ホンダ シャトル ハイブリッド ロシア製 STP AEROで内張りのデッドニング施工 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2018.12.18 Tuesday
いい音はデッドニングで決まる!

シャトルのドアの内張りをSTPの部材を使って施工をしています。
ドアのデッドニングをしっかりしても、特にインナーバッフルで
スピーカーを付けてドアのサービスホールを塞いでも内張り内に
音が回り込み、内張りが共振します。不要な空間を埋め空気の
流れを安定させます。その結果、音の濁りが消えます。

もっとも共鳴しやすいパーツが内張りです。
軽量であるためスピーカーの振動の影響を直接受けやすく、
ビリつくだけでなく、特に120Hz〜160Hzの
周波数帯域では位相ずれを引き起こすことにより
低音のエネルギーが失われやすくなります。
そこで専用の内張り制振材の施工が効果的です。

↑   ↑
アルミのインナーバッフルも付け終わりました。

↑   ↑
STP Aero

↑   ↑
STP Biplast 10

↑   ↑
フェルト


↑   ↑
ホットドライヤーで温めながら制振材を貼ります。









コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック