デモカーの紹介! DIATONE SOUND.NAVI&MOSCONI パワーアンプの組み合わせ ダイハツ ミライース 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.06.12 Tuesday
いい音はアンプとデッドニングで決まる!

ヘッドユニットはDIATONE SOUND.NAVI
NR-MZ200 PREMI-2です。このSOUND.NAVI
はスピーカーのネットワークを使わずに接続が出来ます。
そしてタイムアライメントやクロスオーバーの設定が細かく出来ます。
スピーカーはDIATONE DS-G500のウーファーと
ツイーターをそれぞれアンプ1chづつに接続しています。
パワーアンプはイタリア製MOSCONI ZERO4をボックスを
作り、トランクに収めています。ウーファーはJL AUDIOの
16.5cmのサブウーファーとJL AUDIOのパワーアンプです。
デッドニングは話題のロシア製StPを使ってアウターとインナーを
施工しています。StPの考えは250Hz以下の中・低周波と
250Hz以上の中・高周波を1種類の素材や同じアイテムで抑制・
吸収するのは不可能と考え、中・低周波をブチル+アルミ系の素材で、
中・高周波をポリウレタンフォーム系の素材で対応という考えです。
使う部材はStP ゴールドエアロとNG04プレミアムそして
StPのアルミシートを使って、サービスホールを塞いでいます。

↑    ↑
SOUND.NAVI NR-MZ200 PREMI-2の電源は
バッテリーから直に取っています。

↑    ↑
RCAケーブルはオーディオテクニカ レグザット AT-RX28
を使っています。

↑    ↑
サウンドナビ専用RCA出力ハーネスはM&M DESIGNの
7N導体を使ったハイエンド ハーネスを使っています。

↑    ↑
M&M DESIGNのUSBケーブルを使っています。

↑    ↑
iPodやiPhoneはロシアのチェルノフ オーディオケーブル
のCLASSIC USBケーブルを使っています。


↑    ↑
通常ダイハツのクルマは16cmまでですが、インナーバッフルを
M&M DESIGNのアルミインナーバッフルベースと
アルミインナーバッフルを使い、17cmのスピーカーを収めます。


↑    ↑
DIATONE DS-G500を付けています。

↑   ↑
MOSCONI ZERO4をウーファーとツイーターを
それぞれアンプ1chづつに接続しています。
アンプはボードで顔を出していますが、隠すことも出来ます。


↑   ↑
JL AUDIOの16.5cmのサブウーファーと
JL AUDIOのパワーアンプを付けています。

↑    ↑
デジタルトランスポート AT-HRD500でiPodと
ハイレゾ音源のSONYのハイレゾプレイヤーを鳴らしています。

↑    ↑
iPodはデジタルトランスポートを介して、48kHz/24bitで鳴ります。
ハイレゾプレイヤーはPCM32〜384kHz/32bit
DSD 64、DSD128に対応です。

↑    ↑
アウターパネルはStPゴールドエアロとNG04プレミアム
を使っています。

↑    ↑
インナーパネルはサービスホールにStPアルミシートを貼り、
その上にStPゴールドエアロを貼ります。

↑    ↑
サウンドCDを使い、共振箇所にも貼っています。

↑    ↑
内張りはStPゴールドエアロを貼り、その上にアクワイエの
アブソーブウェーブを貼っています。

↑    ↑
ボンネットフードにはStPゴールドエアロを貼っています。

↑    ↑
ゴールドエアロの上にStPNG04プレミアムを貼っています。

↑    ↑
バッテリーはOPTIMA YTB24L1を受け皿を
加工して付けています。

↑    ↑
簡易アナライザーを使って、イコライザーを調整してます。





コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック