マツダ CX-3 デジタルプロセッサー内蔵のパワーアンプの取り付け 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.05.21 Sunday
いい音はアンプで決まる!

このCX-3は昨年にスピーカーをDIATONEのDS-G20に
変更し、パワードウーファーをロックフォードのPS-8を付けましたが
マツダ コネクトのため、オーディオ本体部分は交換も出来なく
音質調整機能はバス・トレぐらいしか付いていないので、ドイツ製の
今一番の高性能なデジタルプロセッサー HELIXの廉価モデル
MATCH PP-86 DSP DSP内蔵のパワーアンプを
取り付けします。
MATCHシリーズの場合、国産と輸入車の一部に適合した
変換アダプターが発売されています。それを使うと配線の加工なしで
取り付けができますが、このCX-3の場合はマイナーチェンジ後なので
カプラーの形状と前後のスピーカーラインの配列が違っていましたので
純正オーディオシステムの回路図を見ながら前後のスピーカーライン
を加工していきます。


↑    ↑
MATCH PP-86 DSP デジタルプロセッサー内蔵のパワーアンプ

↑    ↑
DIRECTOR コントローラーです。

↑    ↑
ネットワークをいじるためにドアの内張りを外しておきます。


↑    ↑
純正オーディオシステムの回路図







KICKER パワードウーファー HS8の取り付け スバル レヴォーグ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.05.20 Saturday
重低音を補うために座席下に、迫力の重低音が出るKICKER HS8
のパワードウーファーを付けます。
レヴォーグは座席下に凹があります。その凹ギリギリにKICKER
のHS8は付きます。ちなみにロックフォードのパワードウーファー
PS-8はシートレールに干渉します。

↑   ↑
KICKERのパワードウーファー HS8

↑   ↑
この凹にKICKERのHS8を収めます。
シートレールにギリギリに収まります。

↑   ↑
バッ直電源はバッテリーから引き回します。エンジンルーム内は
コルゲートチューブを巻いて保護しています。

↑   ↑
凹ギリギリにKICKERのHS8が収まっています。


↑   ↑
コントローラーは手元に付けています。


↑   ↑
タイムアライメントとX-OVERを設定しています。

↑   ↑
簡易アライメントで車内を測定して、イコライザーを調整しています。








スバル WRX S4 新車 DIATONE SOUND.NAVIの調整 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.05.19 Friday
新車のWRX S4にオーディオシステムも組み終わり、外注での
ボディーコーティングも終わり、今日はMOSCONIのパワーアンプ
A CLASSを長時間動かして、A級動作のアンプ特有の
熱の発生でパワーアンプが止まらないか?確認をしてから 
DIATONE SOUND.NAVIのNR-MZ100PREMIの
タイムアライメントやクロスオーバーの調整をします。

↑   ↑
ボディーコーティングからあがって来ました。
新車でも出す前と後では輝きが違います。


↑   ↑
DD-1を使ってアンプのゲインを調整しています。






StP GOLD AEROでデッドニング施工 スバル レヴォーグ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.05.16 Tuesday
いい音はデッドニングで決まる!
ドアのデッドニング施工をしています。
デッドニングは話題のロシア製StPを使ってアウターとインナーを
施工します。StPの考えは250Hz以下の中・低周波と250Hz
以上の中・高周波を1種類の素材や同じアイテムで抑制・吸収するのは
不可能と考え、中・低周波をブチル+アルミ系の素材で、中・高周波を
ポリウレタンフォーム系の素材で対応という考えです。

↑   ↑
StP GOLD AERO

↑   ↑
StP NG04 PREMIUM

↑   ↑
StP CRYSTAL PREMIUM

↑   ↑
アウター部分はGOLD AEROでほぼ全面貼りです。

↑   ↑
GOLD AEROの上に規定の面積量を貼ります。

↑   ↑
スピーカーの背面部分にはCRYSTAL PREMIUM
を貼っています。

↑   ↑
樹脂製のインナーバッフルに制振材を巻いています。

↑   ↑
インナー部分のサービスホールは埋めましたが、90%以上の
ほぼ全面貼りをします。


↑   ↑
スピーカーの端子もダイレクト・ロジウム端子に入れ替えしています。


↑   ↑
スピーカーの周りには音漏れ防止用スポンジを貼っています。


↑   ↑
インナーパネル側もほぼ全面貼りです。












スバル WRX S4 新車 MOSCONI A CLASS パワーアンプの取り付け 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.05.16 Tuesday
いい音はアンプで決まる!

新車のWRX S4にオーディオシステムを組んでいます。
以前使っていたDIATONE SOUND.NAVIの
NR-MZ100PREMIとパワードウーファー KICKER
HS-8も付け終わり、MOSCONIのパワーアンプ A級動作の
A CLASSを付けて行きます。明日と明後日はボディーコティング
を外注に出すため、今日中には音出しをしたいと思います。

↑   ↑
モスコニ A CLASSは繊細できれいな音を奏でます。

↑   ↑
M&M DESIGNのRCA出力ハーネス MR−2200

↑   ↑
バッ直・ACC・リモート電源にはM&M DESIGNの
ケーブルダイレクトジョイントを使っています。


↑   ↑
DD-1を使って、サウンドナビのボリュームの歪みポイントを
調べています。

↑   ↑
バックカメラの調整をしています。

↑   ↑
パワードウーファーは運転席の凹に収めています。

↑   ↑
4Gのバッ直ケーブルはエンジンルーム内の部分にはコルゲートチューブ
で保護しています。





スバル WRX S4 新車 GLADEN スピーカーの取り付け 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.05.15 Monday
新車のWRX S4にロシア製のStP GOLD AEROで
フロントドアのデッドニング施工は終わりましたが、春に続き
GOLD AEROがまた欠品のため、リアドアのデッドニングは
入荷しだい施工をする予定です。
フロントドアにはGLADENのスピーカー、リアドアには
DIATONEのスピーカーを付けています。ヘッドユニットの
SOUND.NAVIまで今日中に仕上げます。

↑   ↑
GLADEN ZERO AEROSPACE 165.2

↑   ↑
DIATONE DS-G500


↑   ↑
ツィーターは純正の位置です。

↑   ↑
インナーパネルもほぼ全面貼りです。







制振スプレーでフェンダーハウス内のデッドニング施工 スバル レヴォーグ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.05.14 Sunday
タイヤフェンダー周りのデッドニングにはスプレー式の制振材と
StPの制振材を使って施工していきます。フェンダーインナーカバー
を外し中性洗剤でフェンダーハウス内とインナーカバーを洗い乾燥
させていきます。レヴォーグのタイヤフェンダー内側と
フェンダーインナーカバー周りのデッドニングをしています。
フェンダーハウス内を新聞紙でマスキングして、ビートソニックの
スプレー式制振材 ノイズレデューサーをタイヤハウス内側と
インナーカバーに何回にも分けて吹いています。

↑   ↑
スプレー式制振材 ノイズレデューサーを使います。


↑   ↑
フェンダーインナーカバーを外した状態

↑   ↑
新聞紙でマスキングしています。

↑   ↑
インナーカバーに吹いて乾かします。
これを何回も繰り返します。


↑   ↑
タイヤハウス内に吹いて乾かします。
これを何回も繰り返します。


↑   ↑
インナーカバーにStPのGOLD AERO
を貼っています。


↑   ↑
StPのGOLD AEROの上にNG PREMIUM
を貼っています。


↑   ↑
車両側にもStPのGOLD AERO
を貼っています。


↑   ↑
カバーを元に戻します。





スバル WRX S4 新車 StP GOLD AEROでデッドニング施工 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.05.14 Sunday
いい音はデッドニングで決まる!

新車のWRX S4にスピーカーを付けますが、その能力を発揮
してもらうために、ロシア製のStP GOLD AEROで
デッドニング施工をしています。
インナーパネルとアウターパネルにほぼ全面貼りでGOLD AERO
を貼っています。

↑   ↑
インナーパネルはほぼ全面貼りでGOLD AERO
を貼っています。

↑   ↑
GOLD AEROの上にNG04 Premium
を貼っています。

↑   ↑
スピーカーの背面にはレアルシルト・ディフュージョン
を貼っています。




サーキットデザイン エンジンスターターの取り付け スバル レヴォーグ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.05.13 Saturday
レヴォーグにサーキットデザインのエンジンスターターを付けています。
このエンジンスターターはスペアキーを車内に隠すことなく取り付け
できます。


↑   ↑
サーキットデザインのエンジンスターター NEXT LIGHT



↑   ↑
配線の接続はエレクトロタップを使わずに半田付け処理をしています。

↑   ↑
スターターのアンテナは隠しています。






スバル WRX S4 新車 StP GOLD AEROでデッドニング施工 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.05.13 Saturday
いい音はデッドニングで決まる!
新車のWRX S4にスピーカーを付けますが、その能力を発揮
してもらうために、ロシア製のStP GOLD AEROで
デッドニング施工をします。

なぜデッドニングをするのか?
ホームオーディオのスピーカーは箱(エンクロージャー)にスピーカー
ユニットが装着された状態で完成品になっています。
それに対してカーオーディオでは「スピーカーユニット」だけ販売
されています。その状態ではスピーカーとしては半完成品です。
クルマのドアはオーディオ機器としての工夫がほとんどされていません。
クルマの中で良い音を聴きたいと思ったら、ドア内部の音響的な
コンディションを改善させる必要があります。
スピーカーは振動板を前後に動かすことで空気を震わせ、音を伝えて
います。スピーカーの裏側でも同じように音を発しています。その音が
ドア内部で様々な悪さをしています。スピーカーの裏側から発せられる
音は、耳で聴く分には表側の音と同じですが波形としては真逆です。
その音が表側の音と混ざり合うと爛ャンセリング”という打ち消し合い
が起こってしまいます。そのため、裏側の音を封じ込める必要があります。



↑   ↑
RCAケーブルや4Gの電源ケーブルをトランクまで引いています。

↑   ↑
スピーカーケーブルをドアから室内へ引き込んでいます。


↑   ↑
リアは市販のバッフルを使っていますが、隙間が出るのでシーラントで
塞いでいます。

↑   ↑
StP GOLD AERO

↑   ↑
StP NG04 Premium

↑   ↑
レアルシルト・ディフュージョン





<< | 2/352PAGES | >>