ロシア製 StP NOISEBLOCK Premiumの施工 デモカー ダイハツ ミラ イース 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.09.16 Saturday
デモカーのミラ イースに新たに発売されましたロシア製 StPの
NOISEBLOCK Premiumを使ってみました。この製品は
純正フロアカーペットとフロアボディーの間に入れます。従来のフロア
の施工にはBOMB AEROやGOLD AEROを使い大がかりな
施工作業で料金も掛かりましたが、NOISEBLOCK Premium
でしたら施工時間も短縮でき安くフロアの対策ができます。
NOISEBLOCK Premiumの特徴は、アルミ層と合成ゴム層
と発泡ポリエチレン層から成り、耐熱温度は一般的な環境下である
−30度〜+80度になります。発泡ポリエチレン層のブロックは
ノイズが車内に侵入することや結露を防ぐことができます。吸音性能、
遮音性能ともに優れているので、フロアに最適です。


↑    ↑
StP NOISEBLOCK Premium
アルミ層と合成ゴム層と発泡ポリエチレン層の3層から出来ています。

↑    ↑
フロアの形取りをします。



↑    ↑
純正フロアカーペットとフロアボディーの間に入れます。


舗装路にもよりますが、ロードノイズ面ではBOMB AEROや
GOLD AEROの方が施工面積が大きく出来ますので、
それと比べると劣りますが、NOISEBLOCK Premium
でしたら価格以上の効果があるのではないでしょうか。
夏場等のエアコン使用時のフロアの断熱効果もあるのではないでしょうか。





JL AUDIO サブウーファーとパワーアンプの取り付け ダイハツ ミライース 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.08.12 Saturday
いい音はアンプで決まる!

デモカーのミライースです。KICKERのパワードウーファー
が付いていますが、JL AUDIOのサブウーファーとパワーアンプ
に入れ替えをしました。KICKERのパワードウーファーも低音が
十分出るのですが、それ以上の重低音を出すためにパワーアンプと
サブウーファーを組み合わせます。スペース的な点で16.5cmの
口径のサブウーファーを使っています。
“EMMAのCD”を使ってダッシュボード上に音のセンターを作ります。

↑    ↑
パワーアンプはJL AUDIOのXD400/4v2の
3ch部分を使います。

↑    ↑
サブウーファーはJL AUDIOのCP106LG-W3v3
16.5cmボックス付き

↑    ↑
RCAケーブルはオーディオテクニカ レグザットのAT-RX23
今年発売された 手の届きやすい価格帯のRCAケーブルです。

↑    ↑
ルテニウム加工のMIDIヒューズホルダー

↑    ↑
メインの電源ラインにルテニウム加工のMIDIヒューズホルダー
を使っています。MIDIヒューズとケーブルエンドターミナルも
ルテニウム加工した物を使っています。

↑    ↑
モスコニのアンプでDIATONEのDS-G500をマルチ仕様で
鳴らしています。

↑    ↑
サブウーファーのパワーアンプはラックの下段に収めています。


↑    ↑
サブウーファーのパワーアンプをDD-1を使ってゲイン調整しています。

↑    ↑
16.5cmの口径のサブウーファーですが結構鳴ってくれます。

↑    ↑
“EMMAのCD”を使って、アライメントを微調整します。

↑    ↑
DIATONE SOUND.NAVIのアライメントでは
センターにステージが他メーカーより出てきます。
それを再調整しています。

↑    ↑
クロスオーバーはサブウーファーの口径が16.5cmと小さいので
少し上まで引っ張って試しています。

↑    ↑
簡易アナライザーで車内を測定して、イコライザーを調整しています。








カロッツェリア パワーアンプ PRS-D700の取り付け ダイハツ ムーヴ 新車 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.07.06 Thursday
いい音はアンプで決まる!

新車のムーヴにカロッツェリアの2DINメインユニット 
FH-9200DVDはバックカメラの映像を映すことが
出来ます。内蔵アンプはリアスピーカーを使い、パワーアンプ 
PRS-D700はフロントを鳴らしています。後にリア用の
パワーアンプを増設する予定です。
パワーアンプの4Gの電源ケーブルとスピーカーケーブル
を引き込みから作業をしています。

↑   ↑
カロッツェリア FH-9200DVD

↑   ↑
カロッツェリア PRS-D700


↑   ↑
パワーアンプを付けるのでDD-1を使って、ヘッドユニットの
ボリュームの歪みポイントを調べています。

↑   ↑
純正のバックカメラを変換キットを使い組んでだので、
動作確認をしています。

↑   ↑
パワーアンプの4Gの電源ケーブルはバッテリーから取り
車内に引き込みます。

↑   ↑
フロントドアにスピーカーケーブルを通しています。

↑   ↑
インナーバッフルとパワーアンプボードを塗装しています。

↑   ↑
アンプボードは将来PRS-D700を追加できるようにしています。

↑   ↑
4Gケーブルはエンジンルーム内はコルゲートチューブ
で保護しています。

↑   ↑
DD-1を使ってパワーアンプのゲイン調整をしています。

↑   ↑
パワーアンプは助手席の下に収めています。

↑   ↑
タイムアライメントとX-OVERを設定しています。

↑   ↑
簡易アナライザーを使って車内を測定して、
イコライザーを調整しています。







ロックフォード チューンナップサブウーファー PS−8の取り付け ダイハツ ムーヴ 新車 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.07.01 Saturday
新車のムーヴにフロントドアのミッドウーファーでは再生の出来ない
重低音を出すためにパワードウーファーを取り付けをしています。
当店おすすめのパワードウーファー ロックフォードのPS−8を
運転席の下に収めています。

↑   ↑
ロックフォード PS−8

↑   ↑
電源ケーブルはバッ直で取っています。

↑   ↑
新車なのでコントローラーは両面テープで固定しています。


↑   ↑
運転席の下に収まります。

StP GOLD AEROでデッドニング施工 ダイハツ ムーヴ 新車 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.06.29 Thursday
いい音はデッドニングで決まる!

上田市にお住まいの「Fさん」の新車のムーヴです。
たった今、クルマ屋さんから届けられました走行距離6kmのムーヴ
取り付けをする内容は2DINのメインユニットにフロントを
パワーアンプを使い、リアは内蔵アンプで鳴らします。低域の
不足をパワードウーファーで補い、スピーカーの能力を引き出すために
デッドニング施工をしています。
デッドニング部材は話題のロシア製StPを使ってアウターと
インナーをほぼ全面貼りで施工します。StPの考えは
250Hz以下の中・低周波と250Hz以上の中・高周波を
1種類の素材や同じアイテムで抑制・吸収するのは不可能と考え、
中・低周波をブチル+アルミ系の素材で、中・高周波を
ポリウレタンフォーム系の素材で対応という考えです。

↑    ↑
走行距離6kmの新車です。

↑   ↑
JL AUDIO C2-650

↑   ↑
StP GOLD AERO

↑   ↑
StP NG04 PREMIUM

↑   ↑
StP CRYSTAL PREMIUM

↑   ↑
アウター側はGOLD AEROをほぼ全面貼りします。

↑   ↑
アウター側はGOLD AEROとNG04 PREMIUMを
貼っています。

↑   ↑
スピーカーの背面にはCRYSTAL PREMIUMを
貼っています。


↑   ↑
内張りの肘掛の部分は凹があるので、内張りを当てて型取りしています。

↑   ↑
インナー側もほぼ全面貼りです。


↑   ↑
インナーバッフルはワンオフで作っています。


↑   ↑
ツィーターはドア内張りに付けています。






カロッツェリア パワードサブウーファーの取り付け ダイハツ ミラ ココア 新車 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.05.09 Tuesday
ミラ ココア 新車のナビとドライブレコーダーの取り付けも終わり
追加注文のカロッツェリアのパワードウーファー TS-WX120A
の取り付けです。

↑    ↑
RCAケーブルを運転席の下まで引きます。

↑    ↑
バッ直電源はバッテリーから取っています。


↑    ↑
運転席の下にパワードウーファーを付けています。


↑    ↑
タイムアライメントとX-OVERを設定しています。

↑    ↑
簡易アライメントで車内を測定して、イコライザーを調整しています。


カロッツェリア 楽ナビとドライブレコーダーの取り付け ダイハツ ミラ ココア 新車 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.04.30 Sunday
納車されたばかりのミラ ココアです。
上田市からお越しのオーナーさんはコペン乗りで有名な方の
奥様のクルマです。
カロッツェリアの楽ナビやドライブレコーダーなどを取り付けしました。

↑    ↑
カロッツェリア 楽ナビ AVIC-RZ500

↑    ↑
カロッツェリア ドライブレコーダー ND-DVR1

↑    ↑
データーシステムの純正バックカメラの変換アダプターです。

↑    ↑
エンジンスターターのアンテナをAピラー内に隠しています。

↑    ↑
車速などの配線は半田付けと伸縮チューブを使っています。

↑    ↑
ETCとドライブレコーダーの本体はグローブボックスの中です。

↑    ↑
ナビのGPSアンテナとETCのアンテナは隠してあります。


↑    ↑
ドライブレコーダーのカメラの取り付け位置を決めています。

↑    ↑
バックカメラのガイド線を設定しています。










オーディオシステムの取り外し ダイハツ コペン 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.04.21 Friday
東京から来られた「Yさん」のコペン オーディオシステムを
外しています。わざわざ来られ長野の友人と遊んでいる間に
作業をしています。作業をしていますが、CDデッキと
スピーカーを長野の中古品を扱う店舗で買って来られ取り付けを
して完了しましたが、夜ヘッドライトを付けるとメーターのイルミ
とテールランプが点灯しません。車両のヒューズが切れています。
原因を探すと驚いたことに中古で買ったCDデッキです。基盤内で
ショートしています。CDデッキを外してお客さんに渡します。
中古品も怖い物です。


↑    ↑
ケーブル関係も外して再利用できるものは使います。

↑    ↑
リアトランクにパワーアンプが付いているので、ケーブル関係も
外します。

↑    ↑
デッドニングは再利用できませんので、
このクルマを買われた方は得です。

↑    ↑
このCDデッキが原因の元です。
安い中古品は怖いです。








M&M DESIGN ダイレクトジョイントの取り付け ダイハツ ミライース 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.04.11 Tuesday
ツィーター部分とサウンドナビの電源部分の接続をM&M DESIGN
のケーブルダイレクトジョイント SDJ-01を使って接続しています。
SDJ-01は線材同士を重ね合わせイモネジで圧着することにより
最小限の接続ロスが可能になりました。同一素材同士で接続することが
理想と聴いています。ギボシ端子の表面の材質は金やロジウム等の
異なる材質です。それを使って結合しています。数日間ツィーターの
音色の変化を聴いていましたが、透明感が増し、今までよりも聴きやすく
なった感じです。

↑   ↑
M&M DESIGNのケーブルダイレクトジョイント 
SDJ-01

↑   ↑
ダイレクトロジウムのギボシを使っていましたが
この部分をSDJ-01で接続します。


↑   ↑
SDJ-01で線材同士を重ねてイモネジで圧着して
伸縮チューブを使っています。

↑   ↑
ナビの電源部分にもSDJ-01を付けます。









オーディオテクニカ レグザット USBケーブルの取り付け ダイハツ ミライース 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.04.10 Monday
デモカーのミライースはハイレゾ音楽を聴くためオーディオテクニカ
デジタルトランスポート AT-HRD5を付けています。今まで
普通のUSBケーブルを使っていましたが、オーディオテクニカより 
レグザット トリプルハイブリッドUSBケーブルが発売されたので
入れ替えをしています。
USBケーブルを高級なレグザットケーブルに換えるとレンジが
広くなり低域の締まり感が良くなり、解像度がアップします。

↑   ↑
オーディオテクニカ レグザットのトリプルハイブリッド
USBケーブルAT-RX97/1.3







| 1/11PAGES | >>