ダイハツ コペン オーディオシステムの手直し 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.12.09 Sunday
上田市から来られたお客さんのコペンです。
今回来られた訳は、以前長野市のオーディオショップでナビと
スピーカーを付けたそうですが、動作がおかしいと言う事で
来られました。お客さん立会いのもとオーディオを聴いていると
左側のスピーカーが鳴らなかったり突然音がミュートしたりします。
原因はスピーカーの端子が振動でボディーに触れていたりナビ裏の
配線を浮かして見るとボリュームがミュートするような事もなくなり
ました。原因はここら辺にあると思います。ダイハツ系の軽自動車は
16センチの大きさが標準ですが17センチのスピーカーを付ける
ためにドアの鉄板を広げ、直にスピーカーを付けた為に端子が当たり
ドアガラスのストッパーのスリーブにも当たっていましたので、
対策としてインナーバッフルを作り、ナビ裏の配線をやり直します。
あとはデッドニングをしていますが圧着も弱く浮いています。
素材もオーディオテクニカに統一して施工すれば良いのに
アウターに貼るものをインナーに貼ったりと違う素材も使ったり
とあまり感心しません。店によって考えは違うと思いますので。



↑    ↑
オーディオテクニカの部材と日東電工のレジェトレックスの
違う素材を使って施工しています。

↑    ↑
圧着をしていないので浮いています。

↑    ↑
直にスピーカーを付けていて端子がドアの鉄板に当たっていました。


↑    ↑
ガラスを下げるとグリーンのカラーが見えます。
ドアの鉄板との距離は57mm、スピーカーのマグネットまでの
奥行きは60mmですので当たります。

↑    ↑
マグネットの所が当たってすれています。

↑    ↑
コペンのナビ裏のスペースで、すぐ下がヒーター関係のワイヤーが
あり、動くので配線も間でいたので直します。

↑    ↑
ドアの鉄板を広げていたのですが、切り口がサビていたので
塗料を塗っています。






コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック