JL AUDIO サブウーファーボックスの改造 ダイハツ ミライース 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.10.23 Tuesday
ミライースのサブウーファーですが、以前にJL AUDIOの
サブウーファーとパワーアンプに入れ替えをしましたが、どうも
低域の音がいまいちなのでウーファーボックスをSTPの
Bomb Aeroで補強をして、ボックスの大きさや形状
に応じた響きが発生しますが、問題となるのは、特定周波数のみが
共鳴する事です。その周波数のみが強調された定在波現象が発生して
いると考えられますので、リアルシルトのディフュージョンを使って
対策をしています。

↑    ↑
JL AUDIOのCP106LG-W3v3
16.5cmボックス付き

↑    ↑
STP Bomb Aero

↑    ↑
リアルシルト ディフュージョン

↑    ↑
ボックスに制振材のBomb Aeroを貼っています。


↑    ↑
リアルシルト ディフュージョンを貼っています。

↑    ↑
吸音材を敷いています。


↑    ↑
サブウーファーのクロスオーバーを設定しています。







車載用バーチャルアースBOX VE-01 ダイハツ ミラ イース 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.09.10 Monday
ミラ イースにも車載用バーチャルアースBOX VE-01を
付けます。お客さんに勧めるためにも自分で試してみます。
医療用電源やオーディオ用電源などを製造する株式会社 光城精工
の車載用仮想アースBOX「VE-01」を発売しました。
カーオーディオシステムにおいてノイズ対策は永遠のテーマであり
切っても切り離せないものです。カーオーディオ機材はエンジンや
ハイブリッド車、電気自動車等に多用されるインバータなどの
ノイズ発生源の中にさらされています。一般的にノイズと呼ばれる
ものは、高周波成分の多い物が多く、車も例外ではありません。
高周波成分は導体の表面を流れる特性があります。ボディの表面積を
大きくすることは、高周波に対するインピーダンス(抵抗)値を
低減させ、結果ノイズレベルの低いボディとすることが可能に
なります。

↑   ↑
車載用仮想アースBOX「VE-01」
VE-01は内部抵抗を0オームに近づけるため、プレート状の
異金属を幾重にも積層し、超コンパクトなサイズながら、約畳一畳分
の表面積を持つ導体で構成しています。車のボディサイズに対し、
畳一畳分の表面積が追加されることは驚異的です。

↑   ↑
VE-01と接続するケーブルはスピーカーケーブルやRCAケーブル
などの高周波特性に優れたものを使います。

↑   ↑
M&M DESIGNのSDJ-01

F2 Music ダイレクト・ロジウム端子


↑   ↑
SDJ-01でケーブルを直に接続します。

↑   ↑
SDJ-01を伸縮チューブを使って保護しています。







オーディオテクニカ ノイズコントロール プラグ AT-RXP06の取り付け ダイハツ ミライース 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.07.31 Tuesday
ミライースに発売されたばかりのノイズコントロール プラグを
試しに取り付けをしました。
ノイズを抑えS/N比が向上し、音質改善に貢献します。
機器側で生じる微細振動まで制振する真鍮製で、プラグ内部に
高い制振効果を発揮するハネナイトシートを採用しています。
センターピンを取り外せば、機器の出力側にも対応可能です。

↑   ↑
ノイズコントロール プラグ AT-RXP06


↑   ↑
サブウーファーのパワーアンプの入力側にはセンターピンを付けて
出力側にはセンターピンを外して付けています。


DIATONE SOUND.NAVI MZ-200 PREMI-2の取り付け デモカー ダイハツ ミライース 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.07.17 Tuesday
デモカーのミライースに昨年の12月に発売されたMZ200PREMI-2
に入れ替えをしました。一度、クルマにSOUND.NAVIを付けて
聴いてしまうと他のメーカーのナビやヘッドユニットを考えずに
SOUND.NAVIになると思います。
MZ-200 PREMI-2は昨年までのMZ200PREMIをベースに
回路素子の定数をブラッシュアップした7V型画面搭載モデルです。
外観上、MZ200PREMIとの差別化はされていません。機能面
でもまったく同じですが、音を聴くと明らかに違うということです。

↑   ↑
SOUND.NAVI NR-MZ200PREMI-2

↑   ↑
M&M DESIGNのUSBケーブル ナビ裏の端子を入れ替えて
加工しています。

↑   ↑
電源周りをM&M DESIGNのケーブルダイレクトジョイント
SDJ-01を使います。

↑   ↑
電源周り以外の端子はダイレクト・ロジウム端子を使います。

↑   ↑
ナビの常時電源のヒューズをロジウムヒューズを使います。

↑   ↑
ケーブルダイレクトジョイント SDJ-01を電源周りで使っています。


↑   ↑
DD-1を使って、MZ200PREMI-2のボリュームの歪みポイント
を調べました。以前のMZ200PREMIよりもポイントが上がっています。

↑   ↑
歪みポイントが上がっているので、パワーアンプのゲイン調整をしています。

↑   ↑
GPSアンテナは隠しています。

↑   ↑
初期設定画面でシステムの構築をします。

↑   ↑
BOSCHのレーザー距離計を使って、タイムアライメントの
計測をします。

↑   ↑
EMMAのCDを使って、タイムアライメントの微調整をします。


↑   ↑
タイムアライメントとクロスオーバーの設定をしています。

↑   ↑
簡易アナライザーで車内を計測して、イコライザーを調整しています。







ロシア チェルノフケーブル USBケーブルの交換 ダイハツ ミライース 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.06.08 Friday
オーディオテクニカのデジタルトランスポートD/Aコンバーター
AT-HRD500のUSBケーブルを入れ替えました。
チェルノフはロシアで設立され、現在はドイツのベルリンに本拠を
置いています。
以前に高音質なチェルノフケーブルのRCAケーブルとUSBケーブル
の試聴をしました。
RCAケーブルはオーディオテクニカのレグザットを使っているので
USBケーブルをチェルノフのクラシック MK兇妨魎垢靴泙靴拭
信号ラインと電力ラインをそれぞれ個別にシールドして伝送エラーを
防止し、電磁場の影響も低減。導体にはRCAケーブルと同様にBRC銅
により撚り線を採用。外部デバイスにノイズレスな電力を供給することが
できます。

↑   ↑
クラシック MK兇裡妝咤促院璽屮襪錬.65mで¥20,000
と手の届く価格です。

↑   ↑
BOSCHのレーザー距離計でアライメントを測定します。

↑   ↑
今までのUSBケーブルと差し替えるだけです。

↑   ↑
BOSCHのレーザー距離計でスピーカーまでの距離を測定し、
タイムアライメントに入力します。

↑   ↑
今までのと聴き比べるとステージが広く、女性のボーカル音は透明感があり、
息づかいまで繊細に聴こえ、アコスティックギターは弦をはじいた響きや
余韻まで再現してくれます。




オーディオテクニカ RCAケーブルの入れ替え ダイハツ ミラ イース 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.05.31 Thursday
SOUND.NAVIとデジタルトランスポートD/Aコンバーター
AT-HRD500の間のRCAケーブルの入れ替えをしました。
今回はオーディオテクニカのRCAケーブルでリアルステージの
AT-RS250を使っています。このケーブルは価格も手ごろで
素直な音のするケーブルです。
RCAケーブルを変えることで、また違った音に変わります。
価格は手ごろな価格から高性能な製品もあり、楽しめます。

↑   ↑
オーディオテクニカ リアルステージ AT-RS250/2.0

↑   ↑
今まではオーディオテクニカ AT-RS240/2.0
を使っていました。


↑   ↑
SOUND.NAVIの外部入力とデジタルトランスポート
D/Aコンバーターの間のRCAケーブルの入れ替えです。





オーディオテクニカ レグザット RCAケーブルの交換 ダイハツ ミライース 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.03.28 Wednesday
ミライースのサブウーファーのパワーアンプまでと外部入力の
RCAケーブルをオーディオテクニカ レグザットのRCAケーブル
に交換しています。RCAケーブルは安い物で数千円からあります。
私自身も過去は安い1万円もしないRCAケーブルを使っていましたが
オーディオテクニカのレグザット RCAケーブルは違います。
音の透明感や音の厚みが違います。

↑   ↑
オーディオテクニカ レグザット AT-RX28
 
↑   ↑
SOUND.NAVI裏のRCA出力ハーネスからレグザットの
RCAケーブルを引き回します。


↑   ↑
サブウーファー用のJL パワーアンプまでとデジタルトランスポート
D/AコンバーターまでのRCAケーブルを交換します。

↑   ↑
デジタルトランスポートD/AコンバーターまでのRCAケーブルを
レグザットに交換しました。

↑   ↑
サブウーファー用のJL パワーアンプまでのRCAケーブルを
レグザットに交換とゲインを調整しています。

↑   ↑
MOSCONIのパワーアンプもゲインを調整しています。

↑   ↑
クロスオーバーの再調整をしています。

↑   ↑
簡易アナライザーで車内を測定しています。






M&M DESIGN アルミ製 インナーバッフルの取り付け デモカー ダイハツ ミライース 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.03.21 Wednesday
この間、お客さんのクルマにアルミ製 インナーバッフルを
取り付けたのですが、今までの木製のインナーバッフルと違い
低域の音が引き締まった音になりました。
確実にサウンドクオリティーアップを実現しています。
MDFや合板と違い、高剛性でしっかり固定できます。
従来はタッピングビスでスピーカーを固定していましたが
M4のボルトを使うために緩むこともありません。


↑    ↑
アルミ インナーバッフルベース MX-616


↑    ↑
アルミバッフル PCD-1


↑    ↑
樺桜合板でインナーバッフルを作っていました。

↑    ↑
アルミ インナーバッフルベース MX-616を付けます。

↑    ↑
アルミ インナーバッフルベース MX-616の上に
アルミバッフル PCD-1を付けます。

↑    ↑
従来はタッピングビスでスピーカーを固定していましたが
6箇所M4のボルトを使うために緩むこともありません。


↑    ↑
タイムアライメントとクロスオーバーを設定しています。

↑    ↑
簡易アナライザーを使って車内を測定して、イコライザーを
調整しています。



新製品! オーディオテクニカ デジタルトランスポートD/Aコンバーター AT-HRD500の取り付け ダイハツ ミラ イース 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.12.11 Monday
デモカーのミラ イースにはiPhone、iPodなどで聴く
デジタルオーディオやハイレゾ音源をいい音で聴くために
デジタルトランスポートD/AコンバーターのAT-HRD5が
付いていますが、新たに改良モデルのAT-HRD500が
発売されました。より情報量の多いDSD64、DSD128
にも対応しました。DAC出力レベルの切り替えができるように
なりました。接続する機器に合わせてDACの出力レベルを
0.5Vrms,1.0Vrms,2.0Vrmsから選択できます。
(AT-HRD5は1.0Vrmsの固定でした)
前モデルと比較すると明らかにクオリティが上がっています。
ミラ イースのヘッドユニットはDIATONE SOUND.
NAVIなのでDACの出力レベルを2.0Vrmsに変更しています。
前モデルは1.0Vrmsの固定でした。出力レベルも上がり、
比較すると、一音一音が以前よりもハッキリ聴こえ明らかに
クオリティが上がっています。
これで以前と同じ価格ですのでお買い得です。
変えるだけの価値があります。

↑    ↑
デジタルトランスポートD/Aコンバーター AT-HRD500

↑    ↑
従来モデルのAT-HRD5を外して入れ替えをします。


↑    ↑
座席の下に収めています。

↑    ↑
AT-HRD500のメリットは接続する機器に合わせて
DACの出力レベルを3種類から選択できます。

↑    ↑
ハイレゾプレーヤーはSONYを使っています。

↑    ↑
iPhone、iPodなどでデジタルオーディオも聴けます。








クラリオン フルデジタルサウンドシステムのサウンド調整 ダイハツ ムーヴ カスタム 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.11.14 Tuesday
ムーヴのオーディオの調整をしています。ムーヴのオーディオシステムは
クラリオンのフルデジタルサウンドシステムで前後にフルデジタルスピーカー
を組み、JL AUDIOのパワーアンプとサブウーファーを
組み合わせています。タイムアライメントやクロスオーバーを調整しています。

↑    ↑
サウンドナビの調整機能はスルーしています。
クラリオンのプロセッサーで調整しています。

↑    ↑
プロセッサーの調整はiPadを使います。


↑    ↑
タイムアライメントとクロスオーバーを再調整しています。

↑    ↑
簡易アナライザーで車内を測定しています。



| 1/12PAGES | >>