トヨタ 86 カロッツェリア サイバーナビ Xシリーズ AVIC-CZ902XSのサウンド調整 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.09.11 Tuesday
86のオーディオシステムの手直しも終わりました。
ナビ裏のエレクトロタップを取り除き、半田付けで接続に変更して
電源周りのギボシ端子はダイレクト・ロジウム端子に変更。
オーナーさんは自分で配線をやられバッ直の電源ケーブルと
スピーカーケーブルをまとめて車両の電源関係の束線と一緒に
束ねて有ったので、それぞれ別々にケーブルを引き直しています。
バッ直ケーブルから直接パワーアンプに電源ケーブルが入って
いましたが、パワーアンプの手前にヒューズボックスとアースブロック
を入れてあります。
DD-1を使って、AVIC-CZ902XSのボリュームの歪み
ポイントを調べ、パワーアンプのゲイン調整をしてあります。
後はタイムアライメントやクロスオーバー等のサウンド調整をします。


↑    ↑
ナビの車速ケーブルやETCの電源にエレクトロタップを使っていたので
半田付けに変更してあります。

↑    ↑
ナビの電源周りのギボシ端子をダイレクト・ロジウムに変更してあります。

↑    ↑
当初よりも余分なケーブルを短くしたのでナビ裏がすっきりしました。

↑    ↑
パワーアンプ周りを組んでいます。

↑    ↑
4Gケーブルには18金メッキのスリーブを使っています。


↑    ↑
スピーカーケーブルをギボシ端子で接続していたので、
SDJ-1で直接結んでいます。

↑    ↑
スピーカーケーブルのパワーアンプ側の端子はダイレクト・ロジウム
に変更しています。


↑    ↑
DD-1を使って、AVIC-CZ902XSのボリュームの歪み
ポイントを調べています。

↑    ↑
DD-1を使って、パワーアンプのゲイン調整をしてあります。



コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック