デモカーの紹介! クラリオン フルデジタルサウンドシステムの取り付け  ホンダ ライフ JB5 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2016.05.13 Friday
かつてない感動を生みだすフルデジタルサウンド!

フルデジタルサウンドシステムのデモカーの紹介です。
システムの内容はヘッドユニットにフルデジタルプロセッサーを
接続してフロントにフルデジタルスピーカーを付け、
パワードウーファーは従来タイプのアナログサブウーファーを付けます。
価格もフルデジタルプロセッサーと2Wayスピーカーシステムで
¥212,000(税別)と、このサウンドで!とてもリーズナブル
だと思います。

フルデジタルサウンドシステムの音は説明するよりも体感して頂くことを
想い、一人でも多くの方に聴いて頂くために、代車で皆さんに使って
頂いているライフに装着しています。

従来のオーディオシステムはデジタル音源でもD/Aコンバーターで
アナログ信号に変換されて、アンプ経由でスピーカーからアナログ信号
の音を聴いていましたが、フルデジタルサウンドシステムはアンプの
概念が無く、デジタルまたはアナログ信号をデジタルサウンドプロセッサー
(Z3)で96KHz/24bitにアップコンバートしてデジタル信号を
直接駆動できるデジタルスピーカーで聴くことが出来ると言う画期的な
システムです。

↑   ↑
フルデジタルプロセッサーとデジタルツィーター

↑   ↑
フルデジタルスピーカー

↑   ↑
ミューディメンションのパワードウーファー X8

↑   ↑
ヘッドユニットはALPINEのCDA-9887Ji
このヘッドユニットにはプロセッサー機能が付いていますが
ヘッドユニットのプロセッサー機能は使いません。

↑   ↑
デジタルプロセッサーとパワードウーファーの電源は、バッ直で
リレーを使って取っています。

↑   ↑
電源周りとスピーカーケーブルにはダイレクト・ロジウム端子を
使っています。

↑   ↑
パワードウーファーは運転席の下です。

↑   ↑
デジタルプロセッサーは助手席の下です。
デジタルプロセッサーの入力端子にUSBケーブルとコアキシャルケーブル
を付けています。USBケーブルではiPoneやiPodが聴け、
コアキシャルケーブルではハイレゾプレーヤーが聴けます。

↑   ↑
デジタルスピーカーはアウターバッフルで付けています。

↑   ↑
デジタルツィーターはダッシュボードの上にマウントしています。

↑   ↑
ヘッドユニットの下に付いているのが、コントローラーです。


↑   ↑
タイムアライメントとクロスオーバーの設定をしています。
デジタルプロセッサーの調整はiPadやiPoneにAndroid
で調整出来ます。

↑   ↑
デジタルプロセッサーに直接接続ができるUSBケーブルではiPoneや
iPodが聴け、コアキシャルケーブルではハイレゾプレーヤーが聴けます。


試聴して
音の一粒々がとてもクリアーで女性ヴォーカルは艶っぽく、低域から中域、
高域にいたるまで音の立ち上がりが鋭く、いままで体感したことの
無いようなサウンドです。特にライブ音源の観客の拍手の音が生々しいです。
もう一台のMOSCONIのパワーアンプが付いているデモカーと比較を
しましたが、アナログにはアナログの良さはありますが、
この価格で良い音になるのならありです!あまり高くないパワーアンプを
付けるのでしたら、フルデジタルシステムに換えることも検討課題にしては
いかがですか?

デジタルオーディオシステムを聴きたい方は、事前にご連絡ください。
代車として出ていることが多いので。









コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック