効果あり! デモカーの「内張り デッドニング」施工!長野県 長野市 デッドニング施工 スピーカー ナビ オーディオ取付け  カーグッズ ゼロ 

2013.06.08 Saturday
いい音はデッドニングで決まる!


ドアのインナー側とアウター側をデッドニングしても
内張りの中に音が回り込んでしまいます。
内張りの材質はプラスチックで出来ていて凹凸がある構造です。
凹の部分には発泡スチロールが付いている箇所が音溜まりを
起こし、ここで音を濁します!
特にインナーバッフルで取付けをしているクルマにはより効果があります。


↑     ↑
オーディオテクニカ アクワイエ アブソーブウェーブ 
AT7471
表面を凹凸にすることで吸音面積を増加しています。

↑     ↑
オーディオテクニカ アクワイエ ダクトダンパー 
AT7448
内張り裏の空間部分に貼ることで不要な雑音を吸収します。

↑     ↑
サウンドCDを掛けて80・100・125Hzの音を
出して、内張りが、ぶれているところをマスキングテープで
印を付けています。
音溜まりの箇所も印を付けてあります。

↑     ↑
制振材を貼った上に施工するとより効果的です。

↑     ↑
音溜まりをしている箇所です。

↑     ↑
サウンドCDを掛けてマスキングテープを貼ってある
所に貼ります。

↑     ↑
音溜まりをしている所にはAT7448を貼ります。

↑     ↑
ALPINEのIMPRINTを使って20Hz〜20,000Hz
までを約520ポイントの周波数帯域を測定しました。

↑     ↑
施工前のグラフです。

↑     ↑
施工後のグラフです。上段が計測値です。
左側のグラフを見比べると施工前の谷間の数と深さが変わりました。
右側のグラフを見比べると施工前の方が大きく暴れたグラフです。


試聴した感じは、内張りが以前よりぶれなくなったこと
ウーファーの低域が増したこと、音が以前よりクリアになり
艶が増した感じがします!



ぜひ、試聴しに来てください。










コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック