DIATONE SOUND.NAVIの調整 スズキ アルト WORKS 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2019.12.01 Sunday
アルト WORKSのナビはSOUND.NAVI MZ200 
PREMIが付いているのでタイムアライメントやクロスオーバー
の設定等のサウンドの再調整をしています。
WORKSは今年の春にクスコのLSDを付けました。
今回はミッションオイルとエンジンオイルの交換をします。
LSDはミッションケース内に付いているのでオイルは
WAKO’Sの75W-90のLSDにも使用できるミッション
オイルを使い、エンジンオイルはWAKO’Sのプロステージ
10W-40を使います。

↑   ↑
WAKO’S ギヤーオイル RG7590LSD

↑   ↑
WAKO’S エンジンオイル プロステージ 10W-40
とオイルエレメント

↑   ↑
SOUND.NAVI MZ200 PREMI


↑   ↑
レーザー距離計を使って、スピーカーまでの距離を
測ってタイムアライメントの数値を入れています。

↑   ↑
EMAAのCDを使ってタイムアライメントを微調整
しています。

↑   ↑
クロスオーバーの設定をしています。

↑   ↑
簡易アナライザーで車内を測定して、イコライザー
を調整しています。

↑   ↑
知り合いの整備工場です。


↑   ↑
ミッションオイルとエンジンオイルの交換をしています。




ミューディメンション パワードウーファーの取り外し スズキ アルト ラパン 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2019.11.12 Tuesday
以前にアルト ラパンにミューディメンションのパワードウーファー
を取り付けていましたが、アルト ラパンを出してゴルフの新車に
買い換えた「Aさん」です。パワードウーファーを奥様のクルマに
付けるので取り外しをしました。

↑   ↑
ミューディメンションのパワードウーファー X8

↑   ↑
バッ直ケーブルを外しています。


↑   ↑
オーディオユニットを外して、RCAケーブルを外します。

↑   ↑
パワードウーファーの配線を外しています。

車載用バーチャルアースBOX VE-01の取り付け スズキ スイフトSP 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2019.10.14 Monday
スイフト SPに医療用電源やオーディオ用電源などの車載用仮想
アースBOX「VE-01」を取り付けしています。
カーオーディオシステムにおいてノイズ対策は永遠のテーマであり
切っても切り離せないものです。カーオーディオ機材はエンジンや
ハイブリッド車、電気自動車等に多用されるインバータなどの
ノイズ発生源の中にさらされています。一般的にノイズと呼ばれる
ものは、高周波成分の多い物が多く、車も例外ではありません。
高周波成分は導体の表面を流れる特性があります。ボディの表面積を
大きくすることは、高周波に対するインピーダンス(抵抗)値を
低減させ、結果ノイズレベルの低いボディとすることが可能に
なります。

↑   ↑
車載用仮想アースBOX VE-01

↑   ↑
接続ケーブルはスピーカーケーブルなどの高周波特性に
優れたものを使います。

↑   ↑
ダイレクト・ロジウム端子


↑   ↑
端子はダイレクト・ロジウム端子を使っています。

↑   ↑
VE-01本体をシャーシーから浮かして付けます。



アメリカ製 JL AUDIO サブウーファーの取り付け スズキ スイフト スポーツ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2019.09.28 Saturday
スイフト スポーツはパワードウーファーが付いていましたが
より重低音が欲しいのでパワーアンプ別体のJL AUDIO
のサブウーファーとパワーアンプを車両に組み込んでいます。
デジタルアンプなのでアナログアンプよりは熱は出ないと
思いますが、パワーアンプの熱を逃がすためにリアボードを
少し浮かせるようにしています。
パワーアンプのゲイン調整にはDD-1を使って調整します。
SMDディストーション・ディレクターDD-1はパワーアンプ
のゲインとヘッドユニットの出力レベルを最適に調整することが
できる機器です。

↑    ↑
JL AUDIO XD300/1v2

↑    ↑
JL AUDIO CP108LG-W3v3

↑    ↑
RCAケーブルはロシア製チェルノフケーブル
スタンダードモデル

↑    ↑
純正のリアボードは薄く弱いのでMDFで作ります。

↑    ↑
パワーアンプとヒューズブロック・アースブロックの
配線をしています。

↑    ↑
パワーアンプ側のサブウーファーのスピーカーケーブル
の端子をダイレクト・ロジウム端子にしています。


↑    ↑
サブウーファーボックス側の端子をバナナプラグに
しています。

↑    ↑
バッ直の4Gケーブルにはコルゲートチューブを使っています。

↑    ↑
SOUND.NAVI MZ200 PREMI-2の
初期設定画面でシステムの構築をしています。


↑    ↑
MZ200 PREMI-2のボリュームの
歪みポイントを調べています。

↑    ↑
パワーアンプのゲイン調整をしています。

↑    ↑
音を出して、パワーアンプの熱のこもり方を調べます。

↑    ↑
MDFで作ったリアボードにクロスを貼っています。

↑    ↑
リアボードを浮かせるMDFをボードの下に入れます。

↑    ↑
MDFで作ったリアボードは2分割にしています。

↑    ↑
MDFで作ったリアボードの上に純正のボードを置いています。


↑    ↑
レーザー距離計を使ってスピーカーまでの距離を
測って、タイムアライメントを入力しています。


↑    ↑
クロスオーバーを設定しています。

↑    ↑
簡易アナライザーで車内を測定して
イコライザーを調整しています。





フランス製 BLAM スピーカーの取り付け スズキ スイフト スポーツ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2019.09.20 Friday
スイフト スポーツにフランス製のスピーカーも組んでいます。
おすすめのスピーカーです。フランスにはフォーカルという
メーカーのスピーカーも有名ですが、個人的にはBLAMの
音が好きです。
ネットワークなしモデルのBLAMのスピーカーの取り付け
をしています。スイフト スポーツはネットワークを外した
内蔵アンプ仕様のマルチシステムになっています。

↑    ↑
BLAM S165N45A ネットワークなしモデル
フランスでの生産をしています。

↑    ↑
スピーカーケーブルはロシア製チェルノフケーブル
スタンダードモデル

↑    ↑
端子はダイレクト・ロジウム端子を使っています。


↑    ↑
M4のボルト8本止めで固定しています。





パワードウーファーの取り外し スズキ スイフト SP 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2019.09.16 Monday
「Kさん」のスイフトSPですが、新車で3月に買われ
パワードウーファーを取り付けしたのですが、もっと
重低音がほしいとの事でパワーアンプとサブウーファー
を取り付けるのでパワードウーファーを取り外しました。

↑    ↑
オーディオテクニカの4Gケーブル TPK-400

↑    ↑
運転席の下に収めているパワードウーファー
を外しています。

↑    ↑
パワードウーファーのバッ直ケーブルを外します。

↑    ↑
パワードウーファーのバッ直ケーブルを外すので
ついでに4Gのバッ直ケーブルを引いています。

↑    ↑
パンク修理材キットを外して、パワーアンプを収めます。


↑    ↑
トランクのマットが薄いのでMDFでボードを
作るため寸法を測ります。




DIATONE SOUND.NAVIのサウンド調整 スズキ スイフト スポーツ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2019.08.04 Sunday
「Kさん」のスイフト スポーツに以前DIATONEの
SOUND.NAVI NR-MZ200PREMI-2を
付けました。今回は1カ月点検とサウンド調整をします。
新車でクルマ屋さんから来たので、オーナーさんの
シートポジションではなかったので再度スピーカーまでの
距離を測定してタイムアライメントを入力しています。


↑   ↑
DIATONE SOUND.NAVI 
NR-MZ200PREMI-2

↑   ↑
スピーカーまでの距離をレーザー計測器で計測して
タイムアライメントを入力しています。

↑   ↑
クロスオーバーを設定しています。

↑   ↑
簡易アナライザーで車内を測定して、イコライザー
を調整しています。





JL AUDIO パワーアンプの取り付け スズキ アルト WARKS 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2019.05.26 Sunday
良い音はアンプで決まる!

アルト WARKSにアメリカ製のJL AUDIOの
パワーアンプの取り付けをしました。ボックスを作り
パワーアンプの顔を出しています。パワーアンプは
ネットワークを使わずにツィーターとミッドウーファーを
マルチシステムで組んでいます。
調整にはSMDディストーション・ディレクターDD-1
を使ってMZ200PREMIのボリュームの歪みポイント
を調べた後にパワーアンプのゲイン調整をしています。

↑    ↑
JL AUDIO HD600/4


↑    ↑
ヒューズブロックとアースブロックを組んでいます。


↑    ↑
SMDディストーション・ディレクターDD-1を使って
MZ200PREMIのボリュームの歪みポイントを
調べています。

↑    ↑
SMDディストーション・ディレクターDD-1を使って
パワーアンプのゲインを調整しています。

↑    ↑
初期設定画面でシステムの構築をしています。


↑    ↑
スピーカーからの距離を調べ、タイムアライメント
を入力しています。

↑    ↑
クロスオーバーを設定しています。

↑    ↑
車内を簡易アナライザーを使って測定をして
イコライザーを調整しています。











DIATONE SOUND.NAVI MZ200 PREMI-2の取り付け スズキ スイフト スポーツ ZC33S 新車 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2019.05.23 Thursday
新車のスイフト スポーツ ZC33SにDIATONE 
SOUND.NAVINR-MZ200PREMI-2と
パワードウーファーにデジタルトランスポートの取り付け
をしています。ナビ裏のギボシ端子はダイレクト・ロジウム
端子に付け換え組み付けをしています。
SMDディストーション・ディレクターDD-1を使って
MZ200PREMI-2のボリュームの歪みポイントを
調べ、初期設定画面でシステムの構築をしています。
タイムアライメントはEMMAのCDを使って距離を補正
しています。

↑   ↑
DIATONE SOUND.NAVI NR-MZ200PREMI-2

↑   ↑
バックカメラはカロッツェリア ND-BC8

↑   ↑
チェルノフのRCAケーブル STANDARDを使います。

↑   ↑
パワードウーファーはロックフォード PS−8

↑   ↑
オーディオテクニカ デジタルトランスポート AT-HRD500

↑   ↑
純正オプションではリアゲートに付くのですが
オーナーさんの希望でナンバープレートのそばに付けています。

↑   ↑
パワードウーファーは運転席の下です。

↑   ↑
デジタルトランスポートは助手席の下です。

↑    ↑
ETCの配線が長いので短くしています。


↑    ↑
サウンドナビのヒューズをロジウムヒューズに
変えています。


↑    ↑
ギボシ端子をダイレクト・ロジウム端子に入れ替えてあります。


↑    ↑
DD-1を使ってMZ200PREMI-2のボリュームの
歪みポイントを調べています。

↑    ↑
初期設定画面でシステムの構築をしています。

↑    ↑
バックカメラのガイド線を設定しています。


↑    ↑
レーザー距離計を使ってスピーカーからの距離を
調べています。


↑    ↑
EMMAのCDを使って距離を補正しています。

↑    ↑
クロスオーバーを設定しています。

↑    ↑
簡易アナライザーを使って、イコライザーを
調整しています。





ロシア製 StP Aeroでデッドニング施工 スズキ スイフト スポーツ ZC33S 新車 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2019.05.21 Tuesday
いい音はデッドニングで決まる!

新車のスイフト スポーツ ZC33Sのオーディオシステムの取り付け
をしていますが初めにデッドニング施工をしています。リアドアは
アウターパネルだけ制振材を貼ります。オーナーさんがドアを締めた時の
音を軽い音ではなく、重厚感のある音にするため施工をします。
フロントドアはしっかり施工をして行きます。
デッドニングは話題のロシア製StPを使ってアウターとインナーを
施工します。StPの考えは250Hz以下の中・低周波と250Hz
以上の中・高周波を1種類の素材や同じアイテムで抑制・吸収するのは
不可能と考え、中・低周波をブチル+アルミ系の素材で、中・高周波を
ポリウレタンフォーム系の素材で対応という考えです。

↑   ↑
DIATONE DS-G20

↑   ↑
M&M DESIGN アルミインナーバッフルベース
MX-616

↑   ↑
XXXX LIGHTING マルチピッチ アルミインナーバッフル
PCD-1

↑   ↑
STP Aero

↑   ↑
STP Aero Alum

↑   ↑
STP Aero Flex 6

↑   ↑
レアルシルト ディフュージョン ESDS-02

↑   ↑
スピーカーケーブルを引いています。


↑   ↑
アウターパネルは制振材のAeroをほぼ全面貼りです。

↑   ↑
制振材のAeroの上にAero Flex 6を
貼っています。

↑   ↑
スピーカーの背面にはレアルシルトのディフュージョン
を使っています。


↑   ↑
インナーパネルを制振材を貼る前にアルミインナーバッフルベース
MX-616を固定して、アルミインナーバッフル PCD-1を
固定しています。

↑   ↑
インナーパネルも制振材のAeroをほぼ全面貼りです。

↑   ↑
端子はダイレクト・ロジウム端子を使っています。

↑   ↑
スピーカーの固定はM4×10mmのボルトを使っています。

↑   ↑
スピーカーに干渉しないように内張りのスピーカー
周りのトリムを切断してあります。

↑   ↑
フロントドアの完成です。


↑   ↑
リアドアはアウターパネルのみを施工しています。













| 1/8PAGES | >>