フランス製 BLAM スピーカーの取り付けとデッドニング施工 マツダ CX-5 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2019.03.17 Sunday
良い音はデッドニングで決まる!

以前にスピーカーとデッドニングをしたCX-5です。
今回はリアドアのデッドニングとスピーカーの交換をします。
リアドアのスピーカーはフロントドアに付いているカロッツェリア
のTS-V173Sを移植して、フロントドアにはフランス製の
BLAMスピーカーを付けます。BLAMスピーカーは今年モデル
チェンジが有り、今まで中国で作っていたのが、このモデルから
フランスで作っています。
前のモデルは代車に付けていますがモデルチェンジをした
S165N45はより良くなっています。作りもそうですが、
低域も豊かになり高域が綺麗です。

↑   ↑
BLAM S165N45

↑   ↑
オーディオテクニカ AT7505RとAT7550R


↑   ↑
本当はインナーバッフルをBLAMのスピーカーに合わせて
作ればいいのですが、カロッツェリアのインナーバッフルを
使っているので、内径を大きく加工します。

↑   ↑
インナーバッフルをBLAMのスピーカーに合わせて
内径を大きく加工しています。

↑   ↑
塗装をしてあります。

↑   ↑
6点止めでミッドウーファーを付けています。


↑   ↑
スピーカーの周りには音漏れ防止用スポンジを使っています。

↑   ↑
位相テスターでスピーカーの+と−を調べています。


↑   ↑
CX-5のリア用のインナーバッフルはプラスチック製です。

↑   ↑
インナー側のサービスホールの穴を塞ぎ、
樹脂パネルの周りを塞いでいきます。

↑   ↑
リアのインナーバッフルはプラスチックなので
制振材で補強しています。

↑   ↑
専用CDで共振箇所を探しています。

↑   ↑
内張りクリップダンパーを使っています。

↑   ↑
復元をしたら、車内を専用CDを使って測定します。


↑   ↑
簡易アナライザーで車内を測定しています。



コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック