カロッツェリア スピーカー交換とデッドニング施工 トヨタ クラウン 180系 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.03.11 Saturday
いい音はデッドニングで決まる!

クラウンにお買い得なスピーカーとデッドニングセット カロッツェリア 
TS-F1730Sのスピーカー交換とオーディオテクニカ アクワイエの
AT7405でデッドニング施工をします。
このセットは50,000円コースです。いい音がしてお買い得です。

↑     ↑
カロッツェリア TS-F1730S

↑     ↑
オーディオテクニカ 
アクワイエのAT7405とAT7450


↑     ↑
スピーカーの背面には吸音材を貼っています。

↑     ↑
インナーパネルのサービスホールを埋めています。

↑     ↑
デッドニング専用のサウンドCDを使い共振箇所を探しています。

↑     ↑
スピーカーの周りには音漏れ防止用スポンジを貼っています。



↑     ↑
タイムアライメントとX-OVERを設定しています。

↑     ↑
簡易アナライザーを使って、イコライザーを調整しています。


オーナーさんが試聴して
「この価格でデッドニングとスピーカーが変わり
 音が綺麗に良くなるってお買い得ですね。」
「低音が締まりあって、高音が綺麗です。」

と喜んで頂きました。



StP GOLD AEROでフルデッドニング施工 トヨタ ヴェルファイア 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2017.03.05 Sunday
いい音はデッドニングで決まる!

取引先の電装屋さんの紹介でヴェルファイアのフロントドアの
フルデッドニング施工をしました。
オーディオの音が小音量でも外に漏れるとの相談を受けましたので
StP GOLD AEROを使って施工をします。
StPの考えは250Hz以下の中・低周波と250Hz以上の
中・高周波を1種類の素材や同じアイテムで抑制・吸収するのは
不可能と考え、中・低周波をブチル+アルミ系の素材で、
中・高周波をポリウレタンフォーム系の素材で対応という考えです。

↑    ↑
StP GOLD AERO

↑    ↑
StP NG04 Premium

↑    ↑
StP ALUM

↑    ↑
StP CRYSTAL

↑    ↑
純正オプションのJBLスピーカーを装着しています。


↑    ↑
アウターパネルはGOLD AEROを全面貼りしています。


↑    ↑
インナーパネルのサービスホールにはALUMシートを貼り、その上に
GOLD AEROを貼っています。


↑    ↑
純正のJBLスピーカーのフレームは樹脂製なので
GOLD AEROを貼っています。

↑    ↑
施工前に、ドアの外で普段聴いていられる音楽で測定しています。

↑    ↑
施工後、同じ条件で測定しています。

↑    ↑
施工後、簡易アナライザーを使って専用ソフトで計測しています。


オーナーさんが試聴して
「ドアから漏れる音が静かになりました。」
「純正のJBLの音が、良くなりました。」
「今までと違い音がはっきり聴こえます。」

と喜んで頂きました。



DIATONE SOUND.NAVI NR-MZ100PREMIの取り付け 新車 トヨタ ヴォクシー G’s 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2016.12.19 Monday
ヴォクシー G’sにヘッドユニットはDIATONE SOUND.
NAVI NR-MZ100PREMIを付け、バックカメラと
スピーカーを取り付けします。スピーカーは以前のクルマに付いていた
PHASSというスピーカーです。今回はデッドニングはしません。
できればスピーカーの能力を引き出すためにデッドニングをした方が良いです。

↑    ↑
DIATONE SOUND.NAVI NR-MZ100PREMI


↑    ↑
バックカメラや取り付けキットなどの部品です。

↑    ↑
ナビ裏からネットワークの配線をしています。

↑    ↑
PHASSのスピーカーも付け、スピーカーの周りに音漏れ防止用
スポンジを付けています。


↑    ↑
アルパインのインストールキットを使い、バックカメラを
取り付けしています。


↑    ↑
バックカメラのガイドラインの設定をしています。


↑    ↑
タイムアライメントとX-OVERを設定しています。

↑    ↑
簡易アナライザーを使って、イコライザーを調整しています。






デッドニング施工 トヨタ プリウスα 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2016.12.06 Tuesday
いい音はデッドニングで決まる!

板金屋さんへ行って出張取り付けです。
事故を起こされたプリウスαの左前後のドアのデッドニング施工です。
エーモンのデッドニング部材を使っていたので同じものを取り寄せて
施工しています。

↑   ↑
エーモンのデッドニング部材です。


↑   ↑
外したドアの制振材を型紙に使い型取りをします。



↑   ↑
同じ位置に制振材を貼って行きます。


↑   ↑
インナーパネルに制振材と吸音材を貼っています。


↑   ↑
サービスホールの箇所に制振材を貼っているだけです。
できれば他にも貼ったほうが良いのですが、






オーディオテクニカ ハイレゾ対応 デジタルトランスポート AT-HRD5の取付け トヨタ クラウン 150系 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2016.05.08 Sunday
ディーラーのサービスマン「Hさん」のクラウンです。年式を
感じさせないきれいなクルマです。オーディオテクニカの 
ハイレゾ対応 デジタルトランスポートを取り付けしました。

デジタルトランスポートはデジタル、アナログ出力に対応し、
さまざまな機器でハイレゾ音源を堪能できます。
AT-HRD5は従来モデルが96KHz/24bitまで対応
していましたが、192KHz/24bitのハイレゾ音源も
対応しています。そしてD/Aコンバーターも内蔵されています。
iPhoneやアンドロイド携帯などにも対応しています。

↑    ↑
ハイレゾ対応 デジタルトランスポート AT-HRD5

↑    ↑
USBケーブル AT-EUS1000

↑    ↑
よりマスター音源に近いDSD 2.8MHzの音源を、
ハイレゾプレーヤーFiio X5に入れています。

↑    ↑
デジタルトランスポートは運転席下に収めています。

↑    ↑
ハイレゾプレーヤーFiio X5


オーナーさんが試聴して
「明らかに音が違います。」
「こんなに音が違うので、これからはCDなどは聴けませんね。」

と喜んで頂きました。





カロッツェリア スピーカー取り付けとデッドニング施工 トヨタ ヴォクシー 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2016.04.19 Tuesday
いい音はデッドニングで決まる!

ヴォクシーにカロッツェリア TS-1720A兇離好圈璽ー
取り付けとスピーカーの能力を引き出すために、アクワイエの
制振材でデッドニング施工をしています。

↑   ↑
カロッツェリア TS-1720A

↑   ↑
アクワイエ AT7505RとAT7550R

↑   ↑
スピーカーの背面に吸音スポンジを貼っています。

↑   ↑
純正スピーカーは軽く、マグネットは500円玉くらいの大きさです。


↑   ↑
赤いマークの箇所が共振している所です。

↑   ↑
内張りクリップダンパーを使っています。

↑   ↑
スピーカーの周りには、音漏れ防止用スポンジを使っています。


↑   ↑
簡易アナライザーをつかって、イコライザーを調整しています。


オーナーさんが試聴して
「初めてデッドニングをしましたが、こんなにスピーカーの音が
 はっきりするとは想像していませんでした。」
「ドアの締まり音も良くなりました。」

と喜んで頂きました。















ALPINE スピーカー DLX-Z17PROの取り付け  トヨタ 新型シエンタ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2016.04.07 Thursday
トヨタのディーラーに勤めている「Mさん」の奥様の新型シエンタに
フロントスピーカーをALPINE DLX-Z17PROを取り付け
しました。、要望でツィーターをドアに埋め込むようにしますが、
奥行きが足りないのでMDFでスペーサーを作って取り付けをしています。


↑   ↑
ALPINE DLX-Z17PRO

↑   ↑
半田付けで結線をして、伸縮チューブを使って絶縁しています。

↑   ↑
DLX-Z17PROのウーファーを付けています。


↑   ↑
ツィーターはスペーサーを使って固定しています。

↑   ↑
簡易アナライザーを使って、イコライザーを調整しています。








トヨタ クラウン アスリート GRS210系 GLADEN スピーカー取り付けとデッドニング施工 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2016.04.04 Monday
いい音はデッドニングで決まる!

新型クラウン アスリートはスーパーライブサウンドの10スピーカー
仕様ですが、フロントスピーカーを交換するために、ディーラーで
仕様書を貰いフロントスピーカーやツィーターの抵抗値を調べ取り付け
をしました。ドイツ製の系 GLADEN スピーカーを取り付けし
スピーカーの能力を引き出すため、デッドニング施工をしています。

↑    ↑
GLADEN RS-165 Speed

↑    ↑
アクワイエ AT7505RとAT7550R

↑    ↑
スーパーライブサウンド 10スピーカーの仕様書です。


↑    ↑
純正のツィーターを外すとドアのウーファーが鳴らなくなるので
配線を加工しています。


↑    ↑
アウターパネルには制振材を通常よりも多く使っています。


↑    ↑
輸入スピーカーはウーファーの取り付け径が大きいので
バッフルボードの内径を広げてあります。


↑    ↑
サウンドCDを使い、共振箇所に制振材を貼っています。

↑    ↑
スピーカーには音漏れ防止用スポンジを貼っています。

↑    ↑
内張りクリップダンパーを使っています。


↑    ↑
簡易アナライザーを使って調整しています。



















MOSCONI AS100.4 パワーアンプの取り付け トヨタ マークX 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2016.03.12 Saturday
いい音はアンプで決まる!

伊那市から来られた「Iさん」のマークXは純正のマルチビジョン
オーディオシステムが付いています。スピーカーラインから
ハイレベルでRCA6chに変更をして、当店おすすめの
パワーアンプを付けています。
MOSCONIのパワーアンプは、音楽ソースの情報に対して忠実に
再生をしてくれるパワーアンプです。
内蔵アンプでは表現しきれなかった音がパワーアンプを
付けることにより現れます。

↑    ↑
MOSCONIのパワーアンプ AS100.4

↑    ↑
電源周りのパーツとダイレクト・ロジウム端子



↑    ↑
スピーカーケーブルをドアに引き込んでいます。

↑    ↑
電源ケーブルは4ゲージを使いバッテリーからトランクまで引きます。

↑    ↑
アンプボードは型紙を取り、MDFで作ります。

↑    ↑
ケーブル類をトランクまで引きます。


↑    ↑
スピーカー出力とハイ/ローコンバーターはダイレクト・ロジウム端子で
接続しています。

↑    ↑
ヘッドユニットのボリュームの歪みをDD-1を使って調べています。


↑    ↑
ネットワークなどの端子はダイレクト・ロジウム端子を
使っています。

↑    ↑
バッ直電源には、コルゲートチューブを使っています。


↑    ↑
DD-1を使ってパワーアンプのゲイン調整をしています。


↑    ↑
MOSCONIのパワーアンプは、デザインもきれいです。

↑    ↑
純正のカーペットの下にパワーアンプが入っています。



オーナーさんが試聴して
「内蔵アンプでは聴こえなかった音が聴こえます。」
「凄い音がきれいになりました。」
「パワーアンプをすすめる理由が解りました。」

と喜んで頂きました。








ALPINE DDL-R170S スピーカー取り付けとデッドニング施工 トヨタ ハリアー 60系 新車 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2016.02.25 Thursday
いい音はデッドニングで決まる!

新車のハリアーのスピーカーの取り付けとデッドニング施工です。
選ばれたスピーカーはALPINEのDDL-R170S、
ツィーターは純正の位置に埋め込みます。そして、スピーカーの
能力を引き出すために欠かせないデッドニング施工をしています。

↑    ↑
ALPINE DDL-R170S

↑    ↑
オーディオテクニカ アクワイエ AT7505Rと
AT7550Rを一枚追加で施工をします。



↑    ↑
純正の位置に取り付けキットを使って、ツィーターを
埋め込みます。


↑    ↑
アウターパネルには制振材を追加しています。
スピーカーの背面には高排水性吸音材を貼っています。

↑    ↑
純正スピーカーのフレームはプラスチックで、マグネットは
500円玉くらいの大きさです。

↑    ↑
ウーファーはインナーバッフルを使い、固定しています。


↑    ↑
赤いマークの箇所が共振している場所です。


↑    ↑
内張りクリップダンパーを使っています。

↑    ↑
スピーカー用音漏れ防止用スポンジを使っています。


↑    ↑
タイムアライメントとX-OVERを設定しています。

↑    ↑
簡易アナライザーを使って、イコライザーを調整しています。


オーナーさんが試聴して
「今までとは全然違って、低音もはっきりして高音がすっきりしています。」
「ゼッドニングって、凄いですね。まさかこんなに変わるとは。」
「これからクルマに乗るのが楽しみです。」

と喜んで頂きました。















<< | 2/14PAGES | >>