ドイツ製 ETON BMW専用トレードインスピーカー交換とデッドニング施工 BMW F31 320i ツーリング 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2016.09.27 Tuesday
いい音はデッドニングで決まる!

軽井沢からお越しの「Mさん」の320i ツーリングです。
スピーカーはドイツのイートンを選ばれました。ツィーターを
取り付けするには、オプションのカバーが必要になります。
ドアにはミッツドレンジのスピーカーが付いています。
サブウーファーは左右の座席の下に付いていて、エンクロジャーに
接着剤で固定されています。
ドアの内張りを外すにも、やはり外車の場合は国産車とは
違い資料も無く気を使いながら外しました。
そして、スピーカーの能力を引き出すために必需品のデッドニング
施工もしています。

↑    ↑
イートン BMW専用スピーカー

↑    ↑
オーディオテクニカ アクワイエの制振材

↑    ↑
ツィーターを付けるためには、純正パーツのツィーターカバー
が必要です。

↑    ↑
シート下の純正のサブウーファーです。

↑    ↑
エンクロジャーに接着剤で固定されているサブウーファーユニットです。

↑    ↑
マイナスのドライバーを使って、サブウーファーを外します。

↑    ↑
イートンのサブウーファーはネジ止めでエンクロージャーに固定しています。


↑    ↑
ツィーターはホットボンドで固定しています。


↑    ↑
スピーカーの背面には吸音材を貼り、アウターパネルには
制振材を追加しています。

↑    ↑
10cmのミッドレンジですが、マグネットの大きさが違います。


↑    ↑
黒いマークの箇所が共振している場所です。

↑    ↑
内張りクリップダンパーとインナーパネル用防音材を使っています。

↑    ↑
簡易アナライザーを使って、車室内を測定しています。







ロジウムコーティング端子の取り付け アウディ TTクーペ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2016.07.28 Thursday
アウディ TTクーペのパワーアンプの電源とスピーカーケーブル
の端子をダイレクトロジウムコーティング端子に入れ替えをしました。
以前、パワーアンプのヒューズをロジウムコーティングヒューズに
換えて頂きました。

↑   ↑
ロジウムコーティングの棒端子です。


↑   ↑
専用工具を使って端子を付けます。






GLADEN スピーカー取り付けとデッドニング施工 フォルクスワーゲン ゴルフ7 GTI 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2016.04.24 Sunday
いい音はデッドニングで決まる!

上田市から来られた「Hさん」のゴルフ7 GTIです。
ドイツ製のゴルフ7専用のGLADEN 165Golf 7RS
を前後に付けて、スピーカーの能力を引き出すために前後のドアを
アクワイエを使ってデッドニングをしています。

↑    ↑
ゴルフ7専用スピーカー GLADEN 165Golf 7RS

↑    ↑
アクワイエ AT7505R

↑    ↑
ダイレクト・ロジウムコーティング端子

↑    ↑
スピーカー端子をダイレクト・ロジウムコーティング端子に
入れ替えをしています。

↑    ↑
樹脂製のインナーバッフルに制振材を貼りドアに付けています。


↑    ↑
ツィーターとネットワークの端子をダイレクト・ロジウムコーティング
端子に入れ替えをしています。


↑    ↑
ツィーターの入れ変えをしています。


↑    ↑
タッピングビスの周りにホットボンドを使っています。


↑    ↑
サウンドCDを使い共振箇所を探します。

↑    ↑
スピーカーの周りには音漏れ防止用スポンジを貼っています。


↑    ↑
共振箇所に制振材を貼った状態です。


↑    ↑
ツィーターは純正の位置に埋め込んでいます。
リアドアの取り付けは加工しています。

↑    ↑
簡易アナライザーを使ってバス・ミドル・トレブルを調整しています。


オーナーさんが試聴して
「低音がだいぶ出るようになりました。」
「純正のスピーカーとは違い、きれいな音です。」
「取り付けをお願いした価値がありました。」

と喜んで頂きました。








ロジウムコーティングヒューズの取り付け アウディ TTクーペ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2015.08.23 Sunday
当店で話題のF2 Musicのヒューズです。
アウディ TTクーペはイタリア製マクロムのパワーアンプを
積んでいます。アンプのヒューズをロジウムコーティングヒューズ
に入れ替えました。ヒューズ1個¥1,500で音が変われば安い物です。

ロジウムはプラチナ(白金)族の中で一番抵抗値が小さく強度が
高いことから素材にダイレクトにロジウムメッキを施す事が出来、
極限まで接触抵抗を減らす事が出来ます。

プレミアムロジウムコーティング ヒューズ

価格:¥1,500(税別)

↑    ↑
プレミアムロジウムコーティング ヒューズ 30A

↑    ↑
イタリア製のマクロムのアンプです。

↑    ↑
ヒューズを交換するだけで音質が変わります。


オーナーさんが試聴して
「ヒューズで変わった!」
「楽器とボーカルがきれいに聴こえます。」
「安い買い物ですね。効果が無くても¥1,500だからと思っていましたが」

と喜んでいました。






MATCHシステム パワーアンプ一体型プロセッサーとサブウーファーの取り付け! BMW 135i クーペ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2015.04.19 Sunday
いい音はアンプで決まる!

135i クーペの純正のオーディオを使って、パワーアンプ一体型
のプロセッサーを付けます。
「Iさん」は一年前にMB QUARTのBMW専用のスピーカー
を付けましたが、今回はより音を良くするためにアンプ一体型の
プロセッサーとサブウーファーを付け、より良くします。
MATCHシステムはドイツのFISCHER社の一つのブランドです。

↑    ↑
パワーアンプ一体型のプロセッサー PP-52 DSP

↑    ↑
プロセッサーの配線です。

↑    ↑
MATCHシステムの
25cm2ΩDVCダブルサブウーファーボックス

↑    ↑
ウーファーボックス内に制振材はStPのBOMB AERO
を貼ります。

↑    ↑
純正のCDプレーヤーを使って組みます。


↑    ↑
制振材で補強をして、トランクに置いています。

↑    ↑
バッ直ケーブルは10ゲージを使っています。

↑    ↑
リモコンで2種類の設定を切替ることが出来ます。

↑    ↑
5chパワーアンプ一体型プロセッサーの大きさは
185mm×154mmとコンパクトです。

↑    ↑
専用ソフトで簡易アナライザーで測定します。

↑    ↑
パワーアンプ一体型のプロセッサーは、パソコンで
タイムアライメントやクロスオーバーにイコライザーの
設定をします。


オーナーさんが試聴して
「各楽器の音が違います。きれいな音してますね。」
「サブウーファーが凄いです、こんなにも音の表現力が
違うんですね。付けて良かった。」

と喜んで頂きました。
プロセッサーの調整の仕方の講習会をして
ご自分でもいじるそうです。









アルパイン 700D ナビ取り付け! BMW 323 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ 

2014.10.25 Saturday
BMW 323にアルパイン 700DナビをCANバスユニットを
使って取り付けしました。
ナビ裏は意外と狭く、CANバスユニットを隠すのに一苦労しましたが、
ナビの動作も正常に動くことを確認してサウンド調整をします。
ディーラーや量販店などでは、サウンド調整機能のあるナビなのに
調整をしてないことがありますが、それではナビ本来の音質を
良くするための機能が発揮していません。それはもったいない!

↑    ↑
アルパイン 700DとCANバスユニット

↑    ↑
ナビの取り付けで一番気を使うのが、フイルムアンテナ貼りです。


↑    ↑
CANバスユニットとナビの配線は半田付けで接続しています。

↑    ↑
仮止めで動作チェックします。
すべて正常に動作しています。


↑    ↑
フェースパネルが当たるので数ミリ削っています。


↑    ↑
タイムアライメントとクロスオーバーを設定しています。


↑    ↑
簡易アナライザーを使ってイコライザーを調整しています。











MB QUART BMW専用スピーカー取り付けとデッドニング施工! BMW X1 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2014.05.31 Saturday
いい音はデッドニングで決まる!

軽井沢から来られたBMW X1に発売されて間もない
BMW専用のMB QUART QM200.3BMW
スピーカーとデッドニング施工をします。
サブウーファーは運転席・助手席の下に埋め込まれています。
サブウーファーがエンクロジャーユニットに埋め込まれていて
ユニットを壊さないように外すのに苦労しましたが
取り付けが終わり、音出しをするとMBらしいサウンドで
ミッドウーファーとツィーターの音のつながりが自然で
聴き疲れのしない音です。

↑    ↑
MB QUART QM200.3BMWスピーカー


↑    ↑
制振材はアクワイエ はAT7505を使い
内張りはAT7471を使います。


↑    ↑
純正サブウーファーを外し、MB QUARTに入れ替えます。
入力ケーブルは4本なので、スピーカーの+マイナスを位相テスター
で調べます。


↑    ↑
ツィーターはホットボンドとテープで固定してます。



↑    ↑
サブウーファーをエンクロジャーユニットから外して、入れ替えます。

↑    ↑
ミッドウーファーも入れ替えます。


↑    ↑
制振材をアウターとインナーに貼ります。


↑    ↑
内張りのデッドニングです。

↑    ↑
タイムアライメントとクロスオーバーを設定します。


↑    ↑
簡易アナライザーを使って、減衰している帯域をイコライザーで
修正します。


オーナーさんが試聴して
「あきらかに違う!凄いいい音です。」
「純正よりもサブウーファーがはっきり出ている。」
「ツィーターの音が綺麗ですね。」
「付け替えて良かった!ドライブが楽しみになります。」

と喜んで頂きました。








MB QUART BMW専用スピーカー 取り付けとデッドニング施工! BMW 135iクーペ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ 

2014.05.22 Thursday
いい音はデッドニングで決まる!

135iクーペにBMW専用スピーカー MB QUARTの
QM200.3BMWを付けます。
そして、スピーカーの能力を引き出すためにデッドニングもします。
BMW専用のスピーカーは昨年11月に発売されましたが入荷に
時間が掛かり、今月やっと入荷しました。
記念すべき日本入荷第一号のスピーカーです。
 
↑     ↑
MB QUARTのQM200.3BMW
3Wayスピーカーシステムです。

↑     ↑
制振材はアクワイエ AT7505とAT7550R

↑     ↑
内張りにはアブソーブウェーブ AT7471

↑     ↑
サブウーファーは運転席と助手席のイスの下に付いています。

↑     ↑
サブウーファーはイスの下に付いています。

↑     ↑
ミッドウーファーは内張りに純正と入れ替え

↑     ↑
元々ツィーターが付いていないクルマなので
オプションのカバーを取り寄せて付けますが
固定するステーが無いので、ホットボンドを
使って固定しています。


↑     ↑
アウター側に制振材とミッドウーファーの背面には
吸音スポンジを貼っています。

↑     ↑
制振材を7枚使っています。



↑     ↑
音溜まりをする箇所にはスポンジで高さ調整をします。



オーナーさんが試聴して
「あきらかに音が違います。ミッドウーファーとツィーターの
音が綺麗です。サブウーファーも元気に鳴っています。」
「MB QUARTにして良かった!クルマに乗るのが楽しみです。」

と喜んで頂きました。








音質改善! スマート JBL スピーカーの取り付け! 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2014.05.07 Wednesday
懐かしいお客さん「Mさん」です!
この方とは、昔○○○ハットに勤めていたときにお世話に
なった方です。突然ご来店されてビックリしました!
私のことは昔の勤務先で聞いたそうです。

スマートの純正スピーカーはダッシュボードに付いているため
ダッシュボードを外します。
スピーカーはJBLのGTO509Cを付けます。

↑     ↑
JBL GTO509C
13cm2ウェイセパレートスピーカーです。


↑     ↑
スピーカーがダッシュボードに付くため、音抜けを防ぐために
制振材とアブソーブウェーブを使います。


↑     ↑
純正スピーカーは10センチ弱の大きさです。

↑     ↑
国産のクルマに付いているスピーカーよりはマグネットが
大きいですが、JBLとの大きさの違い。

↑     ↑
固定用の穴は開け直しています。


↑     ↑
音抜けを防ぐために
制振材とアブソーブウェーブを使っています。

↑     ↑
ネットワークは足元奥に付けています。

↑     ↑
ツィーターはダッシュボードの上に付けています。



オーナーさんが試聴して
「こんなに音が良くなるんですね。初めは13センチと聞いて
そんなに良くないのではと想像していましたが全然違います。」
「綺麗な音で、これから通勤が楽しみです。」

と喜んで頂きました。











音質改善! JBLスピーカー GTO609C 取り付けとデッドニング施工!  ワーゲンバス 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2014.04.30 Wednesday
フロントドアをAT7400のキットでデッドニングをして
JBLスピーカー GTO609Cを付けましたが、
ワーゲンバスのドアの内張りは数ミリの合板で出来ているために、
内側から補強を入れています。当初はMDFで作ろうと思って
いましたが、インナーのフレームに干渉する個所があるため、
薄くて強度を考え、金属性の物を使っています。

↑    ↑
JBL GTO609C
16.5cm2ウェイセパレートスピーカーです。

↑    ↑
制振材はアクワイエのAT7400を使います。

↑    ↑
40年の汚れを落としましたが、綺麗には落ちません。


↑    ↑
アウター側に制振材を貼り、スピーカーの背面には
吸音スポンジを貼っています。


↑    ↑
インナーパネルに制振材を貼り、その上に
ヒートシールドラグを貼っています。

↑    ↑
ネットワークは足元前方の場所に隠します。


↑    ↑
ツィーターはダッシュボードに付けています。

↑    ↑
タイムアライメントとクロスオーバーを調整しています。

↑    ↑
簡易アライメントで測定をしましたが、30,000円弱の
スピーカーでは70dBを超え、80dBに近い帯域もあり
優秀なスピーカーだと思います。


私は昔、JBLサウンドにあこがれてスピーカーを使っていましたが
懐かしいJBLサウンドが心地よいです!
昔と違い、JPOPにも合う音作りになっていました。
おすすめのスピーカーです!










| 1/3PAGES | >>