マツダ ボンゴ フレンディ カロッツェリア スピーカーの交換とデッドニング施工 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2019.04.01 Monday
良い音はデッドニングで決まる!

ボンゴ フレンディのお客さんは先月、カロッツェリアの楽ナビ
を取り付けて頂きました。その時にボンゴ フレンディのデーター
が無いのでフロントドアの内張りを外し、どのくらいの奥行きの
スピーカーが付くのかとインナーバッフルをどのようにするかを
調べました。今回はカロッツェリアのスピーカーの交換とその
スピーカーの能力を引き出すためにデッドニング施工もしています。

↑   ↑
カロッツェリア TS-C1630S
奥行きを考えて、このスピーカーにしています。

↑   ↑
オーディオテクニカ AT7505RとAT7550R
を使います。

↑   ↑
楽ナビを外して、ネットワークの配線をしてゆきます。

↑   ↑
ミッドウーファーの奥行きが45mmです。

↑   ↑
安く仕上げるために純正バッフルを使います。

↑   ↑
念のため、スピーカーを当てて干渉しないか
調べています。

↑   ↑
約20年ほど前のクルマなので、ブチルゴムをきれいに
するに時間が掛かりました。


↑   ↑
純正バッフルがプラスチックなので制振材を巻いてあります。


↑   ↑
パワーウィンドウのアームが干渉するのでメッシュネットを
使い干渉しないようにしています。

↑   ↑
制振材に干渉することもありません。


↑   ↑
純正バッフルの穴とスピーカーの穴位置が少し違うので
大きなワッシャーを使っています。

↑   ↑
基本的なサービスホールは制振材で埋めましたので
専用CDで共振箇所を探します。


↑   ↑
赤いマークの箇所が共振箇所です。


↑   ↑
内張りクリップダンパーを使っています。

↑   ↑
音漏れ防止用スポンジをスピーカーの周りに付けています。


↑   ↑
レーザー距離計を使ってスピーカーまでの距離を計測して
タイムアライメントを設定しています。

↑   ↑
ハイパスフィルターを設定しています。

↑   ↑
簡易アライメントで車内を測定しています。
エンジンを掛けた状態です。

↑   ↑
簡易アライメントで車内を測定しています。
エンジンを掛けていない状態です。






コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック