KICKER KSS674 スピーカーの取り付け ニッサン フーガ PY50 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2015.08.22 Saturday
フーガのスピーカー交換をしました。
以前、ロックフォードを付けていましたが、今回はフロントスピーカーを
KICKER KSS674のスピーカーに入れ替えをします。
KSシリーズは昨年モデルが変わりましたが、以前のモデルよりも
音の質が変わり、価格以上のお得なモデルです。

↑    ↑
KICKER KSS674

↑    ↑
端子は18Kメッキを使います。


↑    ↑
スピーカーの周りには音漏れ防止用スポンジを貼っています。

↑    ↑
ツィーターはダッシュボードに置いています。

オプティマ イエロートップバッテリーの交換! ニッサン デュアリス 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2015.05.02 Saturday
飯山市から来られたデュアリスのバッテリーを高性能なオプティマ
イエロートップに交換します。
オプティマドライバッテリーは14Vを出力しヘッドライトや
エアコンがONでも電圧降下しません。音もクルマの性能も
低電圧で劣化することはありません。
安定した電圧出力のため、オーディオマニアの方は交換しただけで
音の違いを解ってくれます。
国産バッテリーにカオスやGSユアサのロングライフバッテリーが
ありますが、性能の違いは歴然!

↑   ↑
オプティマ イエロートップ YT925S-L

↑   ↑
サブウーファーのバッ直ケーブルの手直しをします。


↑   ↑
装着後、テスターで測定すると14.47V出ています。

↑   ↑
サブウーファーのバッ直ケーブルは途中でギボシ端子でつないで
ありますので、伸縮チューブを使いエンジンルーム内の
バッ直ケーブルにはコルゲートチューブで保護してます。



↑   ↑
オプティマドライバッテリーを付けた方には、4ゲージで
アースをプラスします。もちろんサービスです。








StPでボンネットフードのデッドニング施工! ニッサン キックス 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2014.08.24 Sunday
ボンネットフードのデッドニング施工です。

ボンネットに使う部材はStPのゴールドエアロとNG04プレミアム
の二重貼りをします。なぜ2種類を使うかと言うとStPでは250Hz
以下の中低周波と250Hz以上の中高周波を1種類の素材で抑制するのは
不可能と考えています。そのため中低周波をブチル+アルミ系素材の
ゴールドエアロを貼り、その上に中高周波をポリウレタンフォーム系素材の
NG04プレミアムで対応する考えなので二重張りにします。

↑    ↑
ブチル+アルミ系素材のゴールドエアロ

↑    ↑
ポリウレタンフォーム系素材のNG04プレミアム

↑    ↑
ボンネットを叩くと軽い音がします。


↑    ↑
ゴールドエアロを貼り終え、この上にNG04プレミアム
を貼ります。


↑    ↑
ゴールドエアロの上にNG04プレミアムを貼ります。













HERTZ スピーカー DSK170.3とデッドニング施工! ニッサン デュアリス 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2014.08.23 Saturday
いい音はデッドニングで決まる!

飯山市から来られた「Yさん」のデュアリスにバリューパック
45,000円コースを取り付けします。以前のクルマにも
デッドニングをさせて頂きました。
デッドニングの効果を体感した「Yさん」は乗り換えたデュアリス
にはイタリア製ハーツのdieciシリーズのDSK170.3を
デッドニングと一緒に付けます。
インナーパネルは欧州車のような作りなので、先にHERTZの
DSK170.3のウーファーを付けて、サウンドCDを掛け制振材を
貼る箇所がどれだけ広いのかを見て制振材を貼っていきます。そして
もう一度、サウンドCDを掛けて共振箇所を探します。

↑    ↑
ハーツのdieciシリーズのDSK170.3とインナーバッフル

↑    ↑
制振材はアクワイエ AT7405


↑    ↑
チュンナップツィーターが付いているので
ナビを外して、配線を外しています。
かしめで接続しているので半田付けで元に戻しています。

↑    ↑
インナーパネルは欧州車のような作りですが、
樹脂製でないのでまだましです。

↑    ↑
インナーバッフルを付けます。

↑    ↑
サウンドCDを掛けて制振材を貼る範囲を確認しています。
赤いマジックの箇所が共振している場所です。

↑    ↑
制振材を貼って、またサウンドCDを掛けて共振箇所を
探します。

↑    ↑
赤いマークの箇所が共振している場所です。

↑    ↑
スピーカーの周りに音漏れ防止スポンジを貼ります。

↑    ↑
クリップダンパーを貼ります。

↑    ↑
サウンドCDを掛けて共振箇所を潰しています。



オーナーさんが試聴して
「特に低域が凄い出るスピーカーですね。」
「一度デッドニングをしてもらい、いい音で聴いていたので
クルマを変えると純正の音では物足りませんね。」
「次はナビを純正から、もっといいのに変えたいです。」

と喜んで頂きました。













音質改善! カロッツェリア スピーカー取り付けとデッドニング施工! ニッサン 新型エクストレイル 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ 

2014.05.24 Saturday
いい音はデッドニングで決まる!

安曇野市から来られた「Kさん」の
新型 エクストレイルにスピーカーの取り付けと
デッドニング施工をします。
新型のエクストレイルはドアの内張りの外し方や
インナーバッフルの適合データーがありません。

↑    ↑
カロッツェリア TS-F1720SとTS-F1720

↑    ↑
制振材はアクワイエ AT7400


↑    ↑
アウターパネルに制振材と吸音材を貼っています。


↑    ↑
前後、スピーカーを組み付けていきます。
リアドアはデッドニングをしていません。

↑    ↑
ツィーターはドアミラー裏側に付けています。


オーナーさんが試聴して
「想像以上にいい音になりました。」
「音が綺麗ですね。ドライブが楽しみです!」

と喜んで頂きました。





カロッツェリア TS-WX110A パワードサブウーファーの取り付け! ニッサン フーガー 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2014.05.13 Tuesday
フーガにカロッツェリア パワードサブウーファー
TS-WX110Aを取り付けしました。
このパワードサブウーファーは価格の割に鳴ってくれます。
純正オーディオシステムなのでスピーカーラインから
取っています。

↑    ↑
カロッツェリア パワードサブウーファー TS-WX110A


↑    ↑
純正スピーカーの配線の色が資料と違っていて
配線の色を確認する作業で手間取っていました。
確かめるため、ギボシ端子を付けて調べます。

↑    ↑
サブウーファーの電源はヒューズボックス裏で10A以上の
常時電源から取りますが、バッテリーから直取りします。


↑    ↑
サブウーファーの本体は運転席の下です。


オーナーさんが試聴して
「サブウーファーを付けるだけで、こんなにも低音が出て
音に奥行きと豊かさを感じられます。」
「付けて良かった!」

と喜んで頂きました。








ビートソニック インターフェースユニットでiPhoneの映像を純正モニターに映す! ニッサン フーガ 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2014.04.28 Monday
純正ナビでiPhoneの音声をいい音で聴くために
ビートソニックのインターフェースアダプターを使って
純正モニターにiPhoneの映像と音声を出します。
最近はCD以外にデジタルオーディオでも聴いている方が
多くなって来ているのが現状です。

↑    ↑
ビートソニック IF16ST・UCH3A・HDMIケーブル
などを使います。

↑    ↑
外部入力に地デジチューナーは入っているので
AVセレクターを使います。

↑    ↑
電源周りはオーディオ裏から取りますので
コンソール周りを外します。

↑    ↑
フーガの場合コンソールの後ろに外部入力端子が標準装備されています。
後付け地デジチューナーが接続されていますのでAVセレクターで
分配します。

↑    ↑
HDMIインターフェースアダプターとUSB電源ユニットは
純正ナビの下に収めています。

↑    ↑
iPhoneの画面が純正ナビにそのまま映ります。
画像はiPhoneを縦にした状態ですが、横にすると
iPhoneの画面が横に映しだされます。

↑    ↑
HDMIケーブルをコンソールに引き込むために
目立たない所に穴を開けています。


オーナーさんが試聴して
「今までよりiPhoneの音が明らかに良く聴こえます。」
「通勤が楽しみになりました!」

と喜んでいられました。













音質改善! アルパイン DLX-Z30T ツィーター交換! ニッサン キックス 長野県 長野市 スピーカー カーナビ オーディオ デッドニング専門店 カーグッズ ゼロ

2014.04.19 Saturday
フロントに付いているキッカー QS65.2の
ツィーターの高域が少しきついと言うことで、アルパイン
DLX-Z30Tのツィーターに交換します。
オーナーさんもだんだん耳が肥えて来ています!
このツィーターはクラシックを聴かれる方にお勧めです。
そして、女性ボーカルの声をとても綺麗に再生してくれます。
ツィーターを付けた後は、サウンドプロセッサーのBit One
の調整、パソコンを使ってクロスオーバーを設定しています。

↑    ↑
アルパインのフラグシップモデルDLX-Z30T

↑    ↑
銅メッキが高級感があり、とても綺麗です。

↑    ↑
取り外すキッカー QS65.2のツィーターです。


↑    ↑
端子は18金メッキを使います。


↑    ↑
サウンドプロセッサー Bit Oneの調整です。
ツィーターの周波数の設定をパソコンを設定します。


オーナーさんが試聴して
「凄く聴きやすくなった!」
「音が綺麗です。特に女性の声が綺麗!」

と喜んでいられました。














音質改善! カロッツェリア TS-C1720Aとデッドニング施工! ニッサン フーガ 長野県 長野市 デッドニング スピーカー カーナビ オーディオ カーグッズ ゼロ

2014.04.14 Monday
いい音はデッドニングで決まる!

カロッツェリア TS-C1720Aをフロントドアに
取り付けをしますが、ツィーターを純正の位置に加工をして
収め、スピーカーの能力を最大限に活かすために
デッドニング施工をしました。

↑    ↑
カロッツェリア TS-C1720Aとインナーバッフル
そしてツィーター取り付けキット

↑    ↑
デッドニング部材はアクワイエ AT7505

↑    ↑
フーガにはツィーター取り付けキットの適合が取れていませんので
加工をして取り付けです。

↑    ↑
アウターパネルには制振材を貼り、スピーカーの背面に
吸音材を貼っています。

↑    ↑
ツィーターはキットを流用して加工しています。

↑    ↑
純正のスピーカーのマグネットの大きさは
500円玉くらいです。

↑    ↑
インナーパネルはサウンドCDを使って、共振する個所に
制振材を貼っています。

↑    ↑
内張りクリップダンパーを使っています。

↑    ↑
簡易アナライザーを使って測定。



お客様が試聴して
「音の解像度が凄い違います!」
「純正とははるかに違って、通勤が楽しみです」
「デッドニングの効果は凄いですね。」

と喜んで頂きました。










カロッツェリア デッキとスピーカーの取り付け!  ニッサン クリッパーバン 長野県 長野市 デッドニング施工  スピーカー カーナビ カーオーディオ取付け カーグッズ ゼロ

2014.04.04 Friday
営業車のクリッパーバンにデッキとスピーカーの取り付けをしますが
純正のデッキはスピーカー付きのため、ドアにスピーカーを
付けるのですが、車両にはスピーカー線がないのでスピーカーコードを
ドアから室内に引き込みます。

↑    ↑
カロッツェリア DEH-590とTS-F1020

↑    ↑
スピーカー内蔵純正デッキ

↑    ↑
スピーカーコードをドアに引き込むため、カプラーを外し配線を通します。

↑    ↑
仮止めで動作確認をします。








<< | 2/9PAGES | >>