トヨタ アルファード KICKER スピーカーの取り付けとロシア製 STP Aeroでデッドニング施工 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.10.05 Friday
いい音はデッドニングで決まる!

納車されたばかりの「Tさん」の新車です。
前後のスピーカーをKICKERのCSシリーズのスピーカーに交換を
して、スピーカーの能力を引き出すためにデッドニングをします。
デッドニングは話題のロシア製StPを使ってアウターとインナーを
施工します。StPの考えは250Hz以下の中・低周波と250Hz
以上の中・高周波を1種類の素材や同じアイテムで抑制・吸収するのは
不可能と考え、中・低周波をブチル+アルミ系の素材で、中・高周波を
ポリウレタンフォーム系の素材で対応という考えです。



↑   ↑
KICKER CSS694とCSS674

↑   ↑
STP Aero

↑   ↑
STP Aero Alum

↑   ↑
STP Aero Flex 6

↑   ↑
レアルシルト・ディフュージョン ESDS-02

↑   ↑
ディーラーから回路図をもらい、ツィーター周りを加工します。


↑   ↑
トヨタの場合はツィーターを外すとドアのスピーカーが鳴らなくなるので
回路図を見ながら、ツィーターのカプラーを作っています。




コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック