カロッツェリア パワードウーファーの取り付け スズキ ジムニー 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2016.11.08 Tuesday
一か月前にヘッドユニットとスピーカーを付けさせて頂いた
ジムニーですが、低音不足を感じられていたオーナーさんが
カロッツェリアのパワードウーファー TS-WX120A
を付けました。ジムニーの場合はフロントスピーカーがキックボード
の位置で10cmの大きさのスピーカーしか入りませんので
低音を補うためにはサブウーファーが欠かせません。

↑    ↑
カロッツェリア パワードウーファー TS-WX120A

↑    ↑
ウーファーボードを使います。

↑    ↑
ローレベルでサブウーファーを鳴らすために、RCAケーブル
を使います。

↑    ↑
電源はバッ直で配線をして、コルゲートチューブで保護しています。


↑    ↑
運転席の下にパワードウーファーを付けています。

↑    ↑
X-OVERの設定をしています。

↑    ↑
簡易アナライザーを使って、イコライザーを調整しています。







カロッツェリア CDプレーヤーとスピーカーの取り付け スズキ ジムニー 新車 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2016.09.18 Sunday
納車されたばかりの走行距離6kmのジムニーです。
オーナーさんは賢い買い方をしています。オーディオレス
で買われカロッツェリアのヘッドユニットとスピーカーを
取り付けします。純正のスピーカーの位置は左右キックボード
に10cmのスピーカーが付いています。10cmのスピーカー
の中でも定評のあるカロッツェリアのTS-C1020Aを付けています。
スピーカーの背面には吸音材を入れ、キックボードパネルは樹脂製
なので制振材を使います。

↑    ↑
走行距離6kmの新車のジムニーです。

↑    ↑
ヘッドユニットはDEH-7100 スピーカーはTS-C1020Aです。


↑    ↑
制振材とアブソーブウェーブを使います。


↑    ↑
保護シートを使って傷が付かないようにしてから作業をします。

↑    ↑
キックボードに純正のスピーカーが付いています。

↑   ↑
純正のスピーカーのマグネットは500円玉くらいの大きさです。

↑   ↑
スピーカーの背面にアブソーブウェーブを貼っています。


↑   ↑
制振材をパネルに貼っています。

↑   ↑
キックボードパネルは樹脂製なので、制振材を貼っています。

↑   ↑
ツィーターはダッシュボードに付けています。


↑   ↑
ステアリングリモコンで操作できるようにリモコンケーブルを
取り付けしています。

↑   ↑
外部入力端子とUSB端子はグローブボックスの中に入っています。
iPhoneなどのデジタルオーディオも接続可能です。

↑   ↑
簡易アナライザーで、イコライザーを調整しています。





DIATONE SOUND.NAVI NR-MZ100 PREMIの調整 スズキ スペーシア 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2016.08.08 Monday
スペーシアのサウンド調整です。
仕様はスピーカーをフロント フォーカルとリアはALPINEを
パワーアンプで鳴らし、カロッツェリアのパワードウーファーを
付けています。
他の店舗で取り付けをしたダイアモンド オーディオのパワーアンプ 
MICRO4のゲイン調整をDD-1という機械を使って調整と
SOUND.NAVI NR-MZ100 PREMIの
タイムアライメントとクロスオーバーの調整をしています。

↑   ↑
パワーアンプのゲインを調整する前に、ナビのボリュームの
歪みポイントをDD-1を使って調べています。


↑   ↑
MICRO4のゲイン調整をDD-1を調整しています。


↑   ↑
NR-MZ100 PREMIの調整機能でタイムアライメント
とクロスオーバーを設定しています。

↑   ↑
簡易アナライザーを使って、イコライザーを調整しています。






パワードウーファーとスピーカー外し スズキ スイフト 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2016.07.22 Friday
クルマを入れ替えるため、スイフトに付けているKICKERの
パワードウーファーとカロッツェリアのスピーカーを外しています。
デッドニング施工をしてありますが、再使用できないのでそのままです。
このクルマを買われた方はデッドニング済みなのでお得です。

↑   ↑
ナビを外し、パワードウーファーのRACケーブルなどを外します。

↑   ↑
パワードウーファーのバッ直電源を外します。


↑   ↑
パワードウーファーとスピーカーを外します。


↑   ↑
ツィーターとドアスピーカーを純正にして完了です。





ALPINE オーディオプロセッサーのサウンド調整 スズキ ワゴンR 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2016.04.02 Saturday
ワゴンRのオーディオプロセッサーのヤイムアライメントとX-OVER
の調整をしています。
このワゴンRは同業者の専門店でALPINEのプロセッサーと
DIATONE SOUND.NAVI NR-MZ80 PREMIを
取り付けをしたそうですが、再度調整をお願いしたのですが満足する音
で無く以前付けていた楽ナビの方が音が良かったと言う事で相談に
来られました。
調整の数値を見てみるとSOUND.NAVIとALPINEの
プロセッサーの両方でタイムアライメントとX-OVERを調整しています。
普通ではSOUND.NAVIのプロセッサーを使わず、スルーにして
ALPINEのプロセッサーで調整します。両方を使う事は考えられません。
またSOUND.NAVIとALPINEではX-OVERの設定の仕方が
違いますので。




↑   ↑
SOUND.NAVIのタイムアライメントとX-OVERの数値を
スルーにしてからサウンド調整をします。


↑   ↑
SOUND.NAVIの設定はスルーにして、タイムアライメントや
クロスオーバーは、ALPINのプロセッサーで調整していきます。

↑   ↑
DD-1を使って、パワーアンプのゲインを調整しています。


↑   ↑
ALPINEのプロセッサーで、タイムアライメントとX-OVER
を設定しています。

↑   ↑
簡易アナライザーを使って、イコライザーを調整しています。


オーナーさんが試聴して
「凄く!音がスッキリきれいになりました。」
「低域・中域・高域がそれぞれハッキリ聴こえます。」
「サブウーファーも以前より出過ぎず心地良いです。」
「調整をお願いして良かったです!」
「これで楽しんで音楽を聴けます。」

と喜んで頂きました。




KICKER HS8 パワードサブウーファーの取り付け スズキ スイフトRS 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2015.10.02 Friday
以前にフロントドアのデッドニングとスピーカーを交換して頂いた
スイフトです。今回はパワードサブウーファーを付けてより音の
向上を目指します。選ばれたKICKER HS8はパワード
サブウーファーの中で最強の重低音が出ます。そして今回は
ナビ裏の電源とスピーカーの配線端子をダイレクト・ロジウム
コーティング端子に入れ替えをしています。

↑    ↑
KICKER HS8

↑    ↑
ダイレクト・ロジウムコーティング端子とプレミアムロジウム
コーティングヒューズ

↑    ↑
ウーファーボード


↑    ↑
ダイレクト・ロジウムコーティング端子に入れ替えています。

↑    ↑
パワードサブウーファーの2箇所のヒューズは
プレミアムロジウムコーティングヒューズに交換してあります。

↑    ↑
パワードサブウーファーのRCA変換ケーブルにも
ダイレクト・ロジウムコーティング端子を使っています。

↑    ↑
サブウーファーは運転席の下

↑    ↑
サブウーファーのX-OVERを設定しています。

↑    ↑
簡易アナライザーでイコライザーを調整してあります。


オーナーさんが試聴して
「サブウーファー付けて良かった!
 凄い迫力が増しました。」
「全体の音がひとクラス上になったような気がします。」
「もっと早く付ければ良かったです。」

と喜んで頂きました。










カロッツェリア TS-C1720Aの取り付けとデッドニング施工 スズキ ハスラー 新車 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2015.06.16 Tuesday
いい音はデッドニングで決まる!

新車のハスラーにDIATONE SOUND.NAVI 
MZ90スタンダードモデルを付け終わり、デッドニング施工
とカロッツェリア TS-C1720Aを付けました。

↑   ↑
カロッツェリア TS-C1720A

↑   ↑
アクワイエ AT7405


↑   ↑
スピーカーの背面にはアブソーブウェーブを貼っています。

↑   ↑
純正のマグネットは500円玉くらいのマグネットです。


↑   ↑
赤いマークの箇所が共振している場所です。

↑   ↑
スピーカーの周りのは音漏れ防止用スポンジを貼っています。

↑   ↑
内張りクリップダンパーを使っています。

↑   ↑
BOSCHのレーザー式の距離計を使って、左右のツィーターの
向きを合わせています。


↑   ↑
タイムアライメントとX-OVERを設定します。
DIATONE SOUND.NAVIは取り付けはどこでも
出来ますが、このナビの良さを引き出すには調整が大事です。

↑   ↑
簡易アナライザーで、イコライザーを調整しています。


オーナーさんが試聴して
「凄い!いい音です。お願いして良かった!」
「きれいな音です。楽器の音がきれいです。低域も迫力があります。」
「次はサブウーファーを検討します。」

と喜んで頂きました。














DIATONE SOUND.NAVI MZ90スタンダードモデルの取り付け スズキ ハスラー 新車 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2015.06.15 Monday
納車されてすぐに来られた「Mさん」のハスラーです。
走行距離が4kmです。オーディオレスでクルマを買われて
DIATONE SOUND.NAVI MZ90スタンダードモデル
を付け、カロッツェリアのスピーカーとデッドニング施工もしています。

↑   ↑
店のそばのスズキのディーラーで買われたそうです。
走行距離が4kmです。気を使います。

↑   ↑
DIATONE SOUND.NAVI NR-MZ90

↑   ↑
電源とスピーカーのハーネスは高純度7Nケーブルを使います。
これだけでも音が違ってきます。
MZ60とMZ80にも付きますのでおすすめします。

↑   ↑
今、当店で流行りのダイレクトロジウム端子を使います。
音の解像度とボーカルの息づかいが違います。

↑   ↑
GPSアンテナは、当店では極力隠します。


↑   ↑
高純度7Nケーブル側と車両ハーネス側のギボシ端子を
ダイレクトロジウム端子に入れ替えをしてあります。


↑   ↑
ディストーション・ディクターと言う機材を使い、
ヘッドユニットのボリュームレベルの無歪みでの最大
ボリューム位置を探します。
ハスラーは内蔵アンプ仕様ですので、内蔵アンプの無歪みでの
ボリュームレベルは「21」です。
やはり、内蔵アンプでは早く歪みが出ます。






カロッツェリア TS-C1720C スピーカー取り付けとデッドニング施工 スズキ スイフトRS 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2015.05.16 Saturday
いい音はデッドニングで決まる!

スイフトに当店、お買い得セットのデッドニングとスピーカーセット
の取り付けをします。選ばれたスピーカーは当店で人気のカロッツェリア 
TS-C1720Cです。ツィーターを付ける場所は純正で付いている
ミラー裏の三角パネルに加工をして付けます。

↑    ↑
カロッツェリア TS-C1720A

↑    ↑
制振材はアクワイエ AT-7405

↑    ↑
純正のスピーカーのマグネットの大きさは500円玉くらいです。

↑    ↑
ツィーターは純正の位置にステーを使って付けます。


↑    ↑
スピーカーの背面にはアブソーブウェーブを貼っています。

↑    ↑
位相テスターでスピーカーのプラスとマイナスを調べます。


↑    ↑
黒いマークの箇所が共振している場所です。


↑    ↑
ツィーターは純正と入れ替えてあります。

↑    ↑
スピーカーの周りには、音漏れ防止用スポンジを貼っています。

↑    ↑
内張りクリップダンパーを付けてあります。

↑    ↑
ツィーターは純正と入れ替えてあります。

↑    ↑
X-OVERを設定してあります。


↑    ↑
簡易アナライザーでイコライザーを調整してあります。


オーナーさんが試聴して
「この金額で、デッドニングとスピーカーが変わって
想像していた以上に良くなりました!」
「このスピーカーきれいな音がします。」
「これから通勤の時間が楽しくなります。」

と喜んで頂きました。








カロッツェリア スピーカー TS-C1720Aの取り付けとデッドニング施工! スズキ スイフトRS 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2015.04.26 Sunday
いい音はデッドニングで決まる!

スイフトRSに当店、お買い得セットのデッドニング施工と
スピーカーセットを付けます。ツィーターを付ける場所は純正で
付いているミラー裏の三角パネルに加工をして付けます。

↑    ↑
カロッツェリア TS-C1720A

↑    ↑
制振材はアクワイエ AT-7405

↑    ↑
ツィーターは純正の位置に付けます。
純正の固定用のステーは使えないので、ステーを作って固定します。

↑    ↑
純正のスピーカーのマグネットの大きさは500円玉くらいです。


↑    ↑
スピーカー背面にはアブソーブウェーブを貼っています。

↑    ↑
インナーバッフルを使ってウーファーを固定しています。

↑    ↑
赤いマークの箇所が共振している場所です。

↑    ↑
内張りクリップダンパーを付けてあります。

↑    ↑
スピーカーの周りには、音漏れ防止用スポンジを貼っています。


↑    ↑
ツィーターは純正の位置に中に埋め込んでいます。

↑    ↑
簡易アナライザーでイコライザーを調整してあります。


オーナーさんが試聴して
「ここまで変化があるのですね。デッドニングの効果は凄いです。」
「低域と中域も変わりましたが高域がきれいです。」
「作業をお願いして良かったです。」

と喜んで頂きました。












| 1/5PAGES | >>