
USBケーブルをチェルノフのクラシック MK兇妨魎垢靴泙靴拭
信号ラインと電力ラインをそれぞれ個別にシールドして伝送エラーを
防止し、電磁場の影響も低減。導体にはRCAケーブルと同様にBRC銅
により撚り線を採用。外部デバイスにノイズレスな電力を供給することが
できます。

↑   ↑
クラシック MK兇裡妝咤促院璽屮襪錬.65mで¥20,000
と手の届く価格です。

↑   ↑
BOSCHのレーザー距離計でアライメントを測定します。

↑   ↑
今までのUSBケーブルと差し替えるだけです。

↑   ↑
BOSCHのレーザー距離計でスピーカーまでの距離を測定し、
タイムアライメントに入力します。

↑   ↑
今までのと聴き比べるとステージが広く、女性のボーカル音は透明感があり、
息づかいまで繊細に聴こえ、アコスティックギターは弦をはじいた響きや
余韻まで再現してくれます。




オーディオテクニカ RCAケーブルの入れ替え ダイハツ ミラ イース 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.05.31 Thursday
SOUND.NAVIとデジタルトランスポートD/Aコンバーター
AT-HRD500の間のRCAケーブルの入れ替えをしました。
今回はオーディオテクニカのRCAケーブルでリアルステージの
AT-RS250を使っています。このケーブルは価格も手ごろで
素直な音のするケーブルです。
RCAケーブルを変えることで、また違った音に変わります。
価格は手ごろな価格から高性能な製品もあり、楽しめます。

↑   ↑
オーディオテクニカ リアルステージ AT-RS250/2.0

↑   ↑
今まではオーディオテクニカ AT-RS240/2.0
を使っていました。


↑   ↑
SOUND.NAVIの外部入力とデジタルトランスポート
D/Aコンバーターの間のRCAケーブルの入れ替えです。





オーディオテクニカ レグザット RCAケーブルの交換 ダイハツ ミライース 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.03.28 Wednesday
ミライースのサブウーファーのパワーアンプまでと外部入力の
RCAケーブルをオーディオテクニカ レグザットのRCAケーブル
に交換しています。RCAケーブルは安い物で数千円からあります。
私自身も過去は安い1万円もしないRCAケーブルを使っていましたが
オーディオテクニカのレグザット RCAケーブルは違います。
音の透明感や音の厚みが違います。

↑   ↑
オーディオテクニカ レグザット AT-RX28
 
↑   ↑
SOUND.NAVI裏のRCA出力ハーネスからレグザットの
RCAケーブルを引き回します。


↑   ↑
サブウーファー用のJL パワーアンプまでとデジタルトランスポート
D/AコンバーターまでのRCAケーブルを交換します。

↑   ↑
デジタルトランスポートD/AコンバーターまでのRCAケーブルを
レグザットに交換しました。

↑   ↑
サブウーファー用のJL パワーアンプまでのRCAケーブルを
レグザットに交換とゲインを調整しています。

↑   ↑
MOSCONIのパワーアンプもゲインを調整しています。

↑   ↑
クロスオーバーの再調整をしています。

↑   ↑
簡易アナライザーで車内を測定しています。






| 1/13PAGES | >>