DIATONE SOUND.NAVI MZ200 PREMIの取り付け スズキ アルト WORKS 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.03.23 Friday
もう1台のクルマから外してMZ200 PREMIをWORKS
に移設しました。もう1台のクルマには8インチのSOUND.
NAVI MZ300 PREMIを付けますので、TVの
フィルムアンテナは後日取り付けをします。
M&M DESIGNのアルミ製インナーバッフルにBLAMの
スピーカーをRS Audioのパワーアンプで鳴らしていますが
いい音です。これならオーナーさんもきっと満足して頂けると思います。

↑    ↑
軽の白ナンバーです。

↑    ↑
モンスタースポーツのマフラー

↑    ↑
SOUND.NAVI MZ200 PREMI

↑    ↑
M&M DESIGN 
サウンドナビ専用RCA出力ハーネス MR-1700

↑    ↑
オーディオテクニカのレグザット USBケーブルを使います。

↑    ↑
M&M DESIGNのケーブルダイレクトジョイント
SDJ-01を使っています。

↑    ↑
MZ200 PREMIを仮止めの状態で


↑    ↑
DD-1を使って、MZ200 PREMIのボリュームの
歪みポイントを調べています。

↑    ↑
DD-1を使って、パワーアンプのゲイン調整をしています。


↑    ↑
RCAケーブルにはL型のジョイントを使っています。

↑    ↑
バックカメラを調整しています。

↑    ↑
システム構築画面で設定をしています。


↑    ↑
タイムアライメントとクロスオーバーを設定しています。

↑    ↑
簡易アナライザーを使って車内を測定して、イコライザーを
調整しています。






ロシア製 StP GOLD AEROで内張りのデッドニング施工 スズキ アルト WORKS 新車長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.03.17 Saturday
いい音はデッドニングで決まる!

ワークスの内張りをSTPの部材を使って施工をしています。
ドアのデッドニングをしっかりしても、特にインナーバッフルで
スピーカーを付けてドアのサービスホールを塞いでも内張り内に
音が回り込み、内張りが共振します。不要な空間を埋め空気の
流れを安定させます。その結果、音の濁りが消えます。

もっとも共鳴しやすいパーツが内張りです。
軽量であるためスピーカーの振動の影響を直接受けやすく、
ビリつくだけでなく、特に120Hz〜160Hzの
周波数帯域では位相ずれを引き起こすことにより
低音のエネルギーが失われやすくなります。
そこで専用の内張り制振材の施工が効果的です。

↑   ↑
制振材はSTP GOLD AEROを使います。

↑   ↑
吸音と遮音効果のあるSTP BIPLAST Premium
を使います。


↑   ↑
STP GOLD AEROを貼っています。

↑   ↑
GOLD AEROの上にSTP BIPLAST Premium
を貼ってゆきます。




オーディオテクニカ デジタルトランスポート AT-HRD500の取り付け スズキ アルト ワークス 新車 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.03.16 Friday
ハイレゾプレーヤーとiPoneをいい音で聴くために
オーディオテクニカ デジタルトランスポートD/Aコンバーター
AT-HRD500の取り付けをしています。

↑    ↑
オーディオテクニカ デジタルトランスポートD/Aコンバーター
AT-HRD500


↑    ↑
ダイレクト・ロジウム端子とロジウムのヒューズ

↑    ↑
USBケーブルの回路とコアキシャルケーブルの回路
はスィッチで切替をします。


↑    ↑
デジタルトランスポートは助手席の下に収めています。


KICKER パワードウーファー HS8の取り付け スズキ アルト ワークス 新車 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.03.13 Tuesday
アンプ内蔵のパワードウーファーの中で鳴りっぷりの良さで評判の
KICKER パワードウーファー HS8を取り付けしています。
そしてETCをグローブボックスに入れ、ETCのアンテナは
隠しています。

↑    ↑
KICKER パワードウーファー HS8

↑    ↑
パナソニックのETC

↑    ↑
MDFでウーファーのボードを作っています。


↑    ↑
運転席の下に収めています。


↑    ↑
ETCのアンテナを隠しています。
電源の配線が長いので短くしています。




ドイツ製 RS Audio パワーアンプの取り付け スズキ アルト ワークス 新車 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.03.12 Monday
いい音はアンプで決まる!

アルト ワークスにRS Audioのパワーアンプを付けるために
アンプボックスを作り、リアに収めます。スペース的にボックスを
大きく作れません。ヘッドユニットは後でSOUND.NAVIを
付けますので、とりあえずカロッツェリアのFH-9200DVDを
付けています。スピーカーはBLAM LIVE 165.45を
M&M DESIGNのアルミ インナーバッフルベースとアルミ
バッフルの組み合わせにしています。

↑    ↑
RS Audio RS Revelation A20

↑    ↑
カロッツェリア FH-9200DVD



↑    ↑
MDFでアンプを収めるボックスを作ります。

↑    ↑
メインヒューズにはスリーブを使って4Gケーブルを止めます。


↑    ↑
DD-1を使ってヘッドユニットのボリュームの歪みポイントを
調べています。

↑    ↑
パワーアンプのゲイン調整をDD-1で行います。


↑    ↑
タイムアライメントとクロスオーバーを設定します。

↑    ↑
簡易アナライザーで車内を測定して、イコライザーを
調整しています。






ロシア製 StP GOLD AEROでデッドニング施工 スズキ アルト ワークス 新車 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.03.11 Sunday
いい音はデッドニングで決まる!

デッドニングは話題のロシア製StPを使ってアウターとインナーを
施工します。StPの考えは250Hz以下の中・低周波と250Hz
以上の中・高周波を1種類の素材や同じアイテムで抑制・吸収するのは
不可能と考え、中・低周波をブチル+アルミ系の素材で、中・高周波を
ポリウレタンフォーム系の素材で対応という考えです。
制振材の貼る面積はアウターとインナーほぼ全面貼りにしています。
インナーバッフルはM&M DESIGNの発売されたばかりの
アルミ インナーバッフルベースにアルミバッフルの組み合わせに
しています。この特徴はミッドウーファーの低域が引き締まり
ます。そしてスピーカーはフランスのBLAMを使っています。

↑    ↑
STP GOLD AERO

↑    ↑
STP NG04 Premium

↑    ↑
レアルシルト ディフュージョン

↑    ↑
M&M DESIGNのアルミ インナーバッフルベース

↑    ↑
M&M DESIGNのアルミバッフル

↑    ↑
BLAM LIVE 165.45

↑    ↑
STP GOLD AEROをアウター側は、ほぼ全面貼りです。

↑    ↑
STP NG04 Premiumをある割合で貼っています。

↑    ↑
レアルシルトのディフュージョンをスピーカーの背面に貼っています。


↑    ↑
アルミのインナーバッフルベースを固定してから、アルミバッフル
を固定します。

↑    ↑
STP GOLD AEROをインナー側も、ほぼ全面貼りです。

↑    ↑
端子はダイレクト・ロジウム端子を使っています。

↑    ↑
木製のバッフルと違い、スピーカーをしっかり固定出来ます。

↑    ↑
スピーカーの周りに音漏れ防止用スポンジを貼っています。










ロシア製 StP NOISEBLOCK Premiumでフロア対策 スズキ アルト ワークス 新車 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.03.10 Saturday
ロシア製 StPのNOISEBLOCK Premiumで
施工しました。この製品は純正フロアカーペットとフロアボディー
の間に入れます。従来のフロアの施工にはBOMB AEROや
GOLD AEROを使い大がかりな施工作業で料金も掛かりましたが、
NOISEBLOCK Premiumでしたら施工時間も短縮でき
安くフロアの対策ができます。NOISEBLOCK Premium
の特徴は、アルミ層と合成ゴム層と発泡ポリエチレン層から成り、
耐熱温度は一般的な環境下である−30度〜+80度になります。
発泡ポリエチレン層のブロックはノイズが車内に侵入することや
結露を防ぐことができます。吸音性能、遮音性能ともに優れているので、
フロアに最適です。


↑    ↑
走行距離が7kmの新車です。


↑    ↑
StP NOISEBLOCK Premium
アルミ層と合成ゴム層と発泡ポリエチレン層の3層から出来ています。

↑    ↑
型紙を作ります。



↑    ↑
フロアカーペットの下に入れます。








HELIX デジタルプロセッサー内蔵パワーアンプの調整 スズキ アルト ワークス 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.12.04 Monday
群馬県からお越しの「Tさん」のアルト ワークスにオーディオシステム
を組んでいますが、今回は1カ月点検とHELIXのパワーアンプ内蔵の
デジタルシグナルプロセッサーを付けていますので再設定をしています。
取り付け1カ月後でスピーカーのエージングも進みミッドウーファーの
低域もだいぶ出るようになりました。

↑    ↑
パナソニックのディーラーオプションナビ

↑    ↑
入出力Chルーティング設定画面でシステム構築のチェックをしています。

↑    ↑
タイムアライメント設定画面をチェックをしています。

↑    ↑
メインの調整画面でクロスオーバーのチェックをしています。

↑    ↑
簡易アナライザーで車内を測定して、イコライザーを調整しています。


*長野に来られた時は来店して頂き、何度でも調整はします。
当店で付けられた方は調整は無料ですので。



ロックフォード チューンナップサブウーファー PS−8の取り付け スズキ アルト ターボRS 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.10.31 Tuesday
アルト ターボRSにパワードウーファーの中で一番売れている
ロックフォードのパワードウーファー PS-8を取り付けています。
電源はバッテリーから直に取ります。完了後、ナビがカロッエリアの
サイバーナビなのでタイムアライメントとクロスオーバーの設定をします。

↑    ↑
ロックフォードのパワードウーファー PS-8

↑    ↑
パワードウーファーのRCAケーブルとリモート電源の配線をするので
ナビを外します。

↑    ↑
バッ直電源やRCAケーブルなどを運転席まではわせます。

↑    ↑
バッ直ケーブルをエンジンルーム内はコルゲートチューブで
保護しています。


↑    ↑
パワードウーファー本体は運転席下に収めています。


↑    ↑
タイムアライメントとクロスオーバーを設定しています。

↑    ↑
簡易アナライザーを使って車内を測定しています。





ロシア製 StP NOISEBLOCK Premiumでフロア対策 スズキ アルト ターボRS 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.10.27 Friday
塩尻市からお越しの「Hさん」のアルト ターボRSは以前に
スピーカーとデッドニングをして頂きました。
前後足元とイスの下にStP NOISEBLOCK Premium
を入れます。この製品は純正フロアカーペットとフロアボディーの間に
入れます。従来のフロアの施工にはBOMB AEROやGOLD 
AEROを使い大がかりな施工作業で料金も掛かりましたが、
NOISEBLOCK Premiumでしたら施工時間も短縮でき
安くフロアの対策ができます。NOISEBLOCK Premium
の特徴は、アルミ層と合成ゴム層と発泡ポリエチレン層から成り、
耐熱温度は一般的な環境下である−30度〜+80度になります。
発泡ポリエチレン層のブロックはノイズが車内に侵入することや
結露を防ぐことができます。吸音性能、遮音性能ともに優れているので、
フロアに最適です。


↑    ↑
StP NOISEBLOCK Premium
アルミ層と合成ゴム層と発泡ポリエチレン層の3層から出来ています。

↑    ↑
表面はアルミ層です。

↑    ↑
裏面は発泡ポリエチレン層、間の層は合成ゴム層です。


↑    ↑
イスなどを外し、NOISEBLOCK Premiumから
作業をしてゆきます。

↑    ↑
型紙を作っています。

↑    ↑
フロント、リア、イスの下と6箇所を型紙通りに切ります。


↑    ↑
カーペットの下に入れます。


オーナーさんからメールで報告がありました。

「取り付け・フロアデッドニング、ありがとうございました。
 帰りはゆっくり下道で帰宅しました。」
「フロアデッドニングの効果に驚いています。
 こんなに静かになるなんて……。」

と効果を喜んで頂いています。







| 1/7PAGES | >>