KICKER CSシリーズ スピーカー交換とデッドニング施工 マツダ ロードスター RF 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2019.06.25 Tuesday
いい音はデッドニングで決まる!

マツダコネクト車はナビ等のヘッドユニットの入口を
変えることができません。デジタルプロセッサーを追加して
音をいじる手もありますが、スピーカーを交換して、スピーカー
の能力を引き出すためにでデッドニング施工をするという考え方
はお金も多くかからずに良い音がすると思います。
ロードスター RFのスピーカー交換とデッドニング施工を
しています。スピーカーはKICKERのCSシリーズをフロント 
ドアに取り付けをして、スピーカーの能力を引き出すために
制振材はオーディオテクニカでデッドニング施工をしています。

↑   ↑
KICKER CSシリーズ CSS674 

↑   ↑
オーディオテクニカ アクワイエ AT7505R
とAT7550R


↑   ↑
樹脂のカバーを外しています。


↑   ↑
スピーカーの背面には吸音材を使っています。

↑   ↑
樹脂の部分は制振材を貼り共振をなくすようにします。


↑   ↑
内張りのスピーカー周りのトリムを削っています。

↑   ↑
位相テスターでスピーカーの+と−を調べています。

↑   ↑
ネットワークの接続部分は半田付けで配線をしています。


↑   ↑
黒い丸の箇所が共振している場所です。


↑   ↑
純正ではバストレしかいじれません。純正でイコライザーが
付くと良いのですが

↑   ↑
簡易アナライザーで車内を測定しています。




コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック